アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

階層から検索する

検索条件 : 日清汽船会社

絞り込み検索

アジ歴グロッサリー内検索【 グロッサリー内検索について 】
アジ歴グロッサリーでサイト内検索を行います。
アジ歴グロッサリーとは
アジ歴で資料を検索する際のテーマ別歴史資料検索ナビです。テーマ別にキーワード一覧、地図、組織変遷表、年表等から、お探しの資料や関連資料にスムーズにアクセスすることができます。
< 現在公開中のテーマ >
・公文書に見る終戦 -復員・引揚の記録-
・公文書に見る戦時と戦後 -統治機構の変転-
・公文書に見る外地と内地 -旧植民地・占領地をめぐる人的還流-
・公文書にみる明治日本のアジア関与 -対外インフラと外政ネットワーク-

項目とキーワードを指定

作成年月日

元号西暦対照表

検索する資料

所蔵機関

種別

言語

文書の機密レベル

資料群を指定

該当件数:309件( 1-20 件目を表示 )

サムネイル表示

CSVダウンロード

表示件数

表示順

閲覧ボタンにマークがある場合は、外部サイトにリンクします。

No.
レファレンスコード
概要

No.

[レファレンスコード]A03023792100

閲覧

[規模]3

  • [所蔵館における請求番号]情00007100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]陸発表情報(甲)第一〇二号 四月十八日陸軍省新聞班 漢口に於ける抗日状態 漢口貿易商友同志会は漢口に於ける抗日状態に就き左の如く実況を当局に報告する處があった。一、支那官憲は漢口買辧楊志清殺害事件の犯人すら未だ検挙せず其の真相をも発表せざる現状にあり。二、楊殺害事件と同時に抗日除好鉄血団なる「ギャング」団生れ邦人関係支那人に対し極端なる脅迫を為し彼等は身辺の危険を感し逃避せる状態にあり。三、邦人関係石炭商李漢郷なる者此「ギャング」団の為め拉致され一時行衞不明なりしが身代金を強要せられ辛して釈放せられた事実あり。四、邦商の綿布運搬中強奪されし際当時支那公安局の採りし態度を見るに彼等不逞の抗日団を擁護せし事実あり。五、邦人と密接なる取引関係ある民權路福昶染料舗主拉致殺害せられしより邦

    No.

    [レファレンスコード]A03023913800

    閲覧

    [規模]2

    • [所蔵館における請求番号]情00016100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]情報委員会九・一〇 情報第二号 浦塩放送(九月九日) (札幌逓信局聴取) 七日支那軍ハ日本軍ノ拠ル寳山ヲ攻撃シ戦闘ハ継続中デアル、羅店鎭ノ北方ノ、、、、デ日本戦闘機ハ支那軍高射砲ニヨリ射撃サレ火ヲ発シ墜落、羅店鎭デハ日支軍間ニ猛烈ナ戦闘ガ行ハレテヰル ロイテル報道 七日爆撃機四、戦闘機四ヨリ処ル日本空軍ハ杭州、廣徳ノ支那飛行場ヲ爆撃シタ、日本海軍駆逐艦四隻ハ七日東沙島ヲ占領陸戦部隊ハ同島ニ上陸シタ 劉河ニ於テノ支那人労働者ハ就業ヲ拒否シタ

      No.

      [レファレンスコード]A03024459400

      閲覧

      [規模]2

      • [所蔵館における請求番号]情00040100(所蔵館:国立公文書館)
      • [言語]日本語
      • [内容]内閣情報部五・二六 情報第七号 成都中央通信社国際放送(二十三日) (臺湾線督府交通局逓信部聴取) 一、 香港発 (イ) 上海に又々日本側煽動の反英運動が勃発した。事件は去二十日午前六時五十分上海付岸の浦東にある英系連昌織物会社所属の支那人苦力の解雇に端を発し上海の日本系新聞は此の事件を目して支那労働者圧迫なりご報道し形勢険悪を極めたので英国側では兵三十名を同工場に派し保護させた。 (ロ) 目下支那沿岸に於て日本海軍に抑留されて居る第三国商船は少くとも二三十隻あり、その中若干隻は日本系のが使用して居る。之に対し各国船会社は本国政府の援助を懇請し、英国当業者の如き支那の港に安全に寄港出来る様

        No.

