凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
キーワード詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

資料群階層表示

国立公文書館
外務省外交史料館
防衛省防衛研究所
琉球大学附属図書館
滋賀大学経済経営研究所
北海道立図書館

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
昭和20年8月18日 帝国陸軍復員要領細則規定の件達
階層
  • 防衛省防衛研究所
  • 陸軍一般史料
  • 中央
  • 終戦処理
  • 「昭和20.8.18 帝国陸軍復員要領(軍令陸甲第116号) 陸軍大臣」
レファレンスコード
C15010406800
所蔵館における請求番号
中央-終戦処理-359(所蔵館:防衛省防衛研究所)
言語
日本語
作成者名称(日本語)
陸軍大臣稔彦王
記述単位の年代域
昭和20年(1945 - 1945)
資料作成年月日
昭和20年8月18日(1945/08/18)
画像数
15
組織歴/履歴(日本語)
陸軍省
内容
用済後焼却 陸機密第三九六号 帝国陸軍復員要領細則規定ノ件達 関係陸軍部隊 帝国陸軍復員要領細則左ノ通定ム 昭和二十年八月十八日 陸軍大臣稔彦王 帝国陸軍復員要領細則 第一条 本細則ハ帝国陸軍復員要領以下要領ト略称シ復員トアルハ復帰及陸軍平時編制部隊ノ閉鎖ヲ含ムニ基キ実施ニ関スル事項ヲ規定ス 本細則ニ規定セサル事項ニ関シテハ復員管理官適宜之ヲ規定スルモノトス 外地部隊ノ復員ニ関シテハ別ニ之ヲ示ス 第二条 復員部隊ニ属スル御真影、勅諭、勅語及軍旗ノ御処理ニ関シテハ昭和二十年陸機密第三六二号(陸機密電第六九号)及陸機密第三六五号(陸機密電第七二号)ノ趣旨ニ拠リ復員管理官ノ定ムル所ニ従ヒ適宜善処スルモノトス

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C15010406800