アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

階層から検索する

検索条件 : 黌舎

絞り込み検索

アジ歴グロッサリー内検索【 グロッサリー内検索について 】
アジ歴グロッサリーでサイト内検索を行います。
アジ歴グロッサリーとは
アジ歴で資料を検索する際のテーマ別歴史資料検索ナビです。テーマ別にキーワード一覧、地図、組織変遷表、年表等から、お探しの資料や関連資料にスムーズにアクセスすることができます。
< 現在公開中のテーマ >
・公文書に見る終戦 -復員・引揚の記録-
・公文書に見る戦時と戦後 -統治機構の変転-
・公文書に見る外地と内地 -旧植民地・占領地をめぐる人的還流-
・公文書にみる明治日本のアジア関与 -対外インフラと外政ネットワーク-

項目とキーワードを指定

作成年月日

元号西暦対照表

検索する資料

所蔵機関

種別

言語

文書の機密レベル

資料群を指定

該当件数:106件( 1-20 件目を表示 )

サムネイル表示

CSVダウンロード

表示件数

表示順

閲覧ボタンにマークがある場合は、外部サイトにリンクします。

No.
レファレンスコード
概要

No.

[レファレンスコード]A07061270400

閲覧

[規模]2

  • [所蔵館における請求番号]記00635100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]明治十五年九月十一日 第一局 主任 属 掛参議 書記官 別紙海軍省上申十五年度已降費ヲ廃シ艦船製造修覆費ヘ流用ノ件ハ檻船製造費ノ不充分ナル就中漸々檻船ノ古損不少多額ノ修覆費ヲ要シ故、新檻製造ノ竣功ニ至リ太タ苦@処横須賀造船所@舎生徒ノ内士官生ハ追々成業ニ及ヒ職工生徒ノ儀ハ作業ニ従事候ニ付本年度以降該生徒ニ係ル費用ハ営業費中ヲ以テ支弁シ通常経費予算中@舎金六千円ハ檻船製造修覆費ノ方ト振替支弁致ン度ノ趣ニ有之大蔵卿副申ニ於テルモ異議ナキ趣ンシテ別ニ不都舎モ无之儀ト被存候間御聴許相成可然左案ヲ付ン仰高裁候也 御指令案 上請ノ趣聞届候事 会計検査院大蔵省ヘ通牒

    No.

    [レファレンスコード]A15070173600

    閲覧

    [規模]1

    • [所蔵館における請求番号]太00023100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]四年文部省第一年報
    • 作成年月日明治4年
    • 組織歴太政官

    No.

    [レファレンスコード]A15110095500

    閲覧

    [規模]2

    • [所蔵館における請求番号]類00018100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]十五年二月二十四日造船所雇飯田熊吉徴兵免除海軍省上請神奈川県下武蔵国久良岐郡金沢町屋村第三百拾七番地平民飯田寅吉弟飯田熊吉明治十四年十二月十九日七ケ月右者当省所轄造舩所雇申付該所組立掛従事為致候者ニ候処徴兵適齢ニ候得共本人儀ハ明治八年以来同所ニ於テ機械学卒業ノ末雇申付諸機会製造ノ現務ニ従事余人ヲ以テ代ベカラザル業務ヲ奉スル者ニ付徴兵令第三十一条ニ照準徴兵免除相成様致度此段仰御特裁候也十四年十二月二十六日上請ノ趣聞届候事十五年二月二十四日陸軍省ヘ照会第二局主査別紙海軍省上請海軍造舩所雇飯田熊吉徴兵免除ノ儀其省意見可被申出此旨及照会候也十五年一月九日陸軍省上答別紙海軍省伺海軍造舩所雇飯田熊吉徴兵免役ノ儀意見可申出御照会ノ趣致承知候右ハ造舩所定雇ニ非サレハ徴兵免役不相成筈ニ候処飯田熊吉儀造舩所ニ於テ機会学ヲ卒業シ現ニ機械製造ニ従事致候付余人ヲ以テ代フヘカラサル者ニ候ヘハ徴兵令三十一条ニ拠リ平時免役相成可然儀ト存候仍テ意見及上申候也十五年二月四日
    • 作成年月日明治15年2月24日
    • 組織歴内閣

    No.

