アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

階層から検索する

検索条件 : 陸軍司政官|海軍司政官

絞り込み検索

アジ歴グロッサリー内検索【 グロッサリー内検索について 】
アジ歴グロッサリーでサイト内検索を行います。
アジ歴グロッサリーとは
アジ歴で資料を検索する際のテーマ別歴史資料検索ナビです。テーマ別にキーワード一覧、地図、組織変遷表、年表等から、お探しの資料や関連資料にスムーズにアクセスすることができます。
< 現在公開中のテーマ >
・公文書に見る終戦 -復員・引揚の記録-
・公文書に見る戦時と戦後 -統治機構の変転-
・公文書に見る外地と内地 -旧植民地・占領地をめぐる人的還流-
・公文書にみる明治日本のアジア関与 -対外インフラと外政ネットワーク-

項目とキーワードを指定

作成年月日

元号西暦対照表

検索する資料

所蔵機関

種別

言語

文書の機密レベル

資料群を指定

該当件数:415件( 1-20 件目を表示 )

サムネイル表示

CSVダウンロード

表示件数

表示順

閲覧ボタンにマークがある場合は、外部サイトにリンクします。

No.
レファレンスコード
概要

No.

[レファレンスコード]A03010031500

閲覧

件名目次

[規模]12

  • [所蔵館における請求番号]類02616100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]公文類聚第六十六編巻五十八 官職門五十四 任免 勅令一三五 大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初叙@叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中ヲ改正ス後@陸軍省ノ條勅令一二四特別任用令中改正ノ件ニ合ス 勅令一三九 一四〇 大正二年勅令第二百六十二号仕用分限又ハ官等ノ初叙@叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中○昭和十六年勅令第四百十八号@任ノ商工省公務官ノ特別任用ニ関スル件中ヲ改正ス 勅令三一一 文官任用令中ヲ改正ス官制陸軍省ノ條勅令三〇〇陸軍省官制中改正ノ件合括勅令三二一陸軍@務
  • 作成年月日昭和17年
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A03010031700

閲覧

[規模]23

  • [所蔵館における請求番号]類02616100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]特例任用令 大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初叙陞叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中改正ノ件 右枢密院ノ御諮詢ヲ経テ御下付ニ付同院上奏ノ通裁可ヲ奏請セラレ可然ト認ム 上諭案 朕枢密顧問ノ諮詢ヲ経テ特別任用令ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム 御名御璽 昭和十七年三月六日 内閣総理大臣 陸軍大臣 海軍大臣 (枢密院上奏ノ通)朕枢密顧問ノ諮詢ヲ経テ大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初叙陞叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中改正ノ件ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布
  • 作成年月日昭和17年03月04日
  • 作成者内閣書記官長
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A03022670700

閲覧

[規模]3

  • [所蔵館における請求番号]御25681100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]勅令第千二百四号 朕特設海軍部隊臨時職員設置制ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム 裕仁 内閣総理大臣 東条英機 海軍大臣 嶋田繁太郎 特設海軍部隊臨時職員設置制 大東亜戰争ニ際シ特設ノ海軍部隊ニハ必要ニ応ジ通ジテ左ノ職員ヲ置クコトヲ得 海軍司政長官 専任一人 勅任 専任九人 奏任 海軍技師 専任百二十六人 海軍書記 海軍通訳 海軍技手 専任四百十一人 判任 海軍司政長官官等ハ高等官一等又ハ二等トシ其ノ俸給ハ年俸一級五千三百五十圓、二級四千九百二十圓、三級四千六百五十圓トス ノ官等及俸給ハ高等官官等俸給令第十四条ニ掲グル諸官ト同一トス 附則 本令ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス
  • 作成年月日昭和16年12月26日
  • 作成者内閣
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A03022703300

閲覧

[規模]3

  • [所蔵館における請求番号]御26002100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]勅令第百三十三号 朕陸軍特設部隊等臨時職員設置制ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム 裕仁 内閣総理大臣兼陸軍大臣 東条英機 陸軍特設部隊等臨時職員設置制 大東亞戰争ニ際シ陸軍特設部隊等ニ通ジテ左ノ職員ヲ置クコトヲ得 陸軍司政長官 専任五十五人 勅任 専任三百五十人 奏任 陸軍技師 専任百二人 奏任内五人ヲ勅任ト為スコトヲ得 陸軍@訳官 専任十二人 奏任 陸軍属 陸軍@訳生 陸軍技手} 専任千四人 判任 陸軍司政長官ノ官等ハ高等官一等又ハ二等トシ其ノ俸給ハ年俸一級五千三百五十圓、二級四千九百二十圓、三級四千六百五十圓トス ノ官等及俸給ハ高等官官等俸給令第十四条ニ掲グル諸官ト同一トス 附則 本令ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス
  • 作成年月日昭和17年03月06日
  • 作成者内閣
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A03022703400

