アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

検索条件 : 西安事件

絞り込み検索

辞書・表記ゆれを指定して検索

アジ歴グロッサリー内検索【 グロッサリー内検索について 】
アジ歴グロッサリーでサイト内検索を行います。
アジ歴グロッサリーとは
アジ歴で資料を検索する際のテーマ別歴史資料検索ナビです。テーマ別にキーワード一覧、地図、組織変遷表、年表等から、お探しの資料や関連資料にスムーズにアクセスすることができます。
< 現在公開中のテーマ >
・公文書に見る終戦 -復員・引揚の記録-
・公文書に見る戦時と戦後 -統治機構の変転-
・公文書に見る外地と内地 -旧植民地・占領地をめぐる人的還流-
・公文書にみる明治日本のアジア関与 -対外インフラと外政ネットワーク-

項目とキーワードを指定

作成年月日

元号西暦対照表

検索する資料

所蔵機関

種別

言語

文書の機密レベル

資料群を指定

該当件数:90件( 1-20 件目を表示 )

サムネイル表示

CSVダウンロード

表示件数

表示順

閲覧ボタンにマークがある場合は、外部サイトにリンクします。

No.
レファレンスコード
概要

No.

[レファレンスコード]A03024134200

閲覧

[規模]5

  • [所蔵館における請求番号]情00026100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]△支那共産党ノ宣言ト決定 「コミンテルン」執行委員会機関紙「コンムニスチーチエスキー・インテルナチオナル」七月号ハ支那共産党中央委員会代表者ノ宣言及ヒ「コミンテルン」執行委員会幹部会ノ決定ヲ掲ケタ。 ○支那共産党中央委員会代表者ノ宣言 一、党ハ日本帝国主義ノ目標カ満洲ヨリ更ニ進ンテ全支那ノ併合ニ向フコトニアルコトヲ予見シ、祖国ヲ防御センカ為ニ全民族ノ力ヲ糾合シ、国内戦ヲ停止シ国民党トノ友好的協力ニ努力シ来リタリ。殊ニ党ハ西ノ和平解決ニ乗出シ、国内戦争ヲ挑発センカ為ニ日本人ノ手先カ計画シタル蒋介石暗殺計画ヲ破綻セシメテ以来、両党ノ接近協力関係ヲ結果セリ。 二、日本軍部ハ中支及ヒ北支ヲ占領シ

    No.

    [レファレンスコード]A03024228000

    閲覧

    [規模]2

    • [所蔵館における請求番号]情00028100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]△漢口ノ後ニ来ルモノ (十月二十六日「ワールド・テレグラム」) 漢口陥落テ日本軍ハ支那東半部ノ重要都市全部ヲ支配スルコトニナツタ。然ルニ未タ最後ニ重要ナ仕事カモウ一ツ残ツテ居ル。北京、天津、張家口、上海、南京、広東、漢口等ヲ支那ノ七ツノ鍵トスレハ、最後ニ最モ重要ナ鍵トシテ全支赤化ノ危険カアルコトヲ忘レテハナラナイ。西後已ムヲ得ス国共合作ニ転シタ蒋介石モ漢口及広東ヲ喪失シタ今日、中国共産党ト益々手ヲ握ラサルヲ得ナイテアラウ。此ノ機会ヲ利用シ蘇聯モ全支赤化工作ニ努力ヲ惜ム筈カナイ。茲ニ全支赤化ノ危険性カ存在スル。若シ蘇聯カ全支赤化ニ成功スレハ日本ノ対支経済工作ハ、仮令日本軍カ支那ノ全領土ヲ占領

      No.