    [レファレンスコード]A15110152800

    閲覧

    [規模]3

    • [所蔵館における請求番号]類00028100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]十五年十月十四日海軍省十五年度以降費ヲ廃シ艦船製造修覆費ヘ流用ヲ請フヲ許ス海軍省上請当省十五年度経費中艦船製造費増額ノ義曩ニ上請ノ員額ハ御允准不相成既ニ十五年度経費定額金ノ内ヲ以テ支弁スヘキ旨御裁令有之候処該費ノ素ヨリ不充分ナルハ最前ノ上陳之通就中漸々艦船ノ古損不少多額ノ修覆費ヲ要シ故ニ新艦製造ノ竣功ニ妨害セル実際ニ立至リ太タ苦慮仕候折柄横須賀造船所生徒ノ内士官生徒ノ儀ハ追々成業ニ相及ヒ職工生徒ノ儀ハ専ラ作業ニ従事勉学致シ候運ヒニ付十五年度以降該生徒ニ係ル費用ハ営業費内ヲ以テ弁給シ而シテ通常経費予算中金六千円ハ艦船製造修覆費ノ方ト振替支弁仕度候条至急御許容相成度此段上稟仕候也十五年八月十一日上請ノ趣聞届候事十五年十月十四日
    • 作成年月日明治15年10月14日
    • 組織歴内閣

    No.

    [レファレンスコード]A15111145900

    閲覧

    [規模]5

    • [所蔵館における請求番号]類00260100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]五月二十四日海軍省令海軍一般第三十五号横須賀造船所官制左ノ通定ム十九年五月二十四日横須賀造船所官制第一条横須賀造船所ハ横須賀鎮守府ノ管理ニ属シ作業費ヲ以テ艦船機関及其属具ヲ製造修理スル所トス第二条横須賀造船所ニ造船科機械科艤装科建築科計算課倉庫ヲ置ク第三条横須賀造船所ニ左ノ職員ヲ置ク所長一人大中佐次長一人技師所内一科ノ長ヲ兼子シム所長専属員十二人属造船科長一人技師造船科主幹三人技師造船科属員四人属一人技手三人造船科工場長五人技手造船科工場掛十九人以内技手機械科長一人技師機械科主幹三人技師機械科属員四人属一人技手三人機械科工場長七人技手機械科工場掛十五人以内技手艤装科長一人少佐或大尉艤装科主幹一人大中尉
    • 作成年月日明治19年5月24日
    • 組織歴内閣

    No.

    [レファレンスコード]A15111524700

    閲覧

    [規模]1

    • [所蔵館における請求番号]類00349100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]五月二十八日海軍省横須賀造船所規則取調委員ヲ命ス海軍省辞令海軍大技士臼井藤一郎横須賀造船所規則取調委員被仰付二十一年五月二十八日
    • 作成年月日明治21年5月28日
    • 組織歴内閣

    No.

    [レファレンスコード]A15111525100

    閲覧

    [規模]1

    • [所蔵館における請求番号]類00349100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]十月二十六日海軍省横須賀造船所規則取調委員ヲ命ス海軍省辞令海軍教授熊谷孝横須賀造船所規則取調委員被仰付二十一年十月二十六日
    • 作成年月日明治21年10月26日
    • 組織歴内閣

    No.