閲覧

[規模]2

  • [所蔵館における請求番号]御26003100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]勅令第百三十四号 朕枢密顧問ノ諮詢ヲ経テ特別任用令ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム 裕仁 内閣総理大臣兼陸軍大臣 東条英機 海軍大臣 嶋田繁太郎 特別任用令 ハ各其ノ職務ニ必要ナル学識経験ヲ有スル者ノ中ヨリ高等試験委員ノ銓衡ヲ経テ特ニ之ヲ任用スルコトヲ得 附則 本令ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス
  • 作成年月日昭和17年03月06日
  • 作成者内閣
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A03022703499

[所蔵館における請求番号]御26003100(所蔵館:国立公文書館)

  • [言語]日本語
  • 作成年月日昭和17年03月06日
  • 作成者内閣
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A03022703500

閲覧

[規模]2

  • [所蔵館における請求番号]御26004100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]勅令第百三十五号 朕枢密顧問ノ諮詢ヲ経テ大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初敍陞敍ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中改正ノ件ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム 裕仁 内閣総理大臣 東条英機 大正二年勅令第二百六十二号中左ノ通改正ス 第二条中「神祇院ノ副総裁、政務局長及調査官、」ノ下ニ「、」ヲ加フ 附則 本令ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス
  • 作成年月日昭和17年03月06日
  • 作成者内閣
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A03022737800

閲覧

[規模]3

  • [所蔵館における請求番号]御26347100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]勅令第四百七十八号 朕特設海軍部隊臨時職員設置制中改正ノ件ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム 裕仁 内閣総理大臣 東条英機 海軍大臣 嶋田繁太郎 特設海軍部隊臨時職員設置制中左ノ通改正ス 大東亜戰争ニ際シ特設ノ海軍部隊ニハ必要ニ応ジ通ジテ左ノ職員ヲ置クコトヲ得 海軍司政長官 専任十二人 勅任 専任百八人 奏任 海軍理事官 専任三十人 奏任 海軍技師 専任百二十六人 奏任 海軍書記 海軍通訳 海軍技手 専任七百六人 判任 海軍録事 専任二十人 判任 海軍警査 専任六十人 判任待遇 附則 本令ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス
  • 作成年月日昭和17年05月04日
  • 作成者内閣
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A03022753600

閲覧

[規模]3

  • [所蔵館における請求番号]御26505100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]勅令第六百三十六号 朕陸軍特設部隊等臨時職員設置制中改正ノ件ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム 裕仁 内閣総理大臣兼陸軍大臣 東条英機 陸軍特設部隊等臨時職員設置制中左ノ通改正ス 大東亞戰争ニ際シ陸軍特設部隊等ニハ必要ニ応ジ通シテ左ノ職員ヲ置クコトヲ得 陸軍司政長官 専任三百十二人 勅任 専任二千八百九人 奏任 陸軍技師 専任千九百四十六人 奏任内九十二人ヲ勅任ト為スコトヲ得 陸軍通訳官 専任二百二十四人 陸軍理事官 専任三百三十四人 陸軍属 陸軍通訳生 専任一万二千八百四十人 判任 陸軍技手 附則 本令ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス
  • 作成年月日昭和17年08月25日
  • 作成者内閣
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A03022836200

閲覧

[規模]3

  • [所蔵館における請求番号]御27329100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]勅令第四百六十九号 朕陸軍特設部隊等臨時職員設置制中改正ノ件ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム 裕仁 内閣総理大臣兼陸軍大臣 東条英機 陸軍特設部隊等臨時職員設置制中左ノ通改正ス 第一条中「陸軍司政長官 専任三百十二人 勅任 専任二十八百九人 奏任」ヲ「陸軍司政長官 専任二百九十二人 勅任 専任二千四百二十九人 奏任 陸軍軍政地教授 専任四百人 奏任 内二十人ヲ勅任ト為スコトヲ得」ニ、「陸軍属 陸軍通訳生 陸軍技手 専任一萬二千八百四十人 判任」ヲ「陸軍属 陸軍通訳生 陸軍技手 専任一萬千六百九十二人 判任 陸軍警部 専任千百四十八人 判任」ニ改ム 第二条ニ左ノ一項ヲ加フ 陸軍軍政地教授ノ官等及俸給ハ陸軍教授ノ官等及俸給ト同一トス 附則
  • 作成年月日昭和18年06月01日
  • 作成者内閣
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A03033256800