        [レファレンスコード]A04010297600

        閲覧

        [規模]11

        • [所蔵館における請求番号]纂01335100(所蔵館:国立公文書館)
        • [言語]日本語
        • [内容]凡例 本調査ハ六月末ニ於ケル第一回調査ノ後ヲ承リ其後ニ到着セル本邦領事人ハ実業練習生並ニ三井物産及ヨリノ報告中可成最近ノ状勢ニ関スルモノヲ選ヒ其ノ大要ヲ摘記セルモノナリ 附記日貨抵制ニ関スル大総統申令支那ニ於ケル国産奨励 総説中部支那ノ二大市場タル上海及漢口ニ於ケル排日貨運動ハ六月末ヨリ七月初ニ入リ多少緩和ノ兆ヲ呈シ殊ニ漢口ニ於テハ近時@々日本支両国実業家ノ交歓行ハレタル結果相互ノ感情融和シ綿糸ノ取引ノ如キハ殆ト平時ニ復シタリト報セラルヽモ尚支那産品ノ競争アルモノニ在リテハ争フ@快復後ノ見込ナキカ如ク其他ノ各地ニ就テハ未タ最近ノ報告ニ拠セサルモ六月下旬ニ於ケル状勢ハ大体ニ於テ従来トナルコトナク表面ノ暴行脅迫ハ官憲ノ取締ニ依リ終息セルモ尚裏面ニ於テ巧妙ナル運動継続セラレ暗々裡ニ排貨ノ実ヲ挙ケツアルカ如シ上海表向平穏ナルモ裏向ニハ諸種ノ暗動絶エス日本品ノ取引ハ挙ケテ暗蜜ノ裡ニ行ハル
        • 組織歴内閣

        No.

        [レファレンスコード]B02030046800

        閲覧

        [規模]43

        • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-2_4_001(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]3.経済絶交中ハ厳ニ敵人ノ@間ト挑発ヲ防クベシ 日本人ハ『将ニ取ラントセバ必ズ@ルツカ一ヲ照クヘヨ』的ノ陰謀ヲ以テ吾等ノ聯合戦線ヲ破壊セントシヲ居ル例ヘバ日貨ヲ送リテ代金ヲ掛トシタリ汽船ハ運賃ヤ食費ヲ割引シタリ或ハ無頼@ヲ買収シ吾等ヲシテ相互ニ争ハシメタリシテ居ル。以上ハ過去ニ沢山アツタ事実デ之ガ為メ経済絶交モ其効果ヲ収ムルフトガ出来ナカハタ今後ハ各界民衆ハ一致団結シ政府ノ後盾トナリ小利ヲ貪リ大害ヲ忘ル、勿レ日本人ノ奸計ニ陥ル勿レ(伊知地@記) 船監第六八五号 通牒 昭和三年八月十七日 逓信省管船局長 外務省通商局長殿 支那ニ於ケル排日状況ノ件 右ニ関シヨリ別紙写ノ通リ届出有之候ニ
        • 作成年月日昭和3年8月17日~昭和3年8月30日
        • 作成者逓信省管船局長//日清汽船株式會社社長森辨治郎//大阪府知事//福岡縣知事齋藤守圀//兵庫縣知事長延連//日本郵船株式會社業務部貨物課//関東廳警務局高等警察課
        • 組織歴外務省//逓信省//日本郵船株式會社

        No.