      [レファレンスコード]A03024745000

      閲覧

      [規模]1

      • [所蔵館における請求番号]情00054100(所蔵館:国立公文書館)
      • [言語]日本語
      • [内容]張学良の監禁始めて発表さる 大美晩報電台(U・P電) 七月二十日 北京語放送 (香港十九日発)新蒋委員長米人顧問ラテイモアは今朝当地を出発空路重慶に向へり、同氏は流離の東三省住民三百五十八名の署名に依る張学良釈放要求文を携行せり、之は張氏が西より現在迄政府当局により厳禁されある事実を始めて発表せるものなり、此の呈文は三点より成る。 国共合作に張氏は有利を与へん。 張氏は東三省軍事領袖の擁護を得るを得ん。 張氏は東三省民衆を導き政府を擁護せしむる唯一の人なり。

        No.

        [レファレンスコード]A04010406200

        閲覧

        [規模]521

        • [所蔵館における請求番号]平9警察00031100(所蔵館:国立公文書館)
        • [言語]日本語
        • [内容]外事警察報 特秘 外事警察報 第百七十四号 昭和十二年一月 外事警察報 第百七十四号 目次 ソ連邦新憲法草案に関するスターリンの説明演説 一 憲法委員会の組織と其の任務 二 自一九二四年至一九三六年期間中に起こりしソ連邦生活上の変遷 三 憲法草案の根本的特異性 四 憲法草案に対するブルジョア批判 五 憲法草案の修正と補足 六 ソ連邦新憲法の意義 外国事情 〔中華民国〕 綏遠事情と西の概況 西直前に於ける西安地方救亡運動状況 西に対する救国団体の態度 西に対する中共党の宣伝 在上海日本紡績工場の罷業状況 上海ソ連邦居留民倶楽部創立大会の開催 中国官憲の救国運動指導者一斉検挙
        • 作成年月日昭和12年1月
        • 作成者内務省警保局
        • 組織歴内務省警保局

        No.

        [レファレンスコード]A04010431400

        閲覧

        [規模]64

        • [所蔵館における請求番号]平9警察00157100(所蔵館:国立公文書館)
        • [言語]日本語
        • [内容]特秘 外事警察報 第百七十四号 昭和十二年一月 外事警察報 第百七十四号 目次 ソ連邦新憲法草案に関するスターリンの説明演説 一 憲法委員会の組織と其の任務 二 自一九二四年至一九三六年期間中に起りしソ連邦生活上の変遷 三 憲法草案の根本的特異性 四 憲法草案に対するブルジョア批判 五 憲法草案の修正と補足 六 ソ連邦新憲法の意義 外国事情 〔中華民国〕 綏遠事情と西の概況 西直前に於ける西安地方救亡運動状況 西に対する救国団体の態度 西に対する中共党の宣伝 在上海日本紡績工場の罷業状況 上海ソ連邦居留民倶楽部創立大会の開催 中国官憲の救国運動指導者一斉検挙 上海市学生救国会の工作綱領
        • 作成者内務省警保局
        • 組織歴内務省警保局

        No.

        [レファレンスコード]A08071289900

        閲覧

        [規模]309

        • [所蔵館における請求番号]平11法務02120100(所蔵館:国立公文書館)
        • [言語]日本語
        • [内容]弁護書類二〇二-S-一 一一二頁 検察側証人ジヨン・ヒー・パウエルノ著書「支那ニ於ケル私ノ二十五」ノ抜萃(ニユーヨークマツタミリアン会社一九四五年[飜訳者注ノ昭和二十年])「西ノ続篇) 二七八頁 多タノ方面ノ期待ニ及ノ西安事ノ件ノ結果ハ蒋介石大元帥ノ威信ヲ非常ニ高メタ南京政府ニ活溌ナ支持ヲ与ヘルコトヲ拒絶シテ居ツタ有力ナ政治及ビ軍事指導者達、特ニ南支那ニ於ケル是等ノ人々ハ、今ヤ日本ニ及抗スルコトニ於テ蒋介石大元帥ニ協力スル用意ノアルコトヲ宣言シタ。蒋介石大元帥ヲ支持スル用意ノアルコトヲ宣言シタ所ノ南支ノ政治軍事指導者ノ一人ハ蔡廷楷将軍デアツタ。彼ハ満洲事変ニ次イデ起ワタ一九三二年(飜訳者
        • 作成年月日昭和10年4月10日~昭和22年4月12日
        • 作成者林馨//外務省亜細亜局//外務省情報部
        • 組織歴法務省

        No.

