凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
三十一 日英協約ニ関スル勅語写及協約文
階層
  • 国立公文書館
  • 内閣
  • 枢密院会議文書
  • I その他
  • 枢密院文書・議事・明治二十一年~昭和四十五年
レファレンスコード
A06050085500
所蔵館における請求番号
枢00009100(所蔵館:国立公文書館)
言語
日本語
作成者名称(日本語)
大不列顛国駐剳 特命全権大使 林董//大不列顛国外務大臣 ランスダウン
資料作成年月日
1902年1月30日(1902/01/30)
画像数
9
組織歴/履歴(日本語)
枢密院//外務省//大不列顛国
内容
勅語写 朕東洋ノ平和ヲ維持シ国運ノ隆昌ヲ期スルハ清韓両国ヲシテ克ク其ノ領土ヲ保全シ其ノ民人ヲ靖セシムルニ在ルヲ思ヒ嚢ニ内閣ニ命シテ英国政府ニ協商セシムル所アリシニ英国政府亦恰モ其ノ見ヲ齋クシ今回相互ノ間ニ於テ締約正ニ成レリ其詳細ニ至リテハ総理大臣及外務大臣ヲシテ之ヲ説明セシム 日本国政府及大不列顛国政府ハ偏ニ極東ニ於テ現状及全局ノ平和ヲ維持スルコトヲ希望シ且ツ清帝国及韓帝国ノ独立ト領土保全トヲ維持スルコト及該二国ニ於テ各国ノ商工業ヲシテ均等ノ機会ヲ得セシムルコトニ関シ特ニ利益関係ヲ有スルヲ以テ茲ニ左ノ如ク約定セリ 両締約国ハ相互、清国及韓国ノ独立ヲ承認シタルヲ以テ該二国孰レニ於テモ全然侵略的趣向ニ制セラルルコトナキヲ声明ス 龍動

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/A06050085500