        [レファレンスコード]B02030047400

        閲覧

        [規模]39

        • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-2_4_002(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]船監第八三六号 昭和三年十月一日 逓信省管船局長 外務省通商局長殿 支那ニ於ケル日貨排斥ノ状況ニ関スル件 右ニ関シヨリ別紙写ノ通リ届出有之候ニ付御参考迄及送付候 各地排日情報 八月十日 上海支店報告 済南事件排日ニ依ル社船積荷状況 今回ノ排日運動ニ依ル上海漢口線沿岸南北線ニ於ケル社船積荷ニ及ボセル影響ニ付キ五月ヨリ八月十日ニ至ル比較表別紙ノ通リ作製御参考迄爰許御送附申上日間御髙覧被下度 昭和三年済南事件排日影響(昭和三年八月十日) 一、出貨 (1)上海漢口線 昭和三年五月 二三航 支那人荷二、五三八屯 一航平均 一一〇屯 同六月 一九航 日本人名義支那人荷二八六屯 〃 一五屯 同七
        • 作成年月日昭和3年8月10日~昭和3年10月30日
        • 作成者逓信省管船局長//上海日本商工会議所//日清汽船株式会社上海支店//日清汽船株式会社//日清汽船株式会社蕪湖出張所//日清汽船株式会社漢口支店//日清汽船株式会社重慶出張所//日清汽船株式会社厦門代理店//日清汽船株式会社広東出張所//上海駐在商参事務官代理在上海副領事加藤日吉//加藤副商務官
        • 組織歴外務省//逓信省//日清汽船株式会社

        No.

        [レファレンスコード]B02030054500

        閲覧

        [規模]5

        • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-2_4_006(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]中支一般 船監第一〇四一号 照会 昭和三年十二月十二日 逓信省管船局長 外務省亜細亜局長殿 宜昌重慶線定期船嘉陵丸ノ積荷差止ニ関スル件 本件ニ関シヨリ別紙写ノ通リ届出有之候処右ハ命令定期船ノ運航ニ支障ヲ及ホス義ニ付右差止ヲ解除セシメラルル様可然御配慮相成度候 御届 宜昌重慶線十二月九日建出帆ノ件 十二月九日建定期ハ嘉陵丸践行可致筈ノ処反日会ノ為メ積荷及重油ノ積載ヲ差止メラレ目下出帆ノ見込相立タサル趣電報ニ接シ候間右延発又ハ欠航何レカ確定電報ヲ待チ更ニ御届申上候 昭和三年十二月十日 日清汽船株式会社社長森弁治郎 逓信大臣久原房之助殿 船監第一〇五三号 通牒 昭和三年十二月十七日 逓信省管船局長
        • 作成年月日昭和3年12月10日~昭和3年12月17日
        • 作成者遞信省管船局長//日清汽舩株式会社社長森辨治郎//通商局長
        • 組織歴外務省//逓信省//日清汽船株式會社

        No.

        [レファレンスコード]B02030201400

        閲覧

        [規模]12

        • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-21_1_1_006(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]亜細亜局 船監第二一六号 昭和七年二月十八日 逓信省管船局長 外務省亜細亜局長殿 漢口ニ於ケル時局模様ニ関スル件 本件ニ関シヨリ一月二十九日附同社漢口支店長報告書別紙写ノ通提出有之候条為参考及送附候 当地時局御報告ノ件 昨日著上海総領事対支最後通牒発送ニ関スル上海来電拝承、宜昌長沙両出張所ニ転電スルト共ニ今朝迄ニ六、七碼頭ニ繋留中ノ鉄艀及曳船ハ日本租界碼頭ニ移留、其他万一ニ処スル用意シ一層戒慎罷在候海軍側ニ於テモ一昨日我社七碼頭繋留中ノ宇治艦ヲ一碼頭我社前ニ移動セシメ官民協力万全ノ策ヲ講シ上海情勢ノ推移ヲ俟チタル処昨夜来上海日支軍衝突ノ報至リ益々厳重警戒致居候 一方水災ニヨル流民ヲ
        • 作成年月日昭和7年2月18日~昭和7年2月24日
        • 作成者逓信省管船局長//漢口坂根總領事//上海重光公使//芳澤大臣//長崎県知事鈴木信太朗//上海村井總領事
        • 組織歴外務省//日清汽船株式會社

        No.

