アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

階層から検索する

検索条件 : 工部大輔

絞り込み検索

辞書・表記ゆれを指定して検索

アジ歴グロッサリー内検索【 グロッサリー内検索について 】
アジ歴グロッサリーでサイト内検索を行います。
アジ歴グロッサリーとは
アジ歴で資料を検索する際のテーマ別歴史資料検索ナビです。テーマ別にキーワード一覧、地図、組織変遷表、年表等から、お探しの資料や関連資料にスムーズにアクセスすることができます。
< 現在公開中のテーマ >
・公文書に見る終戦 -復員・引揚の記録-
・公文書に見る戦時と戦後 -統治機構の変転-
・公文書に見る外地と内地 -旧植民地・占領地をめぐる人的還流-
・公文書にみる明治日本のアジア関与 -対外インフラと外政ネットワーク-

項目とキーワードを指定

作成年月日

元号西暦対照表

検索する資料

所蔵機関

種別

言語

文書の機密レベル

資料群を指定

該当件数:229件( 1-20 件目を表示 )

サムネイル表示

CSVダウンロード

表示件数

表示順

閲覧ボタンにマークがある場合は、外部サイトにリンクします。

No.
レファレンスコード
概要

No.

[レファレンスコード]A01100193300

閲覧

[規模]1

  • [所蔵館における請求番号]公02619100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]出京帰局御届 釜石鑛山分局在勤 少技長狛林之助 右者御用之儀有之去月廿三日出京之處御用相済本月一日出發帰局致候此段御届申進候也 明治十二年七月四日 工部卿井上馨代理山尾庸三 太政大臣三條實美殿
  • 作成年月日明治12年7月4日
  • 作成者工部卿井上馨代理山尾庸三
  • 組織歴工部省

No.

[レファレンスコード]A03022896500

閲覧

[規模]15

  • [所蔵館における請求番号]別00005100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]大西洋電線架渡候米人ウエストフィールドと申者我特命全権大使在英中同客館ニ止宿時々面晤致し候事に有之由之処其後ニ至り仏京巴黎へ別紙奏議一通差越転奏之儀申出候趣を以て原書訳文共大使より差越候間右訳書写壱通為御一覧相廻し候也 六年三月十八日 正院 山尾殿 追而貴省御雇可相成英人林二等書記同船ニ而近日着港可相成旨申来候間此段も為心得申入置候事 亜米利加合衆士民外臣サイルス ウエスト、フィルト誠惶誠恐威権赫奕タル日本 聖天皇陛下ニ奏ス外臣曽テ大西洋ニ所通ノ電線ニ尽竭力従事シ其業成リテ欧米ノ間声息相応シ之ヲ更ニ拡テ東洋西洋ノ間ニ通達セント欲スルニ依リ今 陛下ニ上陳シテ電線ヲ米国ノ西濱ニ沈メ之ヲ日本ノ東岸
  • 作成年月日明治5年~明治10年
  • 作成者工部省
  • 組織歴太政官

No.

[レファレンスコード]A03023010000

閲覧

[規模]8

  • [所蔵館における請求番号]別00096100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]大日本外務卿副島外務大輔寺島照会ヲ為ス事惟ルニ両国密邇ナルヲ以テ宜ク交際ノ信ヲ通シ旧誼ヲ尋キ隣交ヲ厚クスヘシ故ニ昨年本外務省官員柳原前光花房義質鄭永寧等ヲ遣テ通信事宜ヲ商定シ其回信ニ憑テ当年我天皇従二位伊達宗城ヲ全権欽使ト為シテ貴国ニ派遣シ幸ニ隆偶ヲ蒙リ貴大臣ト会議ヲ遂ケ両国往来ノ約ヲ講定シ帰国復命ス其約本卿等ニ到テ展閲ノ下具サニ貴大臣ノ練達明敏ニシテ処事允当ナルヲ徴シ欣喜ニ不堪今特ニ文ヲ備シテ告ル所ノ者ハ我国時勢日新国歩漸進シ政途ノ弥盛大ナランコトヲ希望シ本年九月以来我天皇躬カラ図書ヲ作リ信任ノ重臣中ニ於テ右大臣岩倉具視ヲ特簡シ全権大使ト為シ参議木戸孝允大蔵卿大久保利通伊藤博文外務少輔山口尚芳ヲ
  • 作成年月日明治2年12月~明治6年12月
  • 作成者外務省
  • 組織歴太政官

No.