    [レファレンスコード]A15111731300

    閲覧

    [規模]7

    • [所蔵館における請求番号]類00397100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]法制局行勅第四三号五月八日行政部第七七号五月九日官房第五三〇号海軍造船工学校官制御制定ノ件今般提出候鎮守府条例裁可公布ノ上ハ現行横須賀造船所官制ハ自然消滅ニ属スル義ニ候処該造船所ニ於テハ従来ヲ設ケ造船職工ヲ教育シ来候右ハ該職業ヲ教授スルノ学校他ニハ無之将来モ必要ノモノナリ故ニ特ニ横須賀ニ造船工学校ヲ設ケ現在ニ引継キ職工教育致サセ度候ニ付別紙案ノ通官制被定度此段呈閣議候也明治二十二年五月七日海軍大臣伯爵西郷従道内閣総理大臣伯爵黒田清隆殿海軍造船工学校官制第一条海軍造船工学校ハ横須賀鎮守府造船部内ニ設ケ工夫ヲ教育スル所トス第二条海軍造船工学校ノ事務ハ総テ横須賀鎮守府造船部ニ於テ管理ス第三条海軍造船工学校ニ左ノ職員ヲ置ク
    • 作成年月日明治19年5月24日~明治22年5月28日
    • 作成者海軍大臣伯爵西郷從道//内閣總理大臣
    • 組織歴内閣//海軍省//法制局

    No.

    [レファレンスコード]A15112103000

    閲覧

    [規模]1

    • [所蔵館における請求番号]類00501100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]八月二十三日官報抄録学習院四谷尾張町新築出来ニ附キ来ル九月三日ヨリ移転ス但シ同月十一日ヨリ四谷本校及上野分校共授業ヲ始ム明治二十三年八月二十三日学習院
    • 作成年月日明治23年8月23日
    • 組織歴内閣

    No.

    [レファレンスコード]B12081867100

    閲覧

    [規模]5

    • [所蔵館における請求番号]B-3-10-2-1_001(所蔵館:外務省外交史料館)
    • [言語]日本語
    • [内容]明治三十二年十月十日 加州パロ、アルトニ於ケルスタンフホルド大学及牧馬場ニ関スル報告 公信第一四八号 受第二三二一三号 加州パロ、アハトニ於ケルスタンフホルド大学及牧馬場スタンフホルト大学 桑港ヲ距ル南方三十四哩ナル「パロ、アルト」ニ所立ノスタシフホルド大学ト称スルハ「バルクレー」州立大学ト対峙シテ当州ニ於ケル教育上最高機関ヲ為スモノトス柳モ該大学ハ一千八百八十四年故レアンド、スタンフホルド氏(当州著名ノ富豪ニシテ曽テ加州選出合衆国上院議員タリ)夫妻カ死亡セル其愛児追念ノ余ニ計劃セリレ翌年中創設ニ関シ諸般ノ手続ヲ了レタル后チ直チニノ建築ニ着手ニ爾来七年ノ星露ヲ経テ峻工スルニ及ヒ一千八百九十一年
    • 作成年月日明治32年10月10日
    • 作成者在桑港領事伯爵陸奥広吉
    • 組織歴外務省

    No.

    [レファレンスコード]C04024997500

    閲覧

    [規模]9

    • [所蔵館における請求番号]陸軍省-大日記-M5-3-23(所蔵館:防衛省防衛研究所)
    • [言語]日本語
    • [内容]第一百拾八号 別紙之通リ候条及御達候也 壬申三月二日 史官 神祇省以下諸省宛 右之別紙 元兵部省ニ陸軍省ヲ置築地海軍所ニ海軍省ヲ被置候事 壬申三月 太政官 右回達諸省回覧済ニ付史官返上ス 工学校略則 工学校定則ノ概略 一工学校之ヲ分ヲ大学小学ノ二校トス 一小学校令年七月十五日ヲ以開校ノ期トス 但造建令五月落成ノ目途ナルカ故ニ爾後ハ開校ノ期限ヲ不待生徒入校スルヲ許ス 一開校後毎年六月十五日ヨリ七月十四日迄十二月二十六日ヨリ翌年正月十迄ヲ以休業ノ次官ト定ム 一小学生徒十三歳ヨリ十七歳ヲ限ル 一二校ノ教官悉ク西洋人ヲ選任ス 一官員生徒ヲ不論校
    • 作成年月日明治5年3月2日
    • 作成者史官//太政官
    • 組織歴陸軍省//兵部省//工學寮

    No.