        [レファレンスコード]B02030300000

        閲覧

        [規模]57

        • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-21_5_002(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]特外鮮秘第四四〇号 昭和七年三月二十九日 福岡県知事中山佐之助 内務大臣鈴木喜三郎殿 外務大臣芳沢謙吉殿 警視長、神奈川、愛知大阪 兵庫、京都、広島、山口、長崎 各庁府県長官殿 ノ近況ニ関スル件 東京九ノ内日清汽船株式会社所有 汽船会社ノ傭船トナリ本月二十八日神戸ヨリ管下門司ニ入港即日朝鮮西湖津ニ向ケ出帆セルカ碇泊中船長三木宗太郎ハ標記ノ件ニ関シ左記ノ如ク語レリ 記 本会社ハ従来二十八隻ノ所属船ヲ使用シテ支那沿岸ニ於ケル貨客ノ運般ヲナシ居リタルカ昨年来排日激化ト共ニ全ク事業不振ニ陥リ内十数隻ハ上海ニ繋船シ八隻ハ御用船トナリ其ノ他ハ各地方ニ回航シタル有様ナリ而シテ本船ハ昨年十月以来撃船
        • 作成年月日昭和7年3月29日~昭和7年5月2日
        • 作成者福岡縣知事中山佐之助//大阪府知事斎藤宗宜//警視總監大野緑一郎//兵庫縣知事白根竹介//兵庫縣警察部外事課外事課勤務司法警察官警部補小倉益雄
        • 組織歴外務省

        No.

        [レファレンスコード]B02030302200

        閲覧

        [規模]49

        [種別]

        • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-21_5_003(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]排日運動ノ各方面ニ及セル影響調査方ノ件 (八年五月四日訓令) 目録順次 一、北平 二、天津 三、芝罘 四、済南 五、上海 六、蘇州 七、南京 八、蕪湖 九、九江 十、漢口 一一、長沙 一二、宜昌 一三、福州 一四、夏門 一五、汕頭 一六、広東 一七、香港 (表)文書課発送 昭和八年五月五日発送済 浄書 校正(原稿) (浄書) 主管 通商局長 主任 通商局第二課長 昭和八年三月三十日起草 通、二機密合第四八五号 昭和八年五月四日 受信人名 在北平中山書記官 在上海、天津、済南、漢口 福州、広東、香港、南京 各総領事 在蘇州、芝罘、蕪湖、九江 宜昌、長沙、夏門、汕頭各領事 発信人名 内田大臣 件名 排
        • 作成年月日昭和8年5月4日~昭和9年10月23日
        • 作成者内田大臣//廣田大臣//在宜昌領事代理副領事浦川昌義//在九江領事館事務代理西田長康//在蘇州領事代理川南省一//在芝罘領事山崎誠一郎
        • 組織歴外務省//在宜昌日本帝國領事館//在九江日本領事館//在蘇州日本領事館//在芝罘日本領事館

        No.

        [レファレンスコード]B02030326600

        閲覧

        [規模]11

        • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-21_5_018(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]昭和八年四月二十六日 泰安紡績株式会社々長 日華製油株式会社々長 日本綿花株式会社々長 南郷三郎 外務大臣 伯爵内田康哉閣下 ○漢口排日風潮ニ関シ請願ノ件 謹啓 陳者今次漢口地方排日運動ノ勃発並ニ其経過ハ従来ト著敷差異アル特徴ヲ有シ此間何等カ特殊ノ事情アルモノト推セラレ種々探究シ、又中国側官憲ト直接間接々触シテ真相把握ニ努メ候処今日迄ニ得タル各種ノ情報ヲ綜合シテ大体左ノ如キ事情判明致シ候 即チ排日風潮ハ三月初旬以来支那側ノ恐怖政策ニヨリ一段激化シ同四日買弁ノ被惨殺事件ニ次イデ、同十日邦商関係支那石炭商ノ被拉致事件発生以来同業各社ニ於テハ使用支那事務員悉ク欠勤ノ余儀ナキニ至リ、関係支
        • 作成年月日昭和8年4月26日~昭和8年5月1日
        • 作成者泰安紡績株式會?々長 日華製油株式會?々長 日本綿花株式會?々長南郷三郎//長崎縣知事鈴木信太郎//在漢口總領事鈴木八百一//内田大臣
        • 組織歴外務省//日本綿花株式會?東京支店

        No.