[レファレンスコード]A04017133400

閲覧

[規模]111

  • [所蔵館における請求番号]単00246100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]遣使全書 第一 対等ノ権利ヲ存シテ相互ニ凌辱侵犯スル事ナク共ニ比例互格ヲ以テ礼際ノ殷勤ヲ通シ貿易ノ利益ヲ交ユ此レ列国条約アル所以ニシテ而シテ国ト国ト固ヨリ対等ノ権利ヲ有スルコト当然ナレハ其条約モ亦対等ノ権利ヲ存スヘキハ言ヲ待サル事ナリ故ニ地球上ニ国シテ独立不羈ノ威柄ヲ備ヘ列国ト相連并比肩シテ昂低平均ノ権力ヲ誤ラス能ク交際ノ誼ヲ保全シ貿易ノ利ヲ斉一ニスルモノ列国公法アツテ能ク強弱ノ勢ヲ制圧シ衆寡ノ力ヲ抑裁シ天利人道ノ公義ヲ補弼スルニ由レリ是以テ国ト国ト対等ノ権利ヲ存スルハ乃チ列国公法ノ存スルニ此レ由ルト云ヘシ
  • 作成年月日明治4年9月15日~明治4年11月5日
  • 作成者山口外務少輔//寺嶋外務大輔//岩倉外務卿//右大臣岩倉其外//参議//太政官//正院//戸籍頭田中光顕//陸軍少将山田顕義//造船頭製作策頭肥田為良//宮内省//式部寮//田中文部大丞//佐々木司法大輔//神奈川県知事陸奥宗光//太政大臣三条実美//大蔵少輔吉田清成//大蔵少輔井上馨//大蔵卿大久保利通//井上大蔵大輔//伊藤//司法省
  • 組織歴太政官//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017135800

閲覧

[規模]51

  • [所蔵館における請求番号]単00258100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]一簡啓上いたし候陳ハ今般本邦文部省より之来翰ニハ海外留学生改正之儀正院ヘ建言相成其趣意ハ既ニ外国ニ於て専門学ニ従事罷在候者丈初等留学生ト相定め其余ハ都て帰朝可為致儀弁務使え相達度との趣ニて不遠内右之処分ニ可相運之由右之書簡同省より御一行又ハ其地弁務館ヘも来着いたし候若し来書無之候ハヽ右写差出可申候間此段御問合ニ及候也 第十二月二十四日 寺嶋大弁務使 全権大副使御中 然者今日当府海上請合会社よりアデルメンと申者当館ヘ罷出去ル西洋十月二十三日同十一月四日両度其御方より本邦ヘ荷物御差立相成候節ジヨイントナショナルバンク之手を以て右会社ヘ請合候儀御引合相成候処右請合料百十六磅八シリンク八ペンス今以右海上請合会社へ落手不致趣申出候
  • 作成年月日明治5年10月~明治6年1月
  • 作成者寺嶋大弁務使//弁務書記//正院//吉田大蔵大輔清成//木戸副使//書記官//ファンドルウーヘン//岩倉大使//伊藤博文//司法理事官佐々木高行//大原令之助//サールス、ウエスト、フイールト//陸軍理事官山田顕義//長野桂二郎//肥田濱五郎//大蔵理事官田中光顕//林董三郎//司法権少輔長野文炳//原田一道//文部理事官田中不二麿//肥田製作頭為良//野口富蔵
  • 組織歴太政官//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017136000

閲覧

[規模]74

  • [所蔵館における請求番号]単00259100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]都児格之義は欧洲各国とハ其政俗法教共迥ニ遥庭御座候得共数十年来修好結盟互ニ往来いたし殊ニ千八百五十六年巴里会盟以来別而交際も密に相成り候は申上候迄ニも無之候右体殊政異教之国を以結交同盟候事其交際振大ニ御国ニ髣髴候場合も可有之随而同国従前現今外人取扱向之模様実地取調候上御国御交際上ニおゐて御参考可相成廉ニも可有之と兼々存込罷在候間先頃米国御滞在中粗志願之趣申上候通各国御歴聘相済候後両三月も引残り彼国江罷越其辺実況見聞仕度奉存居候処米英御滞在も存外期日相延此上各国御巡歴相成候節は余程之時日相懸り可申ハ勿論従而御入費も不少既ニ理事官随行之向帰朝被命候位之事ニ付両三月たりとも私共引残罷在候儀如何可有之哉と心配仕候
  • 作成年月日明治5年10月~明治6年2月
  • 作成者田辺太一//鮫島弁理公使//木戸副使//書記官//少議生安川繁成//中議生鈴木貫一//少議官小室信夫//少議官高崎正風//中議官西岡逾明//文部理事官田中不二麿//特命全権大使//大島鉱山助//戸籍頭田中光顕//野口富蔵//原田一道//特命全権使節//大蔵理事官田中光顕//塩田三郎//伊藤//大久保大蔵卿//特命全権大副使//租税寮七等出仕宮内省兼勤由良守応//外務中録兼松直稠//福井順//会計掛//木戸孝允//在英公使館書記//関澤明清//岩倉大使//寺島宗則
  • 組織歴太政官//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017136200

