アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

階層から検索する

検索条件 : 帝国陸軍(外地部隊)復員実施要領細則

絞り込み検索

アジ歴グロッサリー内検索【 グロッサリー内検索について 】
アジ歴グロッサリーでサイト内検索を行います。
アジ歴グロッサリーとは
アジ歴で資料を検索する際のテーマ別歴史資料検索ナビです。テーマ別にキーワード一覧、地図、組織変遷表、年表等から、お探しの資料や関連資料にスムーズにアクセスすることができます。
< 現在公開中のテーマ >
・公文書に見る終戦 -復員・引揚の記録-
・公文書に見る戦時と戦後 -統治機構の変転-
・公文書に見る外地と内地 -旧植民地・占領地をめぐる人的還流-
・公文書にみる明治日本のアジア関与 -対外インフラと外政ネットワーク-

項目とキーワードを指定

作成年月日

元号西暦対照表

検索する資料

所蔵機関

種別

言語

文書の機密レベル

資料群を指定

該当件数:8件( 1-8 件目を表示 )

サムネイル表示

CSVダウンロード

表示件数

表示順

閲覧ボタンにマークがある場合は、外部サイトにリンクします。

No.
レファレンスコード
概要

No.

[レファレンスコード]C12120525400

閲覧

[規模]2

  • [所蔵館における請求番号]中央-軍事行政法令-260(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]陸密第五九四五号 軍(隊)中改正ノ件達 昭和二十年九月二十七日 陸軍大臣下村定 陸軍留守業務部長殿 昭和二十年陸密第五九〇八号軍(隊)中左ノ通改正ス 第二十条第二項トシテ左ヲ加フ 復員管理(担任)官ハ復員名簿ヲ調製シ部隊ノ復員ニ伴ヒ速ニ其ノ一部ヲ本籍地所管ノ聯隊区司令部ニ、他ノ一部ヲ陸軍留守業務部ニ送付スルモノトス 第二十二条ヲ第二十三条ニ改ム 第二十二条トシテ左ヲ加ス 第二十二条外地部隊ニ属スル軍人軍属(一部ノ部隊ヲ含ム)ニシテ輸送其ノ他ノ関係上本規定ニ拠リ復員シ難キ者ハ本土港湾到著ノ時ヲ以テ当該上陸地ヲ管轄スル軍管区司令官(軍管区司令部復員後ニ在リテハ其ノ職権ヲ継承スル政府官憲トス以下同シ)
  • 作成年月日昭和20年9月27日
  • 作成者陸軍大臣下村定
  • 組織歴陸軍省

No.

[レファレンスコード]C13070030500

[所蔵館における請求番号]満洲-朝鮮-38(所蔵館:防衛省防衛研究所)

  • [言語]日本語
  • 作成年月日昭和20年9月10日~昭和21年4月20日

No.

[レファレンスコード]C13070030600

閲覧

[規模]1

  • [所蔵館における請求番号]満洲-朝鮮-38(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]帝国陸軍(外地部隊) 復員実施要領細則 第一復員局 帝国陸軍(外地部隊) 復員実施要領細則 第一復員局
  • 作成年月日昭和20年9月10日~昭和21年4月20日
  • 作成者第一復員局
  • 組織歴陸軍省

No.

[レファレンスコード]C13070030700

閲覧

[規模]1

  • [所蔵館における請求番号]満洲-朝鮮-38(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]陸密第五九〇八号 軍(隊)一復第七九七号 右実施要領細則中改正ノ件 用済焼却 陸普第一八八〇号 外地部隊留守業務要処理要領 陸密第一五三六号写
  • 作成年月日昭和21年4月20日
  • 組織歴陸軍省

No.

[レファレンスコード]C13070030800

閲覧

[規模]1

  • [所蔵館における請求番号]満洲-朝鮮-38(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]陸密第五九〇八号 軍(隊)規定ノ件達 昭和二十年九月十日 陸軍大臣 陸軍留守業務部長殿 軍(隊)別冊ノ通定ム 但外地部隊最高指揮官ハ現地ノ実情ニ即応スル如ク適宜処理スルコトヲ得 通達先 第一、第二総軍、関東軍、支那総軍、南方軍、各軍管区第八方面軍、第三十一軍、第百九師団、陸軍大臣直轄部隊 省内各局
  • 作成年月日昭和20年9月10日
  • 作成者陸軍大臣
  • 組織歴陸軍省

No.