        [レファレンスコード]B02030327600

        閲覧

        [規模]23

        • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-21_5_019(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]機密第一号 昭和七年一月三日 在宜昌 領事代理副領事浦川昌義 外務大臣犬養毅殿 宜昌反日運動ニ関スル件 本月ニ入リテ以来当地新聞ハ東三省方面時局ニ関シ常ニ大々的報道ヲナシ又反日専欄ヲ設ケ侮蔑的文章ヲ記載シ居レルモ反日救国会側ニ於テハ軍部ノ取締ノ為行動漸ク徴温的トナリ宣伝(ホスター)ノ如キモ悪溂ナル言辞少ク在留邦人ノ物品購入、中国人使用等ニ関シテハ殆ト何等ノ困難ナキ有様ナリ 在留邦商トシテハ既報ノ如ク出張所ノ外漆買入商人二戸アルモ漆商人ニ於テハ其ノ買入及運搬積荷等差シタル妨碍ヲ受クス現在ノ所平常通リノ営業ヲナシ居レリ 日本品ノ輸入ハ尚困難ナル為海産物等ノ欠乏甚シク民衆ハ価格騰貴ニ困シ
        • 作成年月日昭和7年1月3日~昭和7年12月1日
        • 作成者在宜昌領事代理副領事浦川昌義//漢口坂根總領事//第一遣外艦隊司令官//第三艦隊参謀長//在宜昌領事館事務代理渡邊孝//中外商業新聞//在宜昌領事館事務代理猿渡孝
        • 組織歴外務省//在宜昌日本帝國領事館

        No.

        [レファレンスコード]B02030631000

        閲覧

        [規模]3

        • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-30_11_1_003(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容](27)独逸「メルハーズ」会社ノ喪失貨物要償関係(上海) 合第二三〇号 昭和十五年五月十四日 在上海 総領事三浦義秋 中支派遣軍被害調査部長 陸軍中佐管沢亥重殿 上海在勤海軍武官 海軍中将岩村清一殿 独逸「メルハーズ」会社貨物喪失ニ対スル賠償要求ノ件 独逸総領事ヨリ四月二十八日附ヲ以テ「メルハーズ」会社ハ昭和十二年七月末卵黄八四箱ヲ鳳陽丸ニテ漢口ヨリ積出シ浦東碼頭第一一号倉庫ニ保管中ナリシ処事変ノ為右貨物価額六〇五磅七志三片喪失セルニ付調査ノ上速ニ解決アリタキ旨別紙写ノ通申越シタルニ付右写茲ニ送付ス委細右ニテ御了知ノ上可然御取計相成度 DEUTSCHES GENERALKONSULAT 【キーワード】中支派遣軍被害調査部/菅沢亥重/海軍武官/岩村清一/日清汽船/DEUTSCHES GENERALKONSULAT/Melchere & Co./K.K.K.Wharf

          No.

          [レファレンスコード]B02030643700

          閲覧

          [規模]32

          • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-30_17(所蔵館:外務省外交史料館)
          • [言語]日本語
          • [内容](2)希@船「スハルタ」号及「アノヴアレー゛」号抑留ニ関クル件 一三 一 二三 南支封鎖部隊南方部隊指揮官 次官、四艦隊長官 次長、九戦隊司令官 南方部隊監視報告(一月二十三日) 香港東方海面ニ配備中ノ菊月ハ本二十三日一二〇〇時ニ(スバルタ)号チ三門島南方一〇涅ニ於テ臨検ス 該船ハ支那商船福州ニシテ一月六日希国ニ転籍セルモノニ付之チ拿捕シ馬公ニ引致ス 調査ノ上移転有効ナレ,於テハ@放スル方針ノ由 杜平 一三 一 二三 二十三@司令 次官、次長 一、菊月大西水道東口哨戒中〇九〇〇時「スバルタ」ラシキモノ香港東口ヲ東行スルヲ認メ之チ領海外ニ追@シ一二〇五時三門トツ行ク迄十涅ノ三百十七度ニ於テ臨検ス福州ニシテ 【キーワード】Karavados/丁抹//帝国海軍/大陸号/大同海運株式会社/第三艦隊

            No.

