アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

件名標題(日本語)
件名8 十一月二十六日米案ニ対スル意見 対米通牒案(十二月五日) 1
階層
レファレンスコード
B02030734500
所蔵館における請求番号
A-1-3-1-1_3_010(外務省外交史料館)
言語
日本語
規模
44
内容
(82)十一月二十六日米案ニ対スル意見 対米通牒案(十二月五日) (一)合衆国政府ハ世界平和ノ為ナリト称シテ国ノ案栄乃至現状維持ノ為独リ自己ニ好都合ナル諸原則ヲ主張シ之カ採択ヲ帝国政府ニ迫レル処世界平和安定ハ各国ノ現実事態ヲ認織シ且相互ノ立場二理解ヲ示シツツ相互ニ受諾シ得ヘキ方途ヲ発見シ誠実ニ之ヲ適用スルコトニ依リテノミ見現シ得ルモノニシテ現実ヲ無視シ一国ノ身勝手ナル意思ヲ相手国ニ強要スルカ如キ熊度ハ平和ヲ攪乱シ福社ノ増進ヲ阻害スルモノナリ 今般合衆国政府カ日米協定ノ基礎トシテ提議セル第一部「政策ノ相互宜言案」ニ列挙セヲレタル政治的根本原則ニ付テハ第一乃至第三原則ニ対スル帝国政府ノ見解ハ既ニ合衆国政府 【キーワード】蒋政権/フランクリン=ローズベルト/支那事変/蘭領印度/近衛文麿/資産凍結令/仏領印度支那
論文などへの引用例

「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B02030734500、8 十一月二十六日米案ニ対スル意見 対米通牒案(十二月五日) 1(A-1-3-1-1_3_010)(外務省外交史料館)」


PAGE TOP