閲覧

[規模]103

  • [所蔵館における請求番号]単00260100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]一金一門五千磅右ハ此度ボールス会社破滅およひ候ニ付諸官員并書生預ケ金追テ裁判相済候迄差向拝借或は取替等之為オリヤンタル会社ニおゐて大蔵省之名前を以借用候事借用方は吉田少輔より及示談受取方の義は田中理事官へ可申付尤右一万五千磅之高及示談買入用之都度々受取候様取計候事理事官並随行之面々拝借或ハ取替等ニテ相渡候金高預ケ高又ハ事実ニ基キ使節方一同評議処置可有之事留学生之分ハ寺島鮫島両弁務使え申達両人より取調差出候書面ニ基キ評議処置可有之事 壬申十月 岩倉公 木戸公 大久保公 伊藤公 山口公 今般アメリカンジョンイトナショナルエビンシー閉店ニ付諸官員并生徒預ケ金追テ裁判相済候迄差向拝借或ハ立替之為大蔵省之名義を以東洋銀行より英金一万五千封度借用之義御決議相成候ニ付
  • 作成年月日明治5年10月29日~明治6年1月22日
  • 作成者吉田大蔵少輔清成//特命全権大使正二位岩倉具視//特命全権副使従三位木戸孝允//特命全権副使従三位大久保利通//特命全権副使従四位伊藤博文//特命全権副使従四位山口尚芳//グラウェルン//特命全権使節//事務局//中山信彬//瓜生震//肥田造船頭//書記官//司法大輔佐々木高行//松邨文亮//陸軍理事官山田顕義//阿部潜//田中大蔵理事官//田中文部大丞//勧農助由良守応//戸田三郎//寺島大弁務使//権少外使久米邦武//大原令之介//孛国教頭某//少議生安川繁成//中議生鈴木貫一//少議官小室信夫//少議官高崎正風//中議官西岡逾明//石見鑑造//由利公正//大島鉱山助//福井順三//大蔵省派出英国留学生徒正木退蔵//手島精一//沖守固//工部省七等出仕土山藤次郎//伊藤//田中文部理事官//田中戸籍頭光顕//何禮之//塩田篤信//田辺太一//内海忠勝//野村靖//視察議官議生//左院//工部省鉄道少属瓜生雷吉//大久保大蔵卿//野口富蔵//外務省//女皇陛下ノ宮内卿
  • 組織歴太政官//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017136800

閲覧

[規模]98

  • [所蔵館における請求番号]単00263100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]大日本国ト魯国トノ間ニ取結ベル条約改定ノ期限已ニ至レルヲ以テ魯政府ヨリ其ノ日本在留ノ全権公使ニ其談判ノ全権ヲ委任サレタレハ条約改正ノ談判ハ吾曹帰国ノ上都テ協議審定スベキニヨリ今日之レヲ殿下ノ前ニ陳述スルモ遂ニ画餅ニ帰スベシト雖トモ日本政府ニ於テ改定ヲ要スル要権ヲ御承知ナサレ度トノ御請求ニ応シ左ニ陳述致ス天皇陛下ノ手書ニ略載スルカ如シ今其大目ヲ揚クル ○従来ノ条約ニ依レハ我国ニ在留スル魯西亜国民ハ其自国ノ法ヲ奉シ辞訟罪犯共ニ魯西亜領事ニ於テ其裁判ノ権ヲ有セリ今日本政府新ニ裁判所ノ法ヲ改メ其ノ巳レノ国ニ於テ大妨碍アラサルハ尽ク則ヲ西国ニ取リ至公至正ノ律ヲ建ントス此法一タヒ立ツノ後ハ我国ニ在留スル魯西亜国民ハ我国ノ法ヲ遵奉シ我国ノ法ノ保護ヲ受クベシトノコトヲ新ニ約セントスルコト
  • 作成年月日明治6年1月20日~明治6年12月20日
  • 作成者伊藤//大久保大蔵卿//鮫島尚信//正二位岩倉具視//青木周蔵//正院//木戸孝允//在威府弁理公使佐野常民//佐野副総裁//書記官//書記当直//小松燾盛//田中理事官光顕//渋澤喜作//鮫島弁理公使//太政官//全権公使寺島宗則//吉田大蔵少輔//寺嶋大弁務使//近藤真耡
  • 組織歴太政官//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017140400

