凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
正七位中山信安特旨ヲ以テ位二級被進ノ件
階層
  • 国立公文書館
  • 内閣
  • 叙位裁可書
  • 明治
  • 明治33年
  • 叙位裁可書・明治三十三年・叙位巻五
レファレンスコード
A10110640800
所蔵館における請求番号
叙00091100(所蔵館:国立公文書館)
言語
日本語
作成者名称(日本語)
内閣総理大臣 侯爵 山県有朋//正四位 勲三等 都筑馨六//従三位 勲二等 長与専斎
記述単位の年代域
明治33年(1900 - 1900)
資料作成年月日
明治33年5月18日~明治33年5月22日(1900/05/18 - 1900/05/22)
画像数
12
組織歴/履歴(日本語)
内閣
内容
正七位中山信安 特旨ヲ以テ位二級被進 正七位中山信安 敘正六位 右謹テ奏ス 明治三十三年五月二十二日 内閣総理大臣侯爵山県有朋 明治三十三年五月二十二日 正七位中山信安ハ旧幕府佐渡奉行組頭トシテ該島在勤中大政維新ニ際会シ不逞ノ徒該島ニ出没シ民心洶々ノ折柄徳川慶喜恭順ノ意ニ循ヒ民心ヲ鎮メ朝命ノ降ルヲ待ツテ処置其冝キヲ得労績尠トシセス尋テ戊辰七月ニ至リ太政官ヨリ佐渡国取締ヲ命セラレ後五年ニ至リ新治県参事ニ任シ従六位ニ敘シ翌年新治県権令ニ転シ正六位ニ陞敘シ八年ニ至リ又茨城県権令ニ転シ十年本官ヲ免シ位記ヲ返上シ十三年ニ至リ長野県少書記官正七位ニ任叙シ十四年本官ヲ罷メタルモノニシテ目下大患ニ罹リ死且タヲ図ラレサル

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/A10110640800