アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

階層から検索する

件名標題(日本語)
件名情勢の推移に伴ふ帝国国策要綱 昭和16年7月2日
階層
レファレンスコード
C12120183800
所蔵館における請求番号
中央-戦争指導重要国策文書-1065(防衛省防衛研究所)
言語
日本語
作成者名称
内閣総理大臣公爵近衛文麿//枢密院議長原嘉道//内務大臣男爵平沼騏一郎
資料作成年月日
昭和16年7月2日
規模
3
組織歴/履歴(日本語)
陸軍省
内容
情勢ノ推移ニ的伴フ帝国国策要綱 昭和十六年七月二日 御前会議決定 第一方針 一、帝国ハ世界情勢変転ノ如何ニ拘ラス大東亜共栄圏ヲ建設シ以テ世界平和ノ確立ニ寄与セントスル方針ヲ堅持ス 二、帝国ハ依然支那事変処理ニ邁進シ且自存自衛ノ基礎ヲ確立スル為南方進出ノ歩ヲ進メ又情勢ノ推移ニ応シ北方問題ヲ解決ス 三、帝国ハ右目的達成ノ為如何ナル障害ヲモ之ヲ排除ス 第二 要領 一、蒋政権屈服促進ノ為更ニ南方諸域ヨリノ圧力ヲ強化ス情勢ノ推移ニ応シ適時重慶政権ニ対スル交戦権ヲ行使シ且支那ニ於ケル敵性租界ヲ接収ス 二、帝国ハ其ノ自存自衛上南方要域ニ対スル必要ナル外交渉ヲ続行シ其ノ他各般ノ施策ヲ促進ス 之カ為対英米戦準備ヲ整ヘ先ツ「対仏印泰施策要綱」及「南方施策促進ニ関スル件」ニ拠リ仏印及泰ニ対スル諸方策ヲ完遂シ以テ南方進出ノ態勢ヲ強化ス
論文などへの引用例

「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C12120183800、情勢の推移に伴ふ帝国国策要綱 昭和16年7月2日(防衛省防衛研究所)」


PAGE TOP