        [レファレンスコード]B02030160600

        閲覧

        [規模]11

        • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-10_007(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]コトヲ承認スルニ於テハ恵通公司ヲ南京政府ノ認メタル日支合弁会社ニ改編スルニ異存ナシ 最近ノ外交関係ニ就テ (五月十三日枢密院ニ於ケル外務大臣ノ説明資料) 対支関係 一、御承知ノ通リ最近支那国民間ニ於ケル国家意識ノ勃興ハ甚ダ盛ナルモノガアリ、其ノ具体的表現ヲ抗日ノ主張ニ求メテ居ル感ガアルノテアリマス。即チ西南政催(十一年六月)其ノ他西件(十二月十二日)ニ際シテノ張学良等反蒋ノ旗ヲ挙グル者ハ何レモ抗日ヲ標榜シ、他方南京政府モ此ノ傾向ヲ巧ミニ利用シ対日強行方針ヲ標榜スルコトニ依ツテ着々自己政権ノ基礎ヲ固ムルト共ニ支那統一ノ実績ヲ挙ケテ居ルノテアリマスカ一方右国家主義運動ノ勃興及南京政府ノ基礎強化
        • 組織歴外務省

        No.

        [レファレンスコード]B02030163900

        閲覧

        [規模]24

        • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-10_008(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]外務省 対支政策資料 十二、三、一六受領 昭和十二年三月 中華民国旅行記 辜顧栄述 緒言 此度私ガ第七十回帝国議会ニ出席スル為メ郷里台湾ヲ出発スル直前西ノ兇変ヲ報ゼラレ続イテ叛反軍ガ国民政府ニ要求スル聯露容共抗日ヲ骨子トスル妥協条件ノ発表アリ隣国ノ政情憂慮ニ堪エザルモノガアツタノデアル。 而シテ此事件ニ関係シタル受難要人ハ一、二ノ犠牲者ヲ出ダシタルノミデ幸ニ大多数ノ生還ヲ見タル事ハ隣邦ノ為メ誠ニ慶賀ニ堪エナイ次第デアル。然ルニ国民政府ノ要路ノ叛乱軍ニ対スル激憤ト事件解決ニ関スル強硬ナル態度中央軍主脳部ノ独立不覊ノ活動ハ大イニ尊敬ニ値スルモノナルモ両者間ノ妥協ニ奔走シタル宋子文氏一派ニ於テ
        • 作成年月日昭和12年3月
        • 作成者辜顯榮
        • 組織歴外務省

        No.

        [レファレンスコード]B02030164000

        閲覧

        [規模]20

        • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-10_008(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]対支政策(資料) 第六特別委員会秘密会席上) 前南京総領事 須磨弥吉郎氏述(要旨) 西安事変後の支那一般情況 昭和十二年三月 日本外交協会 本篇は当協会第六特別委員会秘密会に於て、須磨氏の講述したる要旨を筆録したるものにして、当協会維持会員に限り、閲読に供するものなり。内容其の他の貴任は当協会に在るものとす。昭和十二年二月 日本外交協会調査局 目次 A 日支関係中心の四要項 一、我が対支圧力を軽視 二、列国の対支援助 ① 目ざましき英国の活動 ② 整然たる経済参謀本部 ③ 『英国は実際にやるのだ!』 ④ 孔祥煕氏の日本観 ⑤ 支那経済への『見えざる侵略』 三、 西と統一運動 四、新支那を
        • 作成年月日昭和12年3月
        • 作成者須磨彌吉郎//日本外交協會
        • 組織歴外務省

        No.

