アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

検索条件 : 独ソ不可侵条約

絞り込み検索

辞書・表記ゆれを指定して検索

アジ歴グロッサリー内検索【 グロッサリー内検索について 】
アジ歴グロッサリーでサイト内検索を行います。
アジ歴グロッサリーとは
アジ歴で資料を検索する際のテーマ別歴史資料検索ナビです。テーマ別にキーワード一覧、地図、組織変遷表、年表等から、お探しの資料や関連資料にスムーズにアクセスすることができます。
< 現在公開中のテーマ >
・公文書に見る終戦 -復員・引揚の記録-
・公文書に見る戦時と戦後 -統治機構の変転-
・公文書に見る外地と内地 -旧植民地・占領地をめぐる人的還流-
・公文書にみる明治日本のアジア関与 -対外インフラと外政ネットワーク-

項目とキーワードを指定

作成年月日

元号西暦対照表

検索する資料

所蔵機関

種別

言語

文書の機密レベル

資料群を指定

該当件数:41件( 1-20 件目を表示 )

サムネイル表示

CSVダウンロード

表示件数

表示順

閲覧ボタンにマークがある場合は、外部サイトにリンクします。

No.
レファレンスコード
概要

No.

[レファレンスコード]A03024503900

閲覧

[規模]2

  • [所蔵館における請求番号]情00041100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]内閣情報部八・二四 情報第三号 大島大使独外相に申入れ 独逸側日ソ条約示唆 同盟来電 不発表 ベルリン二十二日江尻同盟特派員発(内報) 大島駐独大使は昨二十一日夜リツペントロツプ外相より電話で成立の通告を受けたので大島大使は防共協定違反なりと抗議的申入れをなし次でワイゼツカー外務次官と会見同様趣旨の申入れをなした、これに対し独逸外務当局は日本もソ連と不可侵条約を締結すべしとの見解を示している。

    No.

    [レファレンスコード]A03024504100

    閲覧

    [規模]2

    • [所蔵館における請求番号]情00041100(所蔵館:国立公文書館)
    • [言語]日本語
    • [内容]内閣情報部八・二五 情報第二号 ダーベントリー英語放送(二十三日) (東京都市逓信局聴取) 一、 チヤンバレーン英首相は昨日緊急閣議開き其の席上に於てに関連して大要左の如く提言した が締結されたので独、伊官辺では頻りにダンチヒ問題を繞る英国の対独方針が一変したかの様に言伝へて居るがそんな事は絶対に無く、英国は飽迄も既定の対独方針を堅持し、若し独逸が右条約締結を契機にポーランドに対して軍事行動に出でるならば英国はフランス共同にて直ちにポーランドに対して援助の手を伸ばすであらう、此の際欧州の政局に如何なる異変があるとも、独逸がポーランドを攻撃する以上、英国の対独方針は英全国民によつて支持されている確乎不動のものである云々 一、 イ

      No.

      [レファレンスコード]A03024504300

      閲覧

      [規模]2

      • [所蔵館における請求番号]情00041100(所蔵館:国立公文書館)
      • [言語]日本語
      • [内容]内閣情報部八・二五 情報第四号 大島リツペントロツプ会見 同盟来電 不発表 ベルリン二十三日発同盟(アヴアス電) 大島大使は二十二日リツペントロツプ外相と会見し締結問題につき重要協議を遂げたが、アヴアス通信ベルリン支局は会見の模様に関し日本人筋より得たる情報として左の如く伝へている。 二十二日の大島、リツペントロツプ会見は頗る緊張し大島大使は軍隊式に全然言葉を飾らず率直に意見を表明したといはれる、ドイツ側では「今回の独ソ条約は根本的にはイデオロジカルな防共協定に何等の影響を与へるものではない」 と説明したが、日本人筋では斯る説明は「茶番狂言」に過ぎぬと言つている又ドイツ官辺は独ソ新条約に関して日本とスペインが正確な説明を求めたのに対し頗る困惑

        No.

