国立公文書館  アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

よくあるご質問(FAQ)

1. 資料検索について

2. 資料の利用について

3. 調査について

4. 公開資料について

5. 資料の寄贈について

6. データベースの不備

7. 特別展について

8. ニューズレターについて


質問と回答

1. 資料検索について

  • 親族の軍歴などを調べたい。
  • 当センターではインターネット上で公開できる資料を取り扱っております。一般の方の軍歴などの資料は扱っておりません。一般の方の軍歴などにつきましては、以下の記載をご参照ください。

    ★個人名から調べる
    旧軍人・軍属の方の軍歴(入隊から除隊までの履歴)に関する資料は、終戦時当時に本籍があった都道府県が管理しています。

    [陸軍軍人・軍属の場合]
    • 当人の本籍地の都道府県庁の社会福祉関係部署(軍歴証明関係担当課)にお問い合わせください。
      1. 厚生労働省のこちらのページで「各都道府県 軍歴証明関係担当課」一覧(pdf)がダウンロードできます。(外部リンク)
      2. また、Googleなどの検索サーチで「都道府県名 兵籍」または「都道府県名 軍歴」で検索すると、より詳細な情報が得られることもあります。
        [例]当人の本籍地が「新潟県」の場合は、検索サーチで「新潟県 兵籍」を検索すると、新潟県のホームページ「旧陸軍軍人に係る兵籍簿等の提供事業」が検索結果に表示されますので、そちらをご覧ください。

    [海軍軍人・軍属ならびに文官、未帰還者等の場合]

    ★所属部隊から調べる
  • 写真資料を見たい。探したい。
  • 詳細検索の種別で「写真」を選択して検索すると、写真が添付された資料を検索することができます。ただし、当センターのデータベースに登録している資料は、決裁文書などの公文書が中心ですので、写真資料はあまり多くありません。
  • 資料がうまく見つからない。
  • 閲覧ガイド検索ガイドをご覧ください。
  • 以前に見た資料をもう一度見たい。
  • レファレンスコードを控えておくと便利です。データベースの更新などで検索結果が変わることがありますので、検索結果をブックマークする方法は推奨していません。
  • 資料の別添が見たい。添付資料が見つからない。
  • 防衛省防衛研究所の提供資料などでは、別添資料のあることが資料内に記されていても、実際には別添資料が残されていないことがあります。

2. 資料の利用について

  • 論文やTV番組などで資料画像を利用したい。
  • 「資料画像の利用について」のページをご覧ください。防衛省防衛研究所などの提供資料につきましては、二次利用の申請が必要です。なお、『写真週報』などの写真資料につきましては、資料提供館(国立公文書館、外務省外交史料館、防衛省防衛研究所など)の利用許可とは別に、写真の著作権者の許可を得ることが必要な場合があります。
  • 高画質の資料画像がほしい。フルカラーの資料画像がほしい。
  • 当センターでは、データベースに登録しているものより高画質の資料画像やフルカラーの資料画像を持っておりません。資料提供館(国立公文書館、外務省外交史料館、防衛省防衛研究所など)で資料原本を撮影するなどしてください。

3. 調査について

  • 歴史事実について教えてほしい。調べてほしい。
  • 当センターでは資料をできるだけそのままの形で公開することを重視しています。資料の解釈や調査などは行っていません。資料の検索方法などにつきましては、「資料検索について」の項目をご覧ください。

4. 公開資料について

  • 資料提供館の所蔵資料はすべてアジア歴史資料センターのデータベースに登録されているのですか?
  • アジア歴史資料センターは、近現代における日本とアジア近隣諸国等との関係に関わる歴史的文書などをデータベース上で公開しています。資料の主な提供機関は、国立公文書館、外務省外交史料館及び防衛省防衛研究所です。これらの機関が所蔵する資料やすでにインターネットで公開している資料を、すべてアジア歴史資料センターがデータベース上で公開しているわけではありません。
  • 新規にアジア歴史資料センターのデータベースに登録される資料について、どのように知ることができますか?
  • ホームページ上の「新規公開資料のお知らせ」や「アジ歴ニューズレター」でご案内しています。
  • 資料提供館で一般公開された資料はいつアジア歴史資料センターのデータベースに登録されるのですか?
  • 当センターが公開している資料は、すべて資料提供館(国立公文書館、外務省外交史料館、防衛省防衛研究所など)が原本をすでに独自に公開しているものです。資料提供館が所蔵する資料の中からデジタル化が済んだものを、当センターが順次公開しています。なお、資料提供館が資料を一般公開した時期につきましては、資料提供館でご確認ください。
  • 資料原本を見たい。
  • 資料提供館(国立公文書館、外務省外交史料館、防衛省防衛研究所など)で直接閲覧することができます。閲覧の際には「所蔵館における請求番号」を控えておくとスムーズです。なお、資料の状態などにより、資料原本の閲覧が制限されている場合があります。
  • 資料の内容を英訳してほしい。
  • 当センターでは翻訳業務は行っておりません。
  • 資料画像や目録などをプリントアウト(印刷)してほしい。
  • 当センターでは、資料画像などの印刷業務は行っておりません。利用者のみなさまにお願いしております。

5. 資料の寄贈について

  • 資料を寄贈したい。
  • 当センターは資料を所蔵しておりません。また、資料の寄贈や鑑定依頼などは受け付けておりません。なお、寄せ書きのある日章旗や千人針など戦没者の遺品をお持ちの方は、厚生労働省社会・援護局事業課までご連絡ください。

6. データベースの不備

  • 資料画像を見ることができない。目録に誤記がある。
  • 不具合情報フォーム」からご連絡ください。

7. 特別展について

  • 特別展を見に行きたい。
  • アジア歴史資料センターはインターネット上のデジタルアーカイブです。展示室や閲覧室はございません。
  • インターネット特別展に掲載されている画像を使いたい。
  • アジア歴史資料センターは、国立国会図書館などの資料所蔵館等の許可を得て画像をホームページに掲載しています。資料所蔵館等の許可を個別に取った上でご利用ください。
  • インターネット特別展に掲載されている文書を引用したい。
  • アジア歴史資料センターのホームページからの引用であることを明記して引用するようにしてください。

8. ニューズレターについて

  • ニューズレターを配信してほしい。
  • 配信フォーム」でメールアドレスをご登録ください。


PAGE TOP