閲覧

[規模]102

  • [所蔵館における請求番号]単00281100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]正院第一号 太平洋郵船便ヲ以一筆致啓上候聖上益御機嫌克御座被為在恭頌之至奉存候各位弥御精励御奉職遥祝此事ニ御座候随而鄙職等横浜出帆以来海上風浪静穏本月六日桑港到着候処当港士民格別之懇遇ニ付米公使デロンク氏ヨリ中立候趣モ有之意外数日之覊滞と相成加之轍路阻雪漸ク明二十二日当所発程華盛頓府ニ相越候積御座候委曲は別紙略日記ニテ御承知被下度候 一兼而森少弁務使ニ御委任相成居理財家雇入之儀当国政府え引合之末ウリアムスと申もの雇入相成当郵船ヲ以御国え発程仕候幸本人当港マデ出張致居委曲面談之上同人兄をも御雇入相成候事ニ決定仕候詳細之事情ハ大久保利通伊藤博文ヨリ大蔵省え申遣候間左様御承知被下度候其他当運上所官員両名も御雇入ニ決定仕候
  • 作成年月日明治4年12月19日~明治6年2月6日
  • 作成者外務少輔山口尚芳//伊藤博文//大蔵卿大久保利通//参議木戸孝允//右大臣岩倉具視//渡辺洪基//田辺太一//大副使//大使岩倉具視//副使木戸孝允//副使山口尚芳//副使大久保利通//副使伊藤博文//書記官
  • 組織歴太政官//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017141200

閲覧

[規模]129

  • [所蔵館における請求番号]単00285100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]正院第一号 太平洋郵船ヲ以一筆被啓上候 聖上益御機嫌克御座被為在恭頌之至奉存候各位弥御精励御奉職遥祝此事ニ御座候随而鄙職等横浜出帆以来海上風浪静穏本月六日桑港到着候処当港士民格別之懇遇ニ付米公使デロンク氏ヨリ申立候趣も有之意外数日之覊滞と相成加之轍路阻雪漸ク明二十二日当所発程華盛頓府ニ相越候様御座候委細は別紙略日記ニテ御承知被下度候 一兼而森少弁務使ニ御委任相成居理財家雇入之儀当国政府之引合之末ウリヤムスと申もの雇入相成当邦船ヲ以御国え発途仕候幸本人当港迄出張致居委曲面談之上同人兄をも御雇入相成候事に決定仕候詳細之事情ハ大久保利通伊藤博文より大蔵省え申遣候間左様御承知被下度候其他当運上所官員両名も御雇入ニ決定仕候此又両人より委細申遣候事ニ御座候
  • 作成年月日明治4年12月~明治6年7月
  • 作成者外務少輔山口尚芳//伊藤博文//大蔵卿大久保利通//参議木戸孝允//右大臣岩倉具視//渡辺洪基//田辺太一//大副使//大使岩倉具視//副使木戸孝允//副使山口尚芳//副使大久保利通//副使伊藤博文//使節五名
  • 組織歴太政官//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017147400

閲覧

[規模]86

  • [所蔵館における請求番号]単00316100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]遣唐大使ノ典ハ既ニ古シ大阿柄ヲ倒ニシテ外交ノ礼殊ニ体面ヲ涴ス祅教禍ヲ防キ鎖国ノ令久ク国運ヲ縮ム皇上龍飛政治豹変肇テ開国ノ規模ヲ弘ニシ文明ノ徳化ヲ宣ヘ是ニ於テ明治四年辛未十月特命全権大使ヲ命シ欧米ノ締盟諸国ニ遣シ即位以来ノ聘問ヲ修メ反正而後ノ治体ヲ告ケ列国ノ公法ニ基キ独立自主ノ国権ヲ全クシ交際ノ礼節ニ因リ和親貿易ノ友誼ヲ篤クス寔ニ無前ノ盛旨ニシテ曠代ノ偉挙タリ夫「アンバッサトル」ヲ派遣スルハ欧米輔車唇歯ノ諸国ニ於テモ猶希ニ有ル隆典ト称ス況ヤ我邦千古ノ廃典ヲ挙ケ一視同仁ヲ図ルヲヤ故ニ各省皆理事官ヲ撰抜シ随行シテ文明諸国ノ文物ヲ観察廉訪セシム大使ノ至ル処各国ノ皇帝及ヒ政府人民ミナ意ヲ加ヘテ優待敬遇シ益両国ノ親睦ヲ厚クシ交際貿易ノ年ニ盛ナランコトヲ望マサルナシ
  • 作成年月日明治4年9月~明治10年1月
  • 作成者外務大丞田辺太一//権少史金井之泰//権少史久米邦武//山口外務少輔//寺嶋外務大輔//岩倉外務卿//右大臣岩倉其外//参議//太政官//正院//戸籍頭田中光顕//陸軍少将山田顕義//造船頭兼製作頭肥田為良//宮内省//式部寮//田中文部大丞//佐々木司法大輔//神奈川県知事陸奥宗光//太政大臣三条実美//大蔵少輔吉田清成//大蔵少輔井上馨//大蔵卿大久保利通//井上大蔵大輔//伊藤//司法省
  • 組織歴太政官//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017148400