        [レファレンスコード]A03024504500

        閲覧

        [規模]2

        • [所蔵館における請求番号]情00041100(所蔵館:国立公文書館)
        • [言語]日本語
        • [内容]内閣情報部八・二五 情報第六号 遣独使節党大会出席中止か 同盟来電 不発表 ベルリン二十四日安達同盟特派員発 在ベルリン日本人筋ではドイツ今回の締結に関連して寺内、大角両大将、藤原、井坂両財界代表等遣独使節一行のニユルンベルグ党大会出席中止説が有力化している。

          No.

          [レファレンスコード]A03024504600

          閲覧

          [規模]2

          • [所蔵館における請求番号]情00041100(所蔵館:国立公文書館)
          • [言語]日本語
          • [内容]内閣情報部八・二五 情報第七号 重慶露語放送(二十三日) (大阪逓信局聴取) 新聞論説「締結に関する中国紙の論調に就て」 中国各紙はに就て夫々批判を下して居るが、ユンセンベー紙は二十三日の社説で「締結はまさに一九三九年の国際政局に与へた一大事件となるものである。即ち国際政局は実に一大変転を来したといつていいのである。此の条約締結発表は実に突発的事件で是が与へた衝撃は英仏両国に対し極めて強烈なものがある。両国はソ連との間に三国協定の交渉中にあつたもの故その衝撃はまさに強大であつた。 英仏両国は是を以て西方への一大威嚇はいよいよ酷烈となり仏国は仏ソ条約の頼む可らざるを完全に見せつけられたものとし、ソ連の平和維持、集団的

            No.

            [レファレンスコード]A03024505800

            閲覧

            [規模]2

            • [所蔵館における請求番号]情00041100(所蔵館:国立公文書館)
            • [言語]日本語
            • [内容]内閣情報部八・二八 情報第八号 重慶英語放送(二十五日) (東京都市逓信局聴取) 当市の吾が有力なる新聞はが日本に齎らす影響に関し論調をそろへて左の如き社説を掲げている 締結が日本に及ぼす影響には甚大なるものがある。日、独、伊防共協定は同条約締結によつて根抵からくつがへされた様なもので、ソ連を目仇に日、独、伊防共協定強化に躍起となつていた日本はいい面の皮である。最も頼みとしていた独逸に見捨てられた日本は米国からは日米通商航海条約廃棄の通告を受け又英国とは日英会談決裂によつて離間しつつあり。全く取り着く島無く、謂はば「外交破産」に直面していると同様であるのみならず一方ソ連はに俄かに勢を得て其の極東軍を増強しているので日本は泣面に蜂である云々。

              No.

              [レファレンスコード]A03024507100

              閲覧

              [規模]2

              • [所蔵館における請求番号]情00041100(所蔵館:国立公文書館)
              • [言語]日本語
              • [内容]内閣情報部八・三一 情報第五号 重慶露語放送(二十九日) (大阪逓信局聴取) 論説 「記者との会見に於て蒋介石は現下に於ける抱負に就き語る」 二十八日孫文記念会合に於て、蒋介石は、現下国際政局の変転と中国の武力抗争に就き、次の如く答へる所があつた。 国際情勢の一大変転に対する閣下の見解如何? の締結に依て国際情勢は急転し、その結果は日本が敗者として局外に閉出しを喰つた形となつた。本事件は結局世界平和の為により好都合な展開をなさしむるものと考へる此の影響は吾中国の位置に及ぼす所のものも大である。吾人は武力抗争既に二年余、平和の破壊者に抗争し来つた。国際情勢はこの平和破壊者の能動力を中心に周転し、平和確立への方向を取り

                No.