            [レファレンスコード]B02030784200

            閲覧

            [規模]20

            • [所蔵館における請求番号]A-2-1-0-C1_1_001(所蔵館:外務省外交史料館)
            • [言語]日本語
            • [内容]述ス (一) 不当射撃 右不当射撃ハ一九二六年以来頻発セル所ナルモ日本商船特ニヨリ報告アリタル一九三〇年一月以来一九三一年八月近ノ不当射撃ノ回数ハ別表ニ示ス如ク実二百三十件ナリトス。而シテ右射撃ハ小銃ノミナラス吋ニ大砲ヲ以テモ為サレタルモノナリ。又本表ニハ掲記セサルモ日本帝国軍艦ニ対シテ射撃ヲ加ヘタルコト数回アリトス (一) 上海漢口航路 (表) 船名 場所及日時 岳陽丸 昭和六年五月二十二日午前五時?州下流 瑞陽丸 六月七日午前八時五分九江下流 南陽丸 六月十四日午前〇時四十分大治黄石港 鳳陽丸 六月十四日午前三時黄石港 武陵丸 八月十三日蕪湖上流 大吉丸 九月四日午后三時ハボック 【キーワード】革命外交/華府会議/権益/山東問題/排日運動/南京臨時政府/北京臨時政府/袁世凱/黎元洪/馮国璋
            • 作成年月日昭和6年12月

            No.

            [レファレンスコード]B02032008900

            閲覧

            [規模]33

            • [所蔵館における請求番号]A-6-1-5-4_6(所蔵館:外務省外交史料館)
            • [言語]日本語
            • [内容]本磐一八五号 昭和二年十一月一日 在蕪湖 領事代理藤村俊房 外務大臣男爵田中義一殿 馬鞍山ノ土匪出没ニ対シ警備艦ノ同地回航ノ件 本月二十七日邦船北都丸(山下汽船会社所有)ハ当地ノ下流約二十五哩ニ在ル馬鞍山益萃公司ノ碼頭ニ横付ケ礦石ノ積取ニ従事シ居タルニ同日午後三時頃ヨリ私服ヲ着セル十余名ノ支那人同船ノ附近ヲ徘徊シ荷役苦力ニ混シテ船内ニモ出入シ居タルカ同五時頃荷役苦力ノ帰散シタル後其内ノ五六名ハ船外ニ在リテ突然身邉ヨリ拳銃ヲ出シテ天ニ向ケ一斉射撃ヲ行ヒタル事実アリ益萃公司ノ支那人ノ談ニ依レハ右ハ地方ノ土匪ニシテ最近軍隊及警察ノ撤退セルニ乗シ其徒党数百ヲ聚集シ益萃公司及宝興公司ニ対シ保護金ヲ要求シ 【キーワード】馬鞍山//信陽丸被射撃事件/日清汽船被射撃報告/支那兵、共産軍/不法射撃事件一覧表/本邦艦船不法射撃一覧表/本邦艦船不法射撃表/船被射事故一覧表
            • 作成年月日昭和2年11月1日~昭和5年8月21日

            No.

            [レファレンスコード]B02032009200

            閲覧

            [規模]38

            • [所蔵館における請求番号]A-6-1-5-4_6(所蔵館:外務省外交史料館)
            • [言語]日本語
            • [内容]船監第一〇四〇号 通牒 昭和五年十一月四日 逓信者管船局長 外務省通商局長殿 揚子江行船不法被射撃其他ニ関スル件 右ニ関シヨリ別紙写ノ通リ届出有之候ニ付御参考迄及送付候 昭和五年十月三十日 日清汽船株式会社 社長男爵深尾隆太郎 逓信省管船局長 侯爵幡忠隆殿 揚子江航行船不法被射撃其他ニ係ル件 其後弊社揚子江航行船別紙ノ通リ支那匪軍ノタメ不法射砲撃、不法乗船等ノ厄ニ遭遇候間此段御届申上候 大亨丸 九月二十二日上航監利附近ニテ射撃セラル 九月二十八日下航下軍湾附近ニテ射撃セラレ支那人船員一名負傷ス 大吉丸 九月二十四日上航監利通過ノ際三十分ニ亘リ猛射ヲ受ケ支那人船員一名負傷シ破損個所無数 当陽 【キーワード】揚子江/様子航行船不法被射撃/本邦艦船不法射撃表/不法射撃問題/艦船不法射撃/被害艦船名/日清汽船株式会社/共産匪/不法射撃地帯地図/沙市/岳州
            • 作成年月日昭和5年11月4日~昭和5年12月9日

            No.

