凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
写真週報 214号
階層
  • 国立公文書館
  • 内閣文庫
  • 内閣情報局関係出版物
  • 写真週報
レファレンスコード
A06031080900
所蔵館における請求番号
ヨ310-0116(所蔵館:国立公文書館)
言語
日本語
作成者名称(日本語)
情報局
資料作成年月日
昭和17年4月1日(1942/04/01)
画像数
13
組織歴/履歴(日本語)
内閣//情報局
内容
開戦三ヶ月不敗の態勢成る/ラングーン陥落す 三月八日/蘭印軍無条件降伏す 三月九日/春寒き 山西の粛清戦/幾百の機雷と取組む ムシ河遡行に掃海艇隊の蔭の苦闘/南方から続々寶船/北洋の護りまた厳たり/みんなで育てた鯉はこんなに 東京市鎌田国民学校/銃後のカメラ 四月からいろいろな意味で本当の戦争生活が始まる 四月は人の心を清新にする月だ、丁度新らしく入学する少年少女 産業戦線に立つ新卒業生 彼等のやうに、元気一杯大東亜戦を戦ひ抜く生活に突進しよう 邁進しよう 開戦三ケ月不敗の態勢成る 三月七日わがビルマ方面軍はラングーン西北の要衝ペグーを占領、住民の大歓迎をうけた。ラングーンの黄金塔(シュエ・ダゴン・パゴダ)と共に仏教国ビルマで有名なペグーの大@仏を仰ぐ皇軍勇士 ラングーンへ、ラングーンへ、炎熱の下を、黄塵の中を、人馬一体たゞ一途に進撃をつゞける ラングーン埠頭には援蒋物資が山となつて@骸を
種別
写真

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/A06031080900