凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
1.金子堅太郎
階層
  • 外務省外交史料館
  • 戦前期外務省記録
  • 5門 軍事
  • 2類 戦争
  • 18項 雑
  • 日露戦役関係各国輿論啓発ノ為末松、金子両男爵欧米へ派遣一件 第一巻
レファレンスコード
B08090028800
所蔵館における請求番号
5-2-18-0-33_001(所蔵館:外務省外交史料館)
言語
日本語
作成者名称(日本語)
小村外務大臣//在米高平全権公使//会計
記述単位の年代域
明治37年~明治38年(1904 - 1905)
資料作成年月日
明治37年2月23日~明治38年7月3日(1904/02/23 - 1905/07/03)
画像数
62
組織歴/履歴(日本語)
外務省
内容
明治三七年二月三日起草同年二月二三日発遣 明治三十七年二月二十三日発付済 小村外務大臣 在米 機密送第四号 高平公使 金子男爵渡米ノ件 (本文ハ在英林公使宛ノモノト同シ但シ赦電頭所載ノ書変更ヲ要ス) (別紙写(米)添付ノ事) 一、帝国政府ハ霞玉政府ト妥協ノ為メ一切ノ手段ヲ尽クシ事遂ニ茲ニ至リタルハ露国ノ行動ノ為メ実ニ余儀ナクセラレタルモノナルコトヲ米国人ノ脳中ニ徹底セシムルコト 二、恐黄熱ハ欧米人ノ思想中ニ今尚伏在セリ殊ニ露国ハ百方該熱ノ鼓吹シツヽアルカ故之レガ再発ヲ予防スルコト 三、帝国政府ガ清国政府ニ勧告シテ厳正中立ノ態度ヲ取ラシメタルモ其主要ナル理由ノ一ハ恐黄熱ノ再発ヲ予防スルニ在リ帝国政府ハ戦争

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/B08090028800