アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

階層から検索する

件名標題(日本語)
件名A級極東国際軍事裁判記録(和文)(NO.164)
階層
レファレンスコード
A08071307800
所蔵館における請求番号
平11法務02209100(国立公文書館)
言語
日本語
資料作成年月日
昭和20年9月2日
規模
240
組織歴/履歴(日本語)
法務省
内容
極東国際軍事裁判所 判決 C部 第九章 起訴状の訴因についての認定 英文 一一三七-一一四四頁 一九四八年十一月一日 JUDGMENT, I.M.T.F.E. PART C, C. LAPTER IX Japanese Translation by Language Division, IMTFE C部 第九章 起訴状の訴因についての認定 起訴状の訴因第一では、全被告が、他の人々とともに、共通の計画または共同謀議の立案または実行に参画したことが訴追されている。その共通の計書の目的は、日本が東アジア、太平洋及びインド洋と、その地域内にあるか、これた接壌するすべての諸国及び諸島興とにおける軍事的、
論文などへの引用例

「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A08071307800、A級極東国際軍事裁判記録(和文)(NO.164)(国立公文書館)」


PAGE TOP