凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
百貨店組合令ヲ定ム
階層
  • 国立公文書館
  • 太政官・内閣関係
  • 公文類聚
  • 昭和元年~20年
  • 第61編・昭和12年
  • 公文類聚・第六十一編・昭和十二年・第七十六巻・産業三・商事二・保険
レファレンスコード
A14100609200
所蔵館における請求番号
類02079100(所蔵館:国立公文書館)
言語
日本語
作成者名称(日本語)
内閣總理大臣//商工大臣吉野信次
記述単位の年代域
昭和12年(1937 - 1937)
資料作成年月日
昭和12年9月16日~昭和12年9月21日(1937/09/16 - 1937/09/21)
画像数
23
組織歴/履歴(日本語)
内閣//法制局//商工省
内容
商甲八六 昭和十二年九月二十一日裁可 昭和十二年九月二十二日公布 昭和十二年九月二十一日 別紙商工大臣請議百貨店組合令制定ノ件 ヲ審査スルニ右ハ相当ノ儀ト思考ス依テ請議ノ通閣議決定セラレ可然ト認ム 勅令案 朕百貨店組合令ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム 御名御璽 昭和十二年九月二十四日 内閣総理大臣 商工大臣 呈案附箋ノ通 法制局商第九二号 百貨店法施行ノ為百貨店組合令制定ノ必要有之別紙勅令案及理由書ヲ具シ此段閣主何期ヲ請フ 昭和十二年九月十六日 商工大臣 吉野信次 内閣総理大臣 公爵 近衛文麿殿 勅令第五百三十四号 百貨店組合令 第一条 本令ニ於テ組合ト称スルハ百貨店法第七条又ハ第八条ノ規定ニ依リ設立スル

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/A14100609200