凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
迫撃砲使用法送付の件
階層
  • 防衛省防衛研究所
  • 陸軍省大日記
  • 陸満機密・密・普大日記
  • 陸満普大日記
  • 陸満普大日記
  • 明治38年
  • 明治38年 「満大日記 1月下」
レファレンスコード
C03026124900
所蔵館における請求番号
陸軍省-陸満普大日記-M38-2-24(所蔵館:防衛省防衛研究所)
言語
日本語
作成者名称(日本語)
軍務局砲兵課
記述単位の年代域
明治38年1月(1905/01/01 - 1905/01/31)
資料作成年月日
明治38年1月(1905/01/01 - 1905/01/31)
画像数
6
組織歴/履歴(日本語)
陸軍省
内容
満坤第五五三号 迫撃砲使用法送付ノ件 砲満甲第四四号 通牒案 次官ヨリ第一軍乃至第四軍参謀長、満洲軍総参謀長、門司野戦兵器本廠長、東京大阪両砲兵工廠提理、大本営参謀次長ヘ兵器本廠長ヘ 迫撃砲使用法 右ハ今般迫撃砲並爆弾ヲ戦地ヘ送付セシメラレ候ニ付及御送付候也 満発第三八三号 配賦数 第一軍乃至第四軍各三 満洲軍総参謀長、参謀次長各一 門司野戦兵器本廠(支部共)兵器本廠各三 工廠 東京二 大阪二 迫撃砲 四十四密米 軟鋼管ト青銅ノ底部ヨリ成リ重量約二吉 銃製爆弾 五秒ノ曵火信管 七瓦ノ定装薬ヲ有シ其射程四十五度ニテ約百米トス 其以上ノ射程ニハ別ニ追加装薬ヲ作リ装填ノ際弾薬ヲ装入スルニ先タチ之ヲ装填ス可シ 弾丸ト定量装薬ハ一包トナシアリ其量約七百瓦ナリ 携

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C03026124900