    [レファレンスコード]C05022640400

    閲覧

    [規模]50

    • [所蔵館における請求番号]海軍省-公文備考-S8-34-4474(所蔵館:防衛省防衛研究所)
    • [言語]日本語
    • [内容]六、三十日司令部高等官ノ昼食ハ各自机上ニ於テナスコト 所要昼食数ヲ二十八日中ニ確カメ置クコト (終) 上 謹ミテ海軍機関学校沿革並ニ現状ノ大要ヲ奏上致シマス 一沿革 明治六年兵学寮ニ初メテ機関科ヲ置カレマシタカ同七年英教師「サツトン」ノ建言ニ基キ機関科生徒ヲシテ横須賀造船所ニ於テ実地ニ就キテ工業ヲ学ハシムコトトナリ主船寮ヨリ横須賀村四番地学黌一棟及向山官舎一棟ヲ分離シテ之ヲ兵学寮ト称セラレマシタ 其後明治十一年分校ヲ横須賀造船所ト交換シテ海軍兵学校附属機関学校ト改称セラレマシタカ同十四年ニ至リ海軍機関
    • 組織歴海軍

    No.

    [レファレンスコード]C06090035900

    閲覧

    [規模]4

    • [所蔵館における請求番号]海軍省-公文備考-M9-4-4(所蔵館:防衛省防衛研究所)
    • [言語]日本語
    • [内容]内乾第三百八十五号 上第五百七十六号 九課之外ニ諸掛ヲ差置御届 修復船掛 製図掛 営舎 医室 右四目ハ先前ヨリ取設置候処今後御渡之事務章程記載之九課中ニ右事務可取扱課ハ無之且左之通之都合モ有之候ニ付テハ其侭従前之通差置申候条此段御届申出置候也 九年九月二十一日 横須賀造船所長 海軍権大丞 遠武秀行 海軍大輔 川村純義殿 修覆船掛 是ハ作業向キ何レノ課ニモ属スヘキ様無之自ラ一種之者ニ付此侭据置申度 製図掛 是ハ造船課中ニモ此掛リヲ差置又機械課中ニモ同シク差置ヘキ筈ニ候処両課ニ差置候節ハ人員引足リ不申随而甲課之者ハ乙課之業ヲ助ケス乙課之者モ甲課之繁簡ニ不関様之実際差閊之事共有之ニ付テハ何レノ課エモ不属シテ
    • 作成年月日明治9年9月21日
    • 作成者横須賀造船庁長 海軍権大丞 遠武秀行 
    • 組織歴海軍省

    No.

    [レファレンスコード]C06090036000

    閲覧

    [規模]1

    • [所蔵館における請求番号]海軍省-公文備考-M9-4-4(所蔵館:防衛省防衛研究所)
    • [言語]日本語
    • [内容]上第五百七十五号 職人営舎等改称之儀ニ付御届 是迄営舎之外別ニ職人営舎並講習舎有之候処自今職人営舎ヲ営舎第一分舎講習舎ヲ第二分舎ト改称候条此段御届申出候也
    • 作成年月日明治9年9月21日
    • 作成者横須賀造船庁長 海軍権大丞 遠武秀行 
    • 組織歴海軍省

    No.