閲覧

[規模]88

  • [所蔵館における請求番号]単00321100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]正院第一号 太平洋郵船ヲ以テ一筆致啓上候 聖上益御機嫌克御座被為在恭頌之至奉存候各位弥御精励御奉職遙祝此事ニ御座候随テ鄙職等横浜出帆以来海上風浪静穏本月六日桑港到着候処当港士民格別之懇遇ニ付米公使デロンク氏ヨリ申立候趣モ有之意外数日之覊滞ト相成加之轍路阻雪漸ク明二十二日当所発程華盛頓府ニ相越候様御座候委細ハ別紙略日記ニテ御承知被下度候 一兼テ森少弁務使ニ御委任相成居理財家雇入ノ儀当国政府エ引合之末ウリヤムスト申モノ雇入相成当邦船ヲ以テ御国エ発途仕候幸本人当港迄出張致居委細面談之上同人兄ヲモ御雇入相成候事ニ決定仕候詳細之事情ハ大久保利通伊藤博文ヨリ大蔵省エ申遣候間左様御承知被下度候其他当運上所官員両名モ御雇入ニ決定仕候此又両人ヨリ委細申遣候事ニ御座候
  • 作成年月日明治5年1月12日~明治6年7月3日
  • 作成者外務少輔山口尚芳//伊藤博文//大蔵卿大久保利通//参議木戸孝允//右大臣岩倉具視//大副使//書記官
  • 組織歴太政官//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017148800

閲覧

[規模]232

  • [所蔵館における請求番号]単00323100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]条約談判書目次 米国ノ部 一米国々務尚書ト内話筆記 一条約改正ノ儀ニ付第一回談判筆記 一第一回談判ノ節大使ヨリ差出シタル口啓眼目 一同断将来合衆国ト日本国トノ間ニ於テ取極ムヘキ条約ノ草案 一第二回談判筆記 一第二回談判ノ節国務尚書ヨリ差出シタル条約改正再議ノ案 一第三回談判筆記 一第三回談判ノ節大使ヨリ差出シタル条約改正ケ条案 一第四回談判筆記 一国務尚書ヨリ差出シタル各国政府ニ乞フテ欧洲ノ或ル地ニ会議セシムルノ方略 一同断英国及ヒ米国ヘノ国書案 一同断宣示案 一プラツト」ヨリ森弁務使ヘノ書翰 一両副使帰朝ニ付国務尚書ヘノ演舌大意 一国務尚書ヨリ差出セシ条約改正ケ条案ニ答ヘタル書面ノ談判決定ニ至ルマテノ討議慨略
  • 作成年月日明治5年2月13日~明治6年6月25日
  • 作成者使節附属フルークス//使節随行ブルークス//日本岡士兼使節附属チヤレスブルツクス//外務上相某//伊藤博文//大蔵卿大久保利通//太政大臣従一位三條實美//外務卿輔//臣ブランド//ペシン、スミッス
  • 組織歴太政官//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017149000