        [レファレンスコード]B02030165400

        閲覧

        [規模]2

        • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-10_010(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]〔主要内容文書〕 (1)対支方針協議事項(東亜局一課) (イ)支那側の日支関係調整会議開催提唱の真意 (ロ)北支問題と南京政府交渉との関係 (ハ)支那側提出の三原則に対する応酬 (ニ)我方三原則の方法 (2)対支外交に関する守島伍郎私案 (3)昭和11年1月8日外務大臣室における討議の結果に基く対支外交試案 (4)北支処理要綱案に関する支那駐屯軍司令官に対する指示案 (5)参謀本部喜多誠-大佐談話要領 (イ)「対支外交に関する守島私案」に関する件 (ロ)冀察政権との防共軍事協定締結問題 (6)須磨弥吉郎総領事稿「五省特政会案由来記」 (7)関東軍の任務に基く対外諸問題に関する軍の意見(板垣征四郎と有田八郎対支との懇談席上) (イ)対ソ問題 (ロ)日満ソ間の諸問題 (ハ)外蒙問題 (ニ)内蒙問題 (ホ)支那問題 (8)北支問題処理方法に関し、須磨弥吉郎総領事と、張群,張公権,呉震脩,高宗武との会談要領 (9)西に関する有田外相の方針 (10)許世英大使の西に関する談話 (11)日英国交調整関係 (12)英国リースロス借款案問題
        • 組織歴外務省

        No.

        [レファレンスコード]B02030621400

        閲覧

        [規模]8

        • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-30_8(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]西以後ニ於ケル国共関係目次一、西ヨリ支那事変発生迄ノ国共関係(イ)西ハ国共妥協ヘノ契機ヲナセリ(ロ)国共の妥協ノ進捗 二、支那事変以後ニ於ケル国共関係 (イ)国共合作ノ進展(ロ)国共ノ対立関係 (1)国民党側ノ焦慮 (2)共産党側ノ自制 (ハ)国共合作ト国際関係 西以後ニ於ケル国共関係 昭和一三、五、一三、亜一 西以後ニ於ケル国共関係ハ支那事変前ハ妥協成立ノ過程タルニ反シ事変以後ニ在リテハ国共合作ヘノ進展、共産党ノ進出及国民党ノ退勢等ノ事情ヨリ両者ノ関係ニ大ナル相違アルニ依リ之ヲ事変前ト夫レ以後ニ分テリ 一、西ヨリ支那事変発生迄ノ国共関係 (イ)西ハ国共妥協ヘノ契機ヲナセリ 中国共産党ハ第七回「コミンテルン」大会ノ決議ニ基キ一九三五年下半期ヨリ従来ノ赤化方針ヲ変更シ内戦ノ停止抗日民族統一、戦線ノ結成ヲ提唱シ当時ノ抗日風潮ニ乗リ合法的進出ヲ計ルト共ニ務メテ国民党トノ接近ヲ策シアリタルカ
        • 組織歴外務省

        No.

        [レファレンスコード]B02030913700

        閲覧

        [規模]17

        • [所蔵館における請求番号]A-3-3-0-2_1_2_001(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]記録件名 本邦対内啓発関係雑件 講演関係 日本外交協会講演関係 第百七十三回例会席上 若杉要氏演述要旨 最近の日支関係に就いて 日本外交協会 本篇は本年一月二十二日、当協会第百七十三回例会に於て、若杉前駐支大使館参事官の講演せられたる要旨なり。 若杉氏の同意校閲を経ざるものなるを以て、会員外の閲読を差控之られたし。昭和十二年二月 日本外交協会調査局 目次 一、日支交渉の進む道 二 二、相手方を認識せよ 五 三、過去三十年間の変遷 七 四、蒋氏中心の統一運動 八 五、西と南京政府 九 六、統一劇中の一幕 一二 七、抗日運動と容共政策 一四 八、社会運動としての抗日 一七 九、抗日よりも統一
        • 作成年月日昭和12年2月
        • 作成者日本外交協會//日本外交協會調査局//前駐支大使館参事官 若杉要
        • 組織歴外務省

        No.