閲覧

[規模]12

  • [所蔵館における請求番号]枢A00122100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]昭和十七年御下付案 昭和十七年 枢密院御下付案目次 一 裁判所構成法戦時特例案帝国議会ヘ提出ノ件 一月一七日 一月二〇日訂正 二 会計法戦時特例案帝国議会ヘ提出ノ件 一月一七日 三 大東亜戦争ノ呼称ヲ定メタルニ伴フ各法律中改正法律案帝国議会ヘ提出ノ件 〃 四 造船事務ニ関スル所管等ノ戦時特例ニ関スル件 一月一〇日 同月一九日訂正 五 商船専門学校ノ入学資格ノ特例ニ関スル件 一月二一日 六 高等学校ノ生徒定数ノ臨時特例ニ関スル件 三月二三日 七 特別任用令 二月二五日 八 大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初叙陞叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中改正ノ件 〃 九 昭和十六年勅令第四百十八号奏任ノ商工省工務官ノ特別任用ニ関スル件中改正ノ件 二月二三日
  • 作成者枢密院
  • 組織歴枢密院//陸軍省//海軍省

No.

[レファレンスコード]A03033257400

閲覧

[規模]4

  • [所蔵館における請求番号]枢A00122100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]特別任用令 一 大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初叙昇叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中改正ノ件 右謹テ上奏シ恭シク 聖裁ヲ仰キ併セテ枢密院ノ議ニ付セラレムコトヲ請フ 昭和十七年二月二十五日 内閣総理大臣 東條英機 勅令第 号 ハ各其ノ職務ニ必要ナル学識経験ヲ有スル者ノ中ヨリ高等試験委員ノ銓衡ヲ経テ特ニ之ヲ任用スルコトヲ得 付則 本令ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス 勅令第 号 大正二年勅令第二百六十二号中左ノ通改正ス 第二條中「神紙院ノ副総裁、教務局長及調査官、」ノ下ニ「、」ヲ加フ 付則 本令ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス
  • 作成年月日昭和17年02月25日
  • 作成者内閣総理大臣 東條英機
  • 組織歴枢密院//内閣//陸軍省//海軍省

No.

[レファレンスコード]A03033257500

閲覧

[規模]4

  • [所蔵館における請求番号]枢A00122100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]特別任用令 一 大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初叙昇叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中改正ノ件 右謹テ上奏シ恭シク 聖裁ヲ仰キ併セテ枢密院ノ議ニ付セラレムコトヲ請フ 昭和十七年二月二十五日 内閣総理大臣 東條英機 勅令第 号 ハ各其ノ職務ニ必要ナル学識経験ヲ有スル者ノ中ヨリ高等試験委員ノ銓衡ヲ経テ特ニ之ヲ任用スルコトヲ得 付則 本令ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス 勅令第 号 大正二年勅令第二百六十二号中左ノ通改正ス 第二條中「神紙院ノ副総裁、教務局長及調査官、」ノ下ニ「、」ヲ加フ 付則 本令ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス
  • 作成年月日大正2年
  • 作成者内閣総理大臣 東條英機
  • 組織歴枢密院//内閣//陸軍省//海軍省

No.

[レファレンスコード]A03033465600

閲覧

[規模]5

  • [所蔵館における請求番号]枢C00052100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]昭和十七年二月 日立案 書記官長 主筆 書記官 書記官 特別任用令外一件審査報告(別紙ノ通リ) 特別任用令外一件審査報告 謹デ今回御諮詢ノ特別任用令及大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初叙陞叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中改正ノ件ヲ審査スルニ其ノ要旨ハ左ノ如シ 第一 特別任用令 大東亜戦争ニ際シ作戦直後ノ軍政施行ニ遺憾ナキヲ期スル為曩ニ特設海軍部隊臨時職員設置制昭和十六年勅令第千二百四号制定セラレ特設ノ海軍部隊ニハ必要ニ応ジ海軍司政長官(専任一人勅任)、官(専任九人奏任)其ノ他ノ職員ヲ置ク
  • 作成年月日昭和17年2月27日
  • 作成者書記官長
  • 組織歴枢密院

No.

[レファレンスコード]A03033465700

閲覧

[規模]5

  • [所蔵館における請求番号]枢C00052100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]昭和十七年二月 日立案 書記官長 主筆 書記官 書記官 特別任用令外一件審査報告(別紙ノ通リ) 特別任用令外一件審査報告 謹デ今回御諮詢ノ特別任用令及大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初叙陞叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中改正ノ件ヲ審査スルニ其ノ要旨ハ左ノ如シ 第一 特別任用令 大東亜戦争ニ際シ作戦直後ノ軍政施行ニ遺憾ナキヲ期スル為曩ニ特設海軍部隊臨時職員設置制昭和十六年勅令第千二百四号制定セラレ特設ノ海軍部隊ニハ必要ニ応ジ海軍司政長官(専任一人勅任)、官(専任九人奏任)其ノ他ノ職員ヲ置ク
  • 作成年月日昭和17年2月27日
  • 作成者書記官長
  • 組織歴枢密院

No.