閲覧

[規模]24

  • [所蔵館における請求番号]単00324100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]約定 今般特命全権大使派出ノ一挙ハ洵ニ不容易大事業ニテ全国ノ隆替皇運ノ泰否ニ関係スル事ナレハ中朝ノ官員派出ノ使員ト内外照応気脈貫通一致勉力セサレハ成功難奏万一議論矛盾シ目的差違ヲ生スル時ハ国事ヲ誤リ国辱ヲ醸スヘキニ由リ爰ニ其要旨ノ条件ヲ列シ其事務ヲ委任担当スル諸官員連名調印シ一々遵奉シテ之ニ違背スルナキヲ証ス 第一款 御国書並遣使ノ旨趣ヲ奉シ一致勉力シ議論矛盾目的差違ヲ生スヘカラス 第二款 中外要用ノ事件ハ其時々互ニ報告シ一月両次ノ書信ハ必ス欠クヘカラス 第三款 中外照応シテ事務ヲ処置スル為メ特ニ大使事務管理ノ官員ニ命シテ之ニ従事セシメ来歳大使帰国ノ上ハ中朝事務ニ任スル官員ト共ニ理事官等ニ交代シテ外国ニ派出セシムヘシ
  • 作成年月日明治4年10月~明治4年11月
  • 作成者太政大臣三條實美//右大臣岩倉具視//参議西郷隆盛//参議木戸孝允//参議大隈重信//参議板垣正形//議長後藤元燁//神祇大輔福羽美静//外務卿副島種臣//大蔵卿大久保利通//大蔵大輔井上馨//兵部大輔山縣有朋//文部卿大木喬任//伊藤博文//司法大輔佐々木高行//司法大輔宍戸璣//宮内卿徳大寺實則//開拓次官黒田清隆
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A04017149400

閲覧

[規模]166

  • [所蔵館における請求番号]単00326100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]各理事官并随行之面々江 兼テ被仰付候事務取調一通リ出来候向者帰朝可被致尤其時々可被届出此段為心得相達置候也 明治五年壬申七月十九日 特命全権大副使 右之通相達候様致シ度可否之賢考相伺度候也 岩倉具視 副使各位諸君 本日両通ニ相認メ一通ハ大蔵司法工部其外随行倫敦在留之向ヘ一通ハ宮内陸軍文部大地在留之向ヘ相達ス 岩倉 木戸 大久保 伊藤 山口 大原令之助 三等書記官被免随行之心得ヲ以テ外政事務取調之為使節帰朝迄英国ニ滞在申付候事 明治五年壬申七月十九日 特命全権大副使 本日当人江辞令相渡シ会計掛ヘ達ス 別紙新島七五三太之義ニ付奉伺候書面御下ケ相成熟読勘弁仕候処一体書記官ヨリ随行被仰付候者之義ニ付テハ此程ヨリ被仰出候御趣意モ御座候間
  • 作成年月日明治5年6月2日~明治6年1月22日
  • 作成者特命全権大副使//特命全権大使正二位岩倉具視//書記官//特命全権副使従三位木戸孝允//特命全権副使従三位大久保利通//特命全権副使従四位伊藤博文//特命全権副使従四位山口尚芳//司法大輔佐々木高行//東久世通禧//アル、エス、スローン//弁務使//山田理事官//山田兵部理事官//内海精一//野村靖//大蔵理事官田中光顕//肥田造船頭//大島高任//中山信彬//長野桂二郎//狛林之助//使節事務局//野口富蔵//瓜生震//福地源一郎//小松燾盛//石見鑑造//由利公正//阿部潜//沖守固//手島精一//村田経満//森有禮//文部中教授入江文郎//宮内理事官//吉田大蔵少輔清成//司法権中判事平賀義質//頭取シー、ゼー、エフ、スチュアルト//グラウェルン//特命全権使節//事務局//松村文亮//陸軍理事官山田顕義//田中文部大丞//勧農助由良守応//戸田三郎//寺島大弁務使//権少外史久米邦武//大原令之介//孛国教頭某//少議生安川繁成//中議生鈴木貫一//少議官小室信夫//少議官高崎正風//中議官西岡逾明//大島鉱山助//福井順三//大蔵省派出英国留学生徒正木退蔵//工部省七等出仕土山藤次郎//伊藤//田中文部理事官//田中戸籍頭光顕//何禮之//塩田篤信//田辺太一//内海忠勝//野村靖//視察議官議生//左院//工部省鉄道少属瓜生雷吉//大久保大蔵卿//外務省//女皇陛下ノ宮内卿
  • 組織歴太政官//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017149600