    [レファレンスコード]C06090076500

    閲覧

    [規模]4

    • [所蔵館における請求番号]海軍省-公文備考-M9-9-9(所蔵館:防衛省防衛研究所)
    • [言語]日本語
    • [内容]外坤第七号 造船所中ヘ新ニ職名相設ケ候義ニ付御届案 今般当省文武官等表御改正相成り候ニ付而ハ元主船寮等外出仕等ニ採用致来候生徒之分ハ業生ト称シ職工ノ分ハ工手ト唱ヒ其他職場取締リノ為メ巡吏ヲ置キ何レモ別紙甲乙丙表之通等級給料等ヲ相定メ自今当省所轄造船所中ニ採用致候条此段御届仕候也 明治九年九月七日 海軍大輔 川村純義 右大臣 岩倉具視殿 甲 等級 等外一等相当 等外二等相当 等外三等相当 等外四等相当 職名 一等業生 二等業生 三等業生 四等業生 上等月俸 下等月俸 加俸ハ技術官ト同ク適宜ニ支給ス 乙 一等工手 二等工手 三等工手 四等工手 丙 一等巡吏 二等巡吏 三等巡吏 四等巡吏 加俸ハ技術官加俸八十三級ヨリ
    • 作成年月日明治9年9月7日
    • 作成者川村純義
    • 組織歴海軍省//海軍大輔

    No.

    [レファレンスコード]C06090184300

    閲覧

    [規模]8

    • [所蔵館における請求番号]海軍省-公文備考-M9-17-17(所蔵館:防衛省防衛研究所)
    • [言語]日本語
    • [内容]上第六百十五号 学則改定ニ付ヂユポン江本科教授方申達候御届 本年七月十四日附ニ而御届致置候当学則之儀今般相改メ申候就而ハ傭仏人ヂユポン氏@ハ先般拙官出省之節御口達有之候通本科予科トモ併セテ教授方担員可為致之処実地ニ付キ篤ト勘考仕候得者一人ニシテ両科ヲ兼員候儀ハ事実行届間敷儀ト推量仕候間先ツ本科之方丈ケ申達候儀ニ御座候尤モ予科之分ハ追而サルダー科傭之上請皇国人之内ニ而選抜シ教授方申達候心得ニ御座候条此段併セ而御届ニ及置候也 九年十月三日 横須賀造船所長 海軍権大丞 遠武秀行 海軍大輔 川村純義殿 明治九年十年学期中学舎課並教師生徒人名等取調書 本課三等生 学科 教師 幾何図学 ジュポン 微分積分学
    • 作成年月日明治9年10月3日
    • 作成者横須賀造船所長 海軍権大亟 遠武秀行//造船所
    • 組織歴海軍省//横須賀造船所

    No.

    [レファレンスコード]C06090263500

    閲覧

    [規模]4

    • [所蔵館における請求番号]海軍省-公文備考-M9-23-23(所蔵館:防衛省防衛研究所)
    • [言語]日本語
    • [内容]徃入第九百三十九号 上第七百六十八号 予科生徒東京寄宿所之義御届 予科生徒二十二名開成学校ニ於テ授業之儀御許可済ニ付右寄宿所東京第三大区小四区飯田町五丁目十八番地青木重義所持之家屋別紙之通定約取結借受申候此段御届申出候也 横須賀造船所長海軍権大丞 遠武秀行 九年十二月十一日 海軍大輔 川村純義殿 家屋借受定約書 第一条 横須賀海軍造船所生徒ヲ居住セシムル為メ東京飯田町五丁目十八番地青木重義所有之建家日本造畳建具附坪数九十坪二合五勺明治九年十一月二十二日ヨリ同十年七月迄九ケ月海軍造船所エ借受候事 第二条 右家屋借料トシテ一ヶ月金十五円ヲ各月三十日造船所ヨリ青木重義エ相払フヘキ事
    • 作成年月日明治9年12月12日
    • 作成者横須賀造船所長 海軍大丞 遠武秀行
    • 組織歴海軍省

    No.

