アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

階層から検索する

件名標題(日本語)
件名第3編 通信/第3章 無線電信
階層
レファレンスコード
C05110109800
所蔵館における請求番号
⑨その他-千代田-496(防衛省防衛研究所)
言語
日本語
規模
117
組織歴/履歴(日本語)
海軍
内容
第三章 無線電信 第一節 開戦前ニ於ル無線電信 第一目 無線電信ノ研究 明治三十年夏「マルコニー」式無線電信法ノ始テ本邦人ニ知ラルルヤ、逓信省電気試験所長工学博士浅野應輔ハ、逓信大臣子爵芳川顯正ノ旨ヲ受ケ、同省通信技師松代松之助ヲシテ之カ研究ニ従事セシメ、同年冬東京月島ニ於テ之カ実験ヲ試ミ、豫期ノ成績ヲ得テ、翌年十二月其ノ実験ノ結果ヲ公示セリ、之ヲ本邦ニ於ル電波式無線電信応用ノ嚆矢トス、然ルニ逓信省ハ、当時ノ無線電信ヲ以テ、使用ノ区域狭小ニシテ効果少キモノト認メ、終ニ其ノ研究ヲ中止セントセシカ、我カ海軍ハ、該電信ノ軍事上将来極テ必要ナルヲ察シ、三十三年二月九日、山本海軍大臣ハ、海軍中佐外波内蔵吉ニ無線電信調査委員長ヲ命シ、
論文などへの引用例

「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C05110109800、第3編 通信/第3章 無線電信(防衛省防衛研究所)」


PAGE TOP