凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
9月14日着電 満洲軍司令官満洲方面日露両軍に休戦の命令
階層
  • 防衛省防衛研究所
  • 陸軍省大日記
  • 日露戦役
  • 日露戦役
  • 大本営 日露戦役
  • 「明治37、38年 戦報 俘虜情報局」
レファレンスコード
C06040977100
所蔵館における請求番号
大本営-日露戦役-M37-22-156(所蔵館:防衛省防衛研究所)
言語
日本語
画像数
2
組織歴/履歴(日本語)
陸軍省//大本営//満洲軍
内容
公報 九月十四日午後大本営着電 満洲軍総司令官ハ満洲方面ニ於ケル日露軍ノ休戦ニ関シ本日大要左ノ命令ヲ下セリ 命令 一、日露両軍ノ休戦条件協定委員ハ昨十三日午前十時ヨリ沙河子(昌図停車場北方約二里)ニ於テ会見シ同日午後七時二十分調印ヲ了セリ此協定セラレタル休戦条件議定書ハ左ノ五ヶ条ヨリ成ル 第一条満洲全部ニ於テ戦闘ヲ中止ス 第二条本議定書ト共ニ交換スル図面ニ示ス日露両軍第一線ノ中間ヲ以テ離隔地帯トス 第三条両軍ニ一切ノ関係ヲ有スルモンコハ如何ナル口実ヲ以テスルニ拘ラス離隔地帯ニ入ルヲ許サス 第四条双@子ヨリ沙河子ニ至ル道路ヲ以テ両軍ノ供用道路トス 第五条本議定書ハ明治三十八年(千九百五年)九月十六日露暦九月三日正午

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C06040977100