[レファレンスコード]A03033802800

[所蔵館における請求番号]枢D00884100(所蔵館:国立公文書館)

  • [言語]日本語

    No.

    [レファレンスコード]A03033802900

    閲覧

    [規模]16

    • [所蔵館における請求番号]枢D00884100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]一高等学校ノ生徒定数ノ臨時特例ニ関スル件 一特別任用令 一大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初叙陞叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中改正ノ件 一昭和十六年勅令第四百十八号奏任ノ商工省工務官ノ特別任用ニ関スル件中改正ノ件 一大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初叙陞叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中改正ノ件 枢密院会議筆記 (水曜日)午前十時十分開議」聖上臨御 出席員 原議長 鈴木副議長 大臣 東條内閣総理大臣兼陸軍大臣 五番 橋田文部大臣 六番 小泉厚生大臣 八番 嶋田海軍大臣 十番 寺島逓信大臣 十二番 岸商工大臣 十四番 顧問官 石井顧問官 十九番 有馬顧問官 二十番
    • 作成年月日昭和17年03月04日
    • 作成者枢密院
    • 組織歴枢密院//内閣//陸軍省//海軍省//文部省

    No.

    [レファレンスコード]A03033803000

    閲覧

    [規模]11

    • [所蔵館における請求番号]枢D00884100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]議長(原)次ニ 特別任用令 大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初叙陞叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中改正ノ件 以上二件ヲ一括シテ議題ニ供ス第一読会ヲ開キ朗読ヲ省略シテ直ニ審査報告ヲ為サシム 報告員(堀江)勤デ此ノ二件ヲ審査シタルニ其ノ要旨左ノ如シ 第一 特別任用令」大東亞戦争ニ際シ作戦直後ノ占領地ノ軍政施行ニ遺憾ナキヲ期スル為曩ニ特設海軍部隊臨時職員設置制制定セラレ特設ノ海軍部隊ニハ必要ニ応ジ勅任ノ海軍司政長官(専任一人)奏任ノ官(専任九人)海軍技師等ノ職員ヲ置クコトヲ得ルモノトシ又今回更ニ別案ノ勅令ヲ以テ陸軍特設部隊等ニモ勅任
    • 作成者枢密院
    • 組織歴枢密院//陸軍省//海軍省

    No.

    [レファレンスコード]A03033803100

    閲覧

    [規模]12

    • [所蔵館における請求番号]枢D00884100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]議長(原)次ニ 特別任用令 大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初叙陞叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中改正ノ件 以上二件ヲ一括シテ議題ニ供ス第一読会ヲ開キ朗読ヲ省略シテ直ニ審査報告ヲ為サシム 報告員(堀江)勤デ此ノ二件ヲ審査シタルニ其ノ要旨左ノ如シ 第一 特別任用令」大東亞戦争ニ際シ作戦直後ノ占領地ノ軍政施行ニ遺憾ナキヲ期スル為曩ニ特設海軍部隊臨時職員設置制制定セラレ特設ノ海軍部隊ニハ必要ニ応ジ勅任ノ海軍司政長官(専任一人)奏任ノ官(専任九人)海軍技師等ノ職員ヲ置クコトヲ得ルモノトシ又今回更ニ別案ノ勅令ヲ以テ陸軍特設部隊等ニモ勅任
    • 作成者枢密院
    • 組織歴枢密院//陸軍省//海軍省

    No.

    [レファレンスコード]A03033903300

    閲覧

    [規模]6

    • [所蔵館における請求番号]枢E00025100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]昭和十七年二月二十八日発議決裁 二月二十八日執行 議長 副議長 書記官長 書記官 案 一 高等学校ノ生徒定数ノ臨時特例ニ関スル件 一 特別任用令 一 大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初叙陞叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中改正ノ件 一 昭和十六年勅令第四百十八号奏任ノ商工省工務官ノ特別任用ニ関スル件中改正ノ件 一 大正二年勅令第二百六十二号任用分限又ハ官等ノ初叙陞叙ノ規定ヲ適用セサル文官ニ関スル件中改正ノ件 右来ル三月四日(水曜日)午前十時会議被相開候間御出席相成度議長ノ命ニ依リ此段及御通知候也 昭和十七年二月二十八日 枢密院書記官 議長 副議長 各具申書ヲ附ス
    • 作成年月日昭和17年02月28日
    • 作成者枢密院書記官長
    • 組織歴枢密院//陸軍省//海軍省


    PAGE TOP