[レファレンスコード]C13070030900

閲覧

[規模]4

  • [所蔵館における請求番号]満洲-朝鮮-38(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]軍(隊) 第一条 本細則ハ帝国陸軍復員要領ニ基キ外地(小笠原、朝鮮、台湾、沖縄本島以西ノ南西諸島、満洲、支那、其ノ他帝国外ノ地ヲ謂フ)ニ在ル陸軍部隊ノ復員ノ実施ニ関シ準拠トナルヘキ事項ヲ規定ス 本細則ニ規定セサル事項ニ関シテハ復員留守業務規程其ノ他関係諸条規ニ拠ルノ外最高指揮官天皇ノ直@スル陸軍部隊ノ司令官ヲ謂フ以下同シ適宜之ヲ規定スルモノトス 第二条 復員部隊ニ属スル御真影、勅諭、勅語ノ御処理ヲ終了セサル部隊ハ復員管理官ノ定ムル所ニ従ヒ速ニ善処スルモノトス 第三条 要領実施ニ方リテハ承詔必謹タル皇軍ノ真姿ヲ顕現シ且各級指揮官ハ精神教育ノ徹底ヲ期スルモノトス 第四篠
  • 作成年月日昭和20年9月10日
  • 作成者陸軍大臣
  • 組織歴陸軍省

No.

[レファレンスコード]C13070031000

閲覧

[規模]3

  • [所蔵館における請求番号]満洲-朝鮮-38(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]一復第七九七号 昭和二十年九月十日陸密第五九〇八号帝国陸軍(外地部隊) 復員実施要領細則中改正ノ件達 第一復員官署一般 軍(隊)中左ノ通改正ス 昭和二十一年四月二十日 第一復員大臣男爵幤原喜重郎 第一篠第一項中事項ニ関シテハノ次ニ「復員留守業務規程其他関係諸条規ニ拠ルノ外」ヲ加フ 第八篠中復員完結ハノ次ニ「上陸セル部隊又ハ軍人軍属毎ニ」ヲ本土港湾到著後ノ次ニ「五日以内ニ」ヲ加ヘ復員管理官ヲ「上陸地所轄復員監」ニ改ム 第九篠第一行中特ニ定ムルモノ左ノ如シヲ「テハ別ニ示スモノノ外左記ニ拠ル」ニ、同篠第三号中第一号及陸密電第一五三六号ニ拠リ陸軍留守業務部ニ転属スル留守業務要員
  • 作成年月日昭和21年4月20日
  • 作成者第一復員大臣男爵幤原喜重郎
  • 組織歴陸軍省

No.

[レファレンスコード]C13070031100

閲覧

[規模]10

  • [所蔵館における請求番号]満洲-朝鮮-38(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容](参考)陸密第五九〇八号 軍(隊)規定ノ件達 昭和二十年九月十日 陸軍大臣下村定 軍(隊)別冊ノ通定ム 但外地部隊最高指揮官ハ現地ノ実情ニ関係スル如ク適宜処理スルコトヲ得 軍(隊) 第一篠 本細則ハ帝国陸軍復員要領ニ基キ外地(小笠原、朝鮮、台湾、沖縄本島以西ノ南西諸島、満洲、支那、其ノ他帝国外ノ地ヲ謂フ)ニ在ル陸軍部隊ノ復員ノ実施ニ関シ準拠トナルヘキ事項ヲ規定ス 本細則ニ規定セサル事項ニ関シテハ最高指揮官天皇ニ直属スル陸軍部隊ノ司令官ヲ謂フ以下同シ適宜之ヲ規定スルモノトス 「留守業務規程其他関係諸条規ニ拠ルノ外」
  • 作成年月日昭和20年9月10日
  • 作成者陸軍大臣下村定
  • 組織歴陸軍省


PAGE TOP