        [レファレンスコード]B02031054300

        閲覧

        [規模]56

        • [所蔵館における請求番号]A-3-5-0-3_008(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]情報部 昭和十三年五月四日接受 別紙添付 機密第一一四号 昭和十二年三月二十七日 在紐育 総領事代理 井上益太郎 東亜局 外務大臣 佐籐尚武殿 「チヤイナ、トウデエイ」三月号送付ノ件 「チヤイナ、トウデエイ」三月号茲許送付ス 注意スヘキモノ社説「三中全会」、毛沢東ノFidelity to promises及、「西ニ対スル中共ノ地位」等ナリ 一、社説「三中全会」ハソノ結論トシテ会議ノ結果如何ナル行動カトラル、モ(イ)南京政府カ西安派トノ協議ニ乗リ出セルコト及(ロ)親日的叛逆者ノ共産党ソノ他ノ反日団体ニ対スル征討ノ要求ヲ拒絶セルコトノ二事実ハ奮対日敗北主義政策ヨリノ急転回ヲ示スモノ@シテ
        • 作成年月日昭和12年3月~昭和12年6月

        No.

        [レファレンスコード]B02031687900

        閲覧

        [規模]4

        • [所蔵館における請求番号]A-6-1-0-7(所蔵館:外務省外交史料館)
        • [言語]日本語
        • [内容]三民主義青年団 極秘第九九号 昭和十八年二月二日 在広東 総領事代理大関英達 大東亜大臣青木一男殿 国民党三青静南方面状配報告ノ件 本件ニ関スル当領課者職左記ノ通御参考迄此段報告申進ス 写送附先 外務大臣、南大、上海、北大、張家口、厦門、汕頭澳門、広州湾、漢口、河内、泰 一、三青団沿革 西ノ結果蒋介石ハ共産党トノ安協ヲ余儀ナクセラレ其後国共ノ合作ハ表面恒ニ進展シ民国二十六年二月三中全会ニ於テ共産党ハ管后上承認セラレ同年七月日支事変勃発スルヤ両者ノ関係ハ益々之ニ柏車ヲカケラレタルカ如クニ具エタルカ貫ハ国民党自身ノ組織来タ建全ナラサル際トラ此@ノ@秀青年@経@ニ対スル対抗策ヲ関スル必要ニ迫ラ
        • 作成年月日昭和18年2月2日
        • 作成者在廣東總領事代理大關英達
        • 組織歴外務省//在廣東日本總領事館

        No.

        [レファレンスコード]B02032029500

        [所蔵館における請求番号]A-6-1-5-5_10(所蔵館:外務省外交史料館)

        • [言語]日本語

          No.

          [レファレンスコード]B02032029700

          閲覧

          [規模]35

          • [所蔵館における請求番号]A-6-1-5-5_10(所蔵館:外務省外交史料館)
          • [言語]日本語
          • [内容]昭和12 二一 略 南京 一日後発 亜 本省 一月一日後着 有田外務大臣 川越大使 第一号 学良ハ昨三十一日ノ高等軍法曾議(審判長李烈鈞、審判官朱培徳、鹿鐘麟)ニ於テ徒刑十年七並二五年間公権褫奪ト判決ヲ提出セリ 上海大使、在支各総領事、北平、満ヘ転電セリ 上海大使ヨリ上海ヘ転報アリタシ 昭和12 三四 暗 上海 二日後発 亜 本省 一月二日夜着 有田外務大臣 川越大使 第一号(極秘) 西ノ妥協条件ニ関シ「アーベンド」カ信スヘキ筋ヨリ得タル情報トシテ同盟松本ニ内話セル所ニ依レハ同条件ハ (一)共産軍トノ停戦 (二)共産軍ヘノ補助金交付 (三)南京政府ノ改組(人民戦線派ノ者ヲ入ルルコト) (
          • 作成年月日昭和12年1月1日~昭和12年1月12日

          No.

          [レファレンスコード]B02032030400

          [所蔵館における請求番号]A-6-1-5-5_10_1(所蔵館:外務省外交史料館)

          • [言語]日本語

            No.