    [レファレンスコード]C06090274600

    閲覧

    [規模]2

    • [所蔵館における請求番号]海軍省-公文備考-M9-25-25(所蔵館:防衛省防衛研究所)
    • [言語]日本語
    • [内容]徃入第千六十一号 仁第百七十号 開成学校ヘ入学之造船所生徒病気等之節治療筋之義上申 横須賀造船所生徒之内二十二名開成学校ヘ入学之義御許可済ニ付飯田町五丁目十八番地ニ於テ家作一軒借リ上寄宿為致候云々ハ本月十二日付ヲ以遠武権大丞ト連盟御届仕置申候然ルニ横須賀造船所ニ於テ生徒病気等之節治療筋ハ該所在勤之軍医ニテ取扱ヒ来リ候得共東京ニ寄宿之上ハ右ニ甚タ差仕候ニ付出京之生徒病気之節治療筋ヲ始メ或ハ検査等ヲ要シ候トキハ其都度寄宿生徒取締官員ヨリ翻病院ヘ通知次第該庁詰合医員之内ヲ右寄宿所ヘ差出方等都テ会計局主計学舎之振合ニ相成候様致度其旨至急医務局并ニ本病院ヘ御達被成下度右ハ該両長ヘ照会済此段上申仕候也
    • 作成年月日明治9年12月22日
    • 作成者主船局長 海軍少丞石川利行
    • 組織歴海軍省

    No.

    [レファレンスコード]C06090276800

    閲覧

    [規模]3

    • [所蔵館における請求番号]海軍省-公文備考-M9-25-25(所蔵館:防衛省防衛研究所)
    • [言語]日本語
    • [内容]徃入第千八十四号 第八百○九号 作業費途区分云々ニ付上申出御指令御催促申出 本年九月作業費途区分云々之公達ニ因リ夫々区分手順可相立含ヲ以先ツ上第六百七十六号十一月九日付ヲ以府局校所轄艦船曳方之為メ当所小蒸気船ヲ仕用セル経費并艦船修復其他作業ニ属スル費額ハ其所轄庁ニ於テ直チニ戻シ金相成候義@将タ本省ヨリ御下渡可相成@之云々区分方伺出而メ上第六百九十五号十一月十三日附ヲ以ハ本年七月後ノ平均ヲ以テ@@五葉円元手金トシテ御渡方相成度棟@天城山伐木費之如キモ作業費元手タルカ故ニッコレまで主船局江御渡シ来リ之金額ヲ当所御下ケ渡相成度其他生徒費@@之数モ通常費額内ヨリ御支@相成度旨トモ束ネテ上請致シ且文
    • 作成年月日明治9年12月23日
    • 作成者横須賀造船所長海軍権大丞 遠山秀行
    • 組織歴海軍省//横須賀造船所

    No.

    [レファレンスコード]C06090303400

    閲覧

    [規模]5

    • [所蔵館における請求番号]海軍省-公文備考-M9-28-28(所蔵館:防衛省防衛研究所)
    • [言語]日本語
    • [内容]外入第五十二号 洋第百三十九号 サルター江賜金之儀ニ付伺 教師サルター儀ニ付此程出省之節段々申出置候処其末談判向キ色々差縺レ今ニ決着不仕候得共楢此末トテモ精々注意致シ穏当之結末ニ立至候様可致ト存候然ニ同人儀ハ先ツ当度之云々ハ偖置是迄雇注ハ別而勉強教授方行届候為メ生徒学歩モ隨而急進候儀ニ有之候ニ付而ハ為慰労何@品物被下当然ニ可有之段ハ既ニ中牟田少将殿ヘ面語致置候処彼レ強情ヲ張リ非道ヲ申募リ候得ハ仮令塵芥モ可被恵訳ニハ不存候得共此後悔悟之道顕シ穏当之事ニ至ルモ難計若右之機会ニ立至候節ハ貨幣ニテ二百円被下候様致度条至急何分之儀電信ヲ以御指令相成度此段伺出候也 横須賀造船所海軍権大丞 遠武秀行
    • 作成年月日明治9年10月22日
    • 作成者横須賀造船所長 海軍権大丞 遠武秀行//海軍大輔 川村純義
    • 組織歴海軍省


    PAGE TOP