閲覧

[規模]111

  • [所蔵館における請求番号]単00327100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]一簡啓上イタシ候陳ハ今般本邦文部省ヨリ之来翰ニハ海外留学生改正之儀正院ヘ建言相成其趣意ハ既ニ外国ニ於テ専門学ニ従事罷在候者丈初等留学生ト相定メ其余ハ都テ帰朝可為致儀弁務使エ相達度トノ趣ニテ不遠内右之処分ニ可相運之由右之書簡同省ヨリ御一行又ハ其地弁務館ヘモ来着イタシ候若シ来書無之候ハヽ右写差出可申候間此段御問合ニ及候也 第十二月二十四日 寺嶋大弁務使 全権大副使御中 然者今日当府海上請合会社ヨリ「アデルメン」ト申者当館ヘ罷出去ル西洋十月二十三日同十一月四日両度其御方ヨリ本邦ヘ荷物御差立相成候節ジヨイントナショナルバンク之手ヲ以テ右会社ヘ請合候儀御引合相成候処右請合料百十六磅八シリンク八ペンス今以右海上請合会社へ落手不致趣申出候
  • 作成年月日明治5年10月~明治6年2月
  • 作成者寺嶋大弁務使//弁務書記//正院//吉田大蔵大輔清成//木戸副使//書記官//ファンドルウーヘン//岩倉大使//伊藤博文//司法理事官佐々木高行//大原令之助//サールス、ウエスト、フイールト//陸軍理事官山田顕義//長野桂二郎//肥田濱五郎//大蔵理事官田中光顕//林董三郎//司法権少輔長野文炳//原田一道//肥田製作頭為良//野口富蔵//田辺太一//鮫島弁理公使//少議生安川繁成//中議生鈴木貫一//少議官小室信夫//少議官高崎正風//中議官西岡逾明//文部理事官田中不二麿//特命全権使節//大島鉱山助//戸籍頭田中光顕//塩田三郎//伊藤//大久保大蔵卿//特命全権大副使//租税寮七等出仕宮内省兼勤由良守応//外務中録兼松直稠//福井順//会計掛//木戸孝允//在英公使館書記//関澤明清//寺島宗則
  • 組織歴太政官//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017149800

閲覧

[規模]118

  • [所蔵館における請求番号]単00328100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]千八百六十二年日本使節始メテ欧洲ヘ御渡航ノ節御一行ノ人々ヨリ御用被仰付其後千八百六十四年使節当府ヘ二ヶ年間御滞留相成候節モ前使節ノ御用正直ニ相達シ候故御着以来私店ヘ御用被仰付候就テハ御国人最初御着用相成候欧羅巴風ノ衣服ハ皆私店ニテ御調相成居申候千八百六十六年ノ末魯国ヘ界談判ノ為御越ノ使節モ当府ヘ御滞留中ハ数度私店ヘ御光来相成私儀御用相達シ申候千八百六十七年博覧会御見物ノ為メ使節当府ヘ御越ノ節モ御衣服其外御用被仰付終ニハ商用而已ナラス他ノ御用モ相達候様仰蒙リ是ハ全ク私儀正実ニ御用相勤来候故ニ可有之候其後御発足ノ時ニ当リ当政府用達ノ名ヲ以テ御用達被仰付候
  • 作成年月日明治6年1月20日~明治6年12月20日
  • 作成者フーセー//田辺太一//安藤太郎//木戸孝允//獨逸伯林府出張鮫島弁理公使//福岡県赤星研造//福井順三//在英公使館書記官//野口富三//伊藤博文//大久保利通//青木周蔵//近藤鎮//租税寮出仕伊国出張渋澤喜作//田中大蔵理事官光顕//沖守固//伊藤大侍医//福井順//中野健明//在威府弁理公使佐野常民//伊藤//大久保大蔵卿//鮫島尚信//正二位岩倉具視//正院//佐野副総裁//書記官//書記当直//小松燾盛//太政官//全権公使寺島宗則//吉田大蔵少輔//寺嶋大弁務使//近藤真耡
  • 組織歴太政官//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017170200

閲覧

[規模]83

  • [所蔵館における請求番号]単00419100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]欧米派出大使御用留之内 日本在留各国公使書翰往復并応接記 外務省調 辛未十月 米仏ハ九日魯ハ十三日其他ハ十四日達ス 一各国公使え之書翰 以手紙致啓上候然者我天皇陛下即位以来和親之各国ニ未タ聘問之礼ヲ修メサルヲ以テ右大臣岩倉具視ヲ特命全権大使トシ参議木戸孝允大蔵卿大久保利通伊藤博文外務少輔山口尚芳ヲ特命全権副使トシ締盟の各国ニ派出シ聘問ノ礼ヲ修メ益々両国特好ノ情誼ヲ厚クセント欲ス然而貴国と取結たる条約改定ノ期限近きに在るを以て右使臣派出之便ニ由り併而我政府之目的期望する旨を貴国政府ニ陳述して其考案を乞んとす
  • 作成年月日明治4年10月13日~明治5年5月25日
  • 作成者外務大輔寺嶋宗則//外務大記花房義質//外務少丞田辺太一//岩倉具視//英国代理公使エフ、オ、アダムス//瑞西連邦総領事シ、ブレン、ワルト//瑪港鎮台兼日本事務全権公使アントニオセルジオデソーサ//外務卿副島種臣//日本在留瑞西列国総領事シ、ブレンウヲルド//フイブリヨロドリゲズイムノズ//仏国代理公使コントトチユレンス//独乙国弁理公使フオンブランド//エウゲニー。ビューワオフ//ファンドルフウーヘン//西班牙代理公使ヒフリヲ、ロドリゲゼモノス//伊太利国特派全権公使コントアンサントロフエ//米利堅合衆国代理公使勤方シーヲセハルト//墺地利国弁理公使ヘンリーカリツセ
  • 組織歴外務省//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017170400

