凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
大海情陸号(15)
階層
  • 防衛省防衛研究所
  • 海軍省公文備考
  • ⑪戦役等
  • 日露
  • 大海情 陸号 明治37年4月起
レファレンスコード
C09050707500
所蔵館における請求番号
海軍省-日露-M37-424(所蔵館:防衛省防衛研究所)
言語
日本語
作成者名称(日本語)
大本営海軍幕僚
資料作成年月日
明治38年9月23日~明治38年12月5日(1905/09/23 - 1905/12/05)
画像数
66
組織歴/履歴(日本語)
海軍省
内容
極秘 大海情陸第四十八号 露軍ノ近況 (九月二十日大本営 陸軍幕僚調査) 一、一般情況 (一) 満洲方面 九月十三日露西軍ノ休戦条件協定委員ハ沙河子ニ於テ会見シ休戦条件ヲ定メタリ之ニ由リ九月十六日正午ヨリ満洲全部ニ於テ戦闘ヲ中止シ日露両軍第一線ノ中間ヲ離隔地帯ト為シ両軍ニ関係スルモノハ一切此地帯ニ入ルコトヲ禁シ@廟子沙河子間ノ道路ヲ以テ両軍ノ共通道路ト為セリ 右ノ条件協定後第三軍方面敵将校以下八宝比ニ来リ又離隔地帯内ニ敵ノ将校以下現ハレ我ニ会見ヲ求シモ悉ク拒絶セラレタリ第二軍司令官カウリバールス大将ハオデツサ軍管司令官ニ転任セリ 寛城子、懐徳間及楡樹台、八面城間軍路修築竣レリ又公主嶺楡樹台間楡

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C09050707500