            [レファレンスコード]B02032030700

            閲覧

            [規模]41

            • [所蔵館における請求番号]A-6-1-5-5_10_1(所蔵館:外務省外交史料館)
            • [言語]日本語
            • [内容]@シ彼ヲ監@スルト@ニ@ニ@政府ニ対シ政府ノ改組ヲ要求シタ西京政府ハ@ナタ対日宣戦ヲ有@ス可キテアル、中国共産党@ソヒユツトハ@ニ対シ全幅ノ協力ヲ興ツ可シ此事件ニソハ@本@ニ日本ノ勢力ヲ駆逐シ日本ノ@下ニアル北@ヲ解放スルモノテナケレバナラス張学良ノ@政府行動コソハ@日着経行動ノ実@ト@ナケレバナラスソビユゾトト攻守同盟ヲ結成シ連カニ対日宣戦ヲ@スルモノト@セラル西京ハ戒@令カ敷カレテキル 右報告ス 本信@送付先 外務大臣 奉天、哈爾賓、斉々哈爾、満洲国 昭和11 二五二八一 平 香港 十八日後発 情、亜 本省 十二月十八日後着 有田外務大臣 水沢総領事 第一五六号 英字紙中西ニ関シ論評
            • 作成年月日昭和11年12月18日~昭和11年12月20日

            No.

            [レファレンスコード]B02032030800

            閲覧

            [規模]27

            • [所蔵館における請求番号]A-6-1-5-5_10_1(所蔵館:外務省外交史料館)
            • [言語]日本語
            • [内容]昭和11 二五四八二 略 南京 二十一日後発 情、亜 本省 十二月二十一日後着 有田外務大臣 須磨総領事 第一〇八〇号 二十一日ノ当地漢字紙ハ一斉ニ国民党中央宣伝部ノ西北剿赤将士ニ告クルノ書ヲ発表シ共匪ノ罪悪ヲ挙ケ剿匪工作カ民族解放ノ先決条件ナルコトヲ強調シ此ノ際西北ノ将士ハ西ニ拘ラス一層共匪討伐ニ努力スヘキコトヲ要望シ中山学社モ西安事変ニ対スル宣言ヲ発シ共匪ハ国家民族ヲ破滅ニ導クモノナルヲ以テ吾人ハ先ツ之ヲ討伐シ政権ノ鞏固ト社会ノ安定ヲ図ラサルヘカラサル旨ヲ主張シ居レルカ新民報ハ蘇聯代弁ノ声声明ヲ譲ミテト題スル短評ヲ掲ケ 吾人ハ蘇聯代弁「スビルバネツク」カ的今次ノ張学良ノ判乱ニ蘇聯ハ何等関
            • 作成年月日昭和11年12月21日~昭和11年12月27日

            No.

            [レファレンスコード]B02032031500

            閲覧

            [規模]29

            • [所蔵館における請求番号]A-6-1-5-5_10_1(所蔵館:外務省外交史料館)
            • [言語]日本語
            • [内容]普通公第五三号 昭和十二年二月二十参日接受 昭和十二年一月二十二日 在米 特命全権大使 斉藤@ 外務大臣有田八郎殿 支那問題新聞切抜送付ノ件 其後当国ノ本件報道振ハ特ニ目立チタルモノナク論説モ一、二アルモ何レモ支那ノ事ハ不可解ナリト云フ趣旨ニシテ(此ノ点ニ付「トリビユーン」ノWalter Lippman モ先般館員ニ対シ西以来支那ノ事ハ到底理解出来ヌコトヲ覚レリトテ苦笑ヲ洩シタリ)「ソコルスキー」ハ蒋介石ノ略歴ヲ「タイムス」ニ掲ケタルモ之亦平凡ナル記事ニ過キス但シAgness Smedley カ西安ヨリ共産党ノ為ニ放送シ居レリトノ報道ハ相当ノ注意ヲ惹キ居ルカ如シ又西安在住外人救出ノ問題モ相
            • 作成年月日昭和12年1月22日~昭和12年1月26日


            PAGE TOP