閲覧

[規模]105

  • [所蔵館における請求番号]単00420100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]欧米派出大使御用留之内 勅旨御委任状 諸省見込為心得御達 御沙汰御下知太政官往復 旅費并進贈品代価大蔵省ヨリ請取高共 外務省調 未十月八日 外務省御中 式部寮 右大臣岩倉具視 特命全権大使トシテ欧米各国江被差遣候事 参議木戸孝允 大蔵卿大久保利通 伊藤博文 外務少輔山口尚芳 特命全権副使トシテ欧米各国江被差遣候事 外務少輔山口尚芳 叙従四位 外務少丞田辺太一 外務大記塩田篤信 福地源一郎 今般特命全権大使欧米各国江被差遣候ニ付一等書記官として随行被仰付候事 外務大記柴田昌吉 外務少記渡辺洪基 此一名三等書記官之事 川路簡堂 小松濟治 今般特命全権大使欧米各国江被差遣候ニ付二等書記官として随行被仰付事右ノ通本日御沙汰相成候条此旨相達候也
  • 作成年月日明治4年10月8日~明治5年6月7日
  • 作成者式部寮//睦仁//太政大臣従一位三條實美//右大臣岩倉具視//参議西郷隆盛//参議木戸孝允//参議大隈重信//参議板垣正形//議長後藤元燁//神祇大輔福羽美静//外務卿副島種臣//大蔵卿大久保利通//大蔵大輔井上馨//兵部大輔山縣有朋//文部卿大木喬任//伊藤博文//司法大輔佐々木高行//司法大輔宍戸璣//宮内卿徳大寺實則//開拓次官黒田清隆//太政官//大蔵少輔吉田清成//司法省//外務省//史官//土方大内史//正院
  • 組織歴外務省//内閣

No.

[レファレンスコード]A04017171200

閲覧

[規模]88

  • [所蔵館における請求番号]単00424100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]遣唐大使ノ典ハ既ニ古シ大阿柄ヲ倒ニシテ外交ノ礼殊ニ体面ヲ涴ス祅教禍ヲ防キ鎖国ノ令久ク国運ヲ縮ム皇上龍飛政治豹変肇テ開国ノ規模ヲ弘ニシ文明ノ徳化ヲ宣ヘ是ニ於テ明治四年辛未十月特命全権大使ヲ命シ欧米ノ締盟諸国ニ遣シ即位以来ノ聘問ヲ修メ反正而後ノ治体ヲ告ケ列国ノ公法ニ基キ独立自主ノ国権ヲ全クシ交際ノ礼節ニ因リ和親貿易ノ友誼ヲ篤クス寔ニ無前ノ盛旨ニシテ曠代ノ偉挙タリ夫「アンバッサトル」ヲ派遣スルハ欧米輔車唇歯ノ諸国ニ於テモ猶希ニ有ル隆典ト称ス況ヤ我邦千古ノ廃典ヲ挙ケ一視同仁ヲ図ルヲヤ故ニ各省皆理事官ヲ撰抜シ随行シテ文明諸国ノ文物ヲ観察廉訪セシム大使ノ至ル処各国ノ皇帝及ヒ政府人民ミナ意ヲ加ヘテ優待敬遇シ益両国ノ親睦ヲ厚クシ交際貿易ノ年ニ盛ナランコトヲ望マサルナシ
  • 作成年月日明治4年9月~明治10年1月
  • 作成者外務大丞田辺太一//権少史金井之泰//権少史久米邦武//山口外務少輔//寺嶋外務大輔//岩倉外務卿//右大臣岩倉其外//参議//太政官//正院//戸籍頭田中光顕//陸軍少将山田顕義//造船頭兼政策頭肥田為良//宮内省//式部寮//田中文部大丞//佐々木司法大輔//神奈川県知事陸奥宗光//太政大臣三条実美//大蔵少輔吉田清成//大蔵少輔井上馨//大蔵卿大久保利通//井上大蔵大輔//伊藤//司法省
  • 組織歴太政官//内閣


PAGE TOP