国立公文書館  アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

資料画像の利用について

1. 国立公文書館・外務省外交史料館・防衛省防衛研究所からの提供資料について

  • 個人利用
    • 個人利用を目的とした資料画像のダウンロード、プリントアウトは自由にしていただけます。
      (→ダウンロードやプリントアウトの方法については、「閲覧ガイド」をご覧ください。)
  • 論文等への引用
    • アジア歴史資料センターが提供する資料を論文等に引用する際に、センターでは次の引用例を推奨します。
    • また、引用された論文等の一部または全部を参考までにメールまたはファックスでお送り頂ければ大変ありがたく、今後のセンター活動の推進に役立てたいと思います。なお、引用例につきましても今後の改善のためにご意見ご要望等をお寄せ頂ければ幸いです。
    • ご参考までに、引用例に関するセンターの基本的な考え方は次のとおりです。
      • 引用はできるだけ簡潔になるよう心がけました。このため、センターの資料を同一論文等で2回目以降に引用する際には「アジア歴史資料センター」と「Ref.」を省略してもよいこととし、センターの略称であるJACARに続けてA(国立公文書館)、B(外務省外交史料館)、C(防衛省防衛研究所)から始まる11桁のレファレンスコードを表記することとしました(例 JACAR:A01000012800)。
      • 原資料の所蔵先に関する記述については、簿冊名までを記述し、所蔵機関名をかっこ内に表記することとしました。なお、外交史料館の所蔵する「外務省記録」については簿冊の所在をわかりやすくするため、目録のページに記載している門、類、項をかっこ内に記入することとしました(例 A.3.4)。
      • 引用箇所が大量の画像からなる資料の一部に入っている場合には、目的とする箇所に容易にたどりつけるようにレファレンスコードの後に(第○○画像目)と記述することを推奨します(例 Ref.B02030938800(第58画像目))。

        (例1)国立公文書館の資料「天津ニ領事館ヲ置ク」を引用する場合
        JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A01000012800、太政類典・第二編・明治四年~明治十年 第八十五巻(国立公文書館)
        (例2)外務省外交史料館の資料「片山潜ノ寄稿ナリト称スル『先鋒』記事ニ関スル件」を引用する場合
        JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B02030938800(第58画像目から)、共産党宣伝関係雑件/対日宣伝関係 第三巻(A.3.4)(外務省外交史料館)
        (例3)防衛省防衛研究所の資料「国旗の制式及掲揚方法に関する件」を引用する場合
        JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C01004996400、自昭和5年1月~至昭和6年12月「來翰綴(陸普) 第1部」(防衛省防衛研究所)
  • 二次利用や原本に関するお問い合わせ
    • 国立公文書館と外務省外交史料館からの提供資料については、資料画像の二次利用には原則として制限はありませんが、テレビ番組に利用されたい方は、資料を紹介する画面にアジア歴史資料センターと所蔵館名を併記してください。

      (例1)アジア歴史資料センター 公開 / 国立公文書館 所蔵
      (例2)アジア歴史資料センター 公開 / 外務省外交史料館 所蔵

      もしくは、番組エンドクレジットにアジア歴史資料センターと所蔵館名を記載してください。
      また、原本の利用等に関するお問い合わせの際には所蔵機関のホームページをご確認下さい。
    • 防衛省防衛研究所からの提供資料については、資料画像を出版物等に掲載する方及びテレビ番組等に利用されたい方は所蔵機関にお問い合わせ下さい。
    • 所蔵機関へのお問い合わせの際には、詳細情報画面で簿冊名及び「所蔵館における請求記号」の欄に表示される資料の所蔵機関名と請求記号をご確認下さい。

2. 上記以外の機関からの提供資料について


PAGE TOP