            [レファレンスコード]B02032009700

            閲覧

            [規模]39

            • [所蔵館における請求番号]A-6-1-5-4_7(所蔵館:外務省外交史料館)
            • [言語]日本語
            • [内容]1長江(揚子江)上流地方 電送第3941号 昭和5年8月5日后5時46分発 件 日清汽船支那軍隊輸送ノ件 綴込名 支那各地共匪関係雑纂 支那軍隊輸送ニタメ邦船使用関係 宛 在重慶 清野領事 発 幣原大臣 暗第二三号 貴電第七八号着シ 本件軍隊輸送ハ土匪ニ対スル警備上緊要ノ必要ニ基キ何等支那内争ト関係ナキ次第ニ付支那船及外国船ラ利用シ尚不足ノ地蛉之カ輸送引受大日清ニ対シ承認セラレ善支無ン但シ右ハ現下特殊ノ事態ニ応スル今回限リ措置ニシテ先例トスヘカラサルモノナルコトヲ支那側ニ対シ明カニセラルヘト共ニ船賃支払方法及本件輸送ヨリ生スル取敢ニ対スル責任ニ支那側ニ於テ負フヘキ等適宜日清ト支那側トノ写ニ取極 【キーワード】派兵輸送/雲陽丸//入川剿匪部隊/軍隊輸送/支那軍隊輸送/船会社指導方訓令/入川剿匪部隊輸送協力
            • 作成年月日昭和5年8月5日~昭和10年3月7日

            No.

            [レファレンスコード]B02130090700

            閲覧

            [規模]2

            • [所蔵館における請求番号]亜一-7(所蔵館:外務省外交史料館)
            • [言語]日本語
            • [内容]長沙発 大正十一年五月十四日 池永領事 内田外務大臣 第一七号 貴電第二三号ニ関シ 当地本邦郵便局撤廃後一般邦人等不便ヲ感スル主ナルモノハ(一)外国語並外国文ニテ用ヲ達セサルヘカラサルコト(二)郵便物及為替取扱ニ関シ支那郵便局ハ其規定ヲ異ニスルモノ有ルノミナラス全然日本郵便局ノ如キ取扱無キモノアリ且馬徳里条約ニ依リ万国郵便法ヲ適用センカ郵料ノ甲種穏ナルコト(三)内乱ニ件フ郵便物及貯金ニ対スル不安ナルコトニシテ之カ不便ヲ感セサラシメントセハ(一)ニ対シテハ支那側ヲシテ適(脱)人ヲ傭聘セシムルコト(二)ニ対シテハ可成本邦ニ於ケル郵便規定ヲ支那側ヲシテ採用セシムルコト尤モ之カ採用困難ノ事情アルトキハ当地ノ如キハノ航路アルヲ以テ当分船内郵便事務取扱所ヲ設クルコト
            • 作成年月日1922年
            • 作成者亜細亜局第一課

            No.

            [レファレンスコード]B02130109000

            閲覧

            [規模]7

            • [所蔵館における請求番号]亜二-28(所蔵館:外務省外交史料館)
            • [言語]日本語
            • [内容]第四節 其他ノ各地ニ於ケル労働争議ノ著例 (一)長沙ニ於ケル碼頭苦力ノ争議 長沙ニ於テハ本年八月下旬国民党ノ指導後援ニ依リ全省総工会成立シ更ニ同総工会ノ指導ニ依リ長沙所在碼頭全体ニ従業スル苦力ノ組合タル長沙碼頭総工会成立シ一般労働風潮著シク高潮シ来リタルカ十月初ニ至リ並怡和公司、太古公司、(以上英国)招商局、普済公司、鴻安公司(以上支那)ノ六汽船会社所属六個ノ碼頭ニ従業スル苦力合計約六百名ハ湖南全省総工会ノ後援ノ下ニ国民党省党部及ヒ長沙市党部ノ指揮援助ヲ受ケ長沙碼頭総工会ノ名ヲ以テ前記六社ニ対シ物価騰貴ノ為従来ノ賃銀ニテハ到底生活シ得サルヲ理由トシテ普通積卸汽船「ハルク」間、曳船間、民船汽船間、汽船会庫間及碼頭労働等ノ六項ニ別チ更ニ荷物ノ大小ニ依リ要求賃銀額ヲ提示シ平均四割ノ賃銀値上方ヲ要求シ其ノ聴カレサルニ於テハ総工ヲ実行スヘキコトヲ宣
            • 作成年月日1926年
            • 作成者亜細亜局第二課


            PAGE TOP