凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
加陽宮ヲ安芸ニ幽ス
階層
  • 国立公文書館
  • 太政官・内閣関係
  • 太政類典
  • 太政類典・第1編・慶応3年~明治4年
  • 太政類典・第一編・慶応三年~明治四年・第七巻・制度・種族二
レファレンスコード
A15070049200
所蔵館における請求番号
太00007100(所蔵館:国立公文書館)
言語
日本語
記述単位の年代域
慶応4年(1868 - 1868)
資料作成年月日
慶応4年8月16日(1868/08/16)
画像数
6
組織歴/履歴(日本語)
太政官
内容
元年八月十六日賀陽宮ヘ達兼テ御不審ノ筋有之被止参朝謹慎被仰付置候処頃日不軌ヲ謀候趣全一巳ノ存慮ニテ徳川慶喜等ヘ密使差遣可内応陰謀及露顕勅使ヲ以テ御糺問相成無相違旨言上然ニ慶喜ニオイテハ悔悟泰順愈以謹慎罷在候処皇族トシテ不容易所為甚以不届至極ニ付巌重ノ御沙汰ニ可被及筈ニ候得共格別ノ叡旨ヲ以テ寛大ノ典ニ被行親王弾正尹喜旨ニ品位記并御養子被召上安藝少将ヘ御預被仰付候事皇族ノ誌ニ同日右ノ通賀陽宮ヘ御沙汰ニ相成候ニ付テハ向後朝彦ト称スヘキ事トアリ安藝少将ヘ達今般賀陽宮不審ノ筋有之其藩ヘ御預被仰付候就テハ萬端意ヲ用ヒ精々手篤取扱可致様御沙汰候事但格別ノ思召ヲ以テ御預被仰付候儀ニ付当分御手当トシテ金二千両下シ賜リ候事元年八月十六日官

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/A15070049200