アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

階層から検索する

件名標題(日本語)
件名第3編 開戦の際に於る行動/第2章 兵力衝突前に於る船舶拿捕
階層
レファレンスコード
C05110189500
所蔵館における請求番号
⑨その他-千代田-566(防衛省防衛研究所)
言語
日本語
作成者名称
長崎水雷敷設隊司令海軍中佐 築山?智//葛城艦長 坂元宗七//海軍大尉 横尾茶
資料作成年月日
明治37年2月6日
規模
15
組織歴/履歴(日本語)
海軍//長崎水雷敷設隊司令//葛城艦
内容
第二章 兵力衝突前ニ於ル船舶拿捕 第一節 長崎ニ於ル抑留 第一目 第一回ノ露国船舶抑留 明治三十七年二月六日午前九時十分、佐世保殖田軍令部参謀ヨリ中野軍令部参謀ニ宛テ、佐世保鎮守府ハ葛城ニ露国商船捕獲ヲ命シタル旨電報セリ、是ニ於テ齋藤海軍次官ハ、直ニ佐世保鎮守府司令長官ニ対シ露国商船捕獲ヲ葛城ニ命シタリトノ報アリ、如何ナル名義ト方法トニ依リ捕獲ヲ命シタルヤ又施行ニ際シ如何ナル手段ヲ執リシヤ、至急返電アリタキ旨電報ヲ発シタルモ、更ニ此ノ際ニ於ル我カ国ノ態度ヲ露国ニ漏ラサヽル為メ急ニ善後ノ処分ヲ執ルノ必要ヲ見タルヲ以テ其ノ返電ヲ待ツノ遑ナク、同日直ニ山本海軍大臣ヨリ同司令長官ニ対シ、左ノ訓令ヲ発シタリ、
論文などへの引用例

「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C05110189500、第3編 開戦の際に於る行動/第2章 兵力衝突前に於る船舶拿捕(防衛省防衛研究所)」


PAGE TOP