アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

階層から検索する

件名標題(日本語)
件名陣中日誌 自昭和12年12月3日至昭和12年12月31日 独立攻城重砲兵第2大隊第2中隊(2)
階層
レファレンスコード
C11111877700
所蔵館における請求番号
支那-支那事変上海・南京-227(防衛省防衛研究所)
言語
日本語
作成者名称
独立攻城重砲兵第二大隊第二中隊//第二中隊長 陸軍砲兵中尉 松田三雄
資料作成年月日
昭和12年12月13日~昭和12年12月30日
規模
61
組織歴/履歴(日本語)
陸軍省
内容
十二月十三日(日)晴 天谷支隊渡河陣地撤去鎮江ニ依宿 一、午前五時射撃準備完了シテ待機ス 天谷支隊渡河 二、天谷支隊ハ五時頃ヨリ我駆逐艦及砲艦掩護ノモトニ渡河ヲ開始ス敵ノ抵抗全クナク整然ト上陸ヲナシ午前八時過尚舟艇ノ盛ニ往復スルヲ見ル 陣地撤去 三、午前八時「古小隊ハ陣地ヲ撤収シ左小隊ハ其儘ノ態勢ヲ以テ待機スヘキ」要旨命令ニ接シ直ニ第二分隊ニ撤収ヲ命ス 次テ午前十時「左小隊モ撤収スヘセ」命令アリ撤去セシム 陣地撤去ニ関スル命令 四 午後一時(ロ)独攻ニ作命第四十二号ヲ受領シ左ノ中隊命令ヲ下達ス 中隊命令 十二月十三日午後二時 於鎮江医政学院 一、天谷支隊ハ揚子江ヲ渡河セリ 大隊ハ只今ヨリ鎮江-句容-南京道ヲ南京ニ向ヒ
論文などへの引用例

「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C11111877700、陣中日誌 自昭和12年12月3日至昭和12年12月31日 独立攻城重砲兵第2大隊第2中隊(2)(防衛省防衛研究所)」


PAGE TOP