                [レファレンスコード]A03024507700

                閲覧

                [規模]2

                • [所蔵館における請求番号]情00042100(所蔵館:国立公文書館)
                • [言語]日本語
                • [内容]内閣情報部九・一 情報第四号 重慶ロイテル新聞電報放送(八月二十六日) (朝鮮総督府逓信局聴取) 支那政府の要人達は現下の欧州情勢特に戦争が欧州に勃発した場合に支那政府として採るべき立場について意見を交換している。支那政府の方針について質問した支那官辺は依然「批評せざる」態度を続けている。の締結によつて事態は著るしく紛糾している。従来英仏ソは独伊日側に於ける侵略に抗して明かに平和戦線を結成していた。支那にとつて問題は単純だつたのである。支那官辺、新聞、公衆は等しく公然と民主国群に同情を示していた。事実欧州に戦争が起つた場合支那は英仏ソ側につくことを宣言するだらうと迄仄かされていたのである。英仏は概して

                  No.

                  [レファレンスコード]A03024508000

                  閲覧

                  [規模]2

                  • [所蔵館における請求番号]情00042100(所蔵館:国立公文書館)
                  • [言語]日本語
                  • [内容]内閣情報部九・一 情報第七号 桑港英語放送(八月三十日) (東京都市逓信局聴取) 一、 (ロンドン)チエンバレン首相は下院に於て英国の対独態度について次の様に声明した。即ち 英国は飽く迄事件を平和裡に解決せんと努力している。 一、 (パリー)仏国政府はオランダ、ベルギー両国元首の提唱せる和平会議を受諾したがダラチエ首相は尚万一の場合に備ふべく万全の防御工作を続けている。 一、 (パリー)フランス政界ではヒツトラー総統の対英回答が意外に早く英国に伝達された点よりするも問題は外交交渉に依り平和的解決を見るものとの予想をしているが昨日イタリー新聞の論調はに対するソ連の批准は今尚完了しておらず或は戦争状態に入るのではないかと

                    No.

                    [レファレンスコード]A03024508500

                    閲覧

                    [規模]2

                    • [所蔵館における請求番号]情00042100(所蔵館:国立公文書館)
                    • [言語]日本語
                    • [内容]内閣情報部九・四 情報第一号 重慶日本語放送(一日) (東京都市逓信局聴取) 一、 の締結によつて非常な打撃を受けた平沼内閣に代つて当面の困難を切抜け過去に於ける国民の政府に対する信用を挽回する為に阿部内閣は諸政の更始一新を目指して出来上つたのであるが外交は困難を極め財政は窮乏して最早絶体絶命の場合に立到つているので新内閣の前途は困難の度を加ふる事はあつても軽減する事は到底夢想する事が出来ない。 平沼はフアシヨの総帥として国民の与望を担つて内閣を作つたのであるが国民の信頼を裏切つて組閣以来何んにも出来ず近衛の計画した独伊枢軸に参加する事ばかりを夢中に考へていたのであるが独伊枢軸に参加すると云ふ事は中国

                      No.

                      [レファレンスコード]A03024508600

                      閲覧

                      [規模]3

                      • [所蔵館における請求番号]情00042100(所蔵館:国立公文書館)
                      • [言語]日本語
                      • [内容]内閣情報部九・四 情報第二号 ツエーゼン独語放送(一日) (東京都市逓信局聴取) 一、 阿部新首相ハ平沼前内閣ノ施政方針ヲ踏襲スル旨発表シタ、又「独逸カラノ離反ハ全然考ヘテイナイノミカ寧口益々独日間ノ親善ハ強化サルベキデアル、ハ決シテ日本ヲ敵対目標トスルモノニ非ルコトカ日本国民ニハ未ダ了解サレテイナイガ決シテ左様ナモノデハナイ、日本ハ独ソ条約ヲ別段白眼視スルモノデハナイ」ト述ベタ 二、 本日午前十時伯林「グロールオペル」ニ於テ独逸国会ガ開催サレタ、「ヒツトラー」ハ開会ヲ宣シタル後一切ノ外交折衝経過ヲ説明シ「ポーランドハ独逸ノ最後案ニ対シ二日間モ無駄ナ日ヲ無為ニ待タセタルモ尚返答ナク、依テ之ハ独逸ノ要求ヲ

                        No.

                        [レファレンスコード]A03024508700

                        閲覧

                        [規模]2

                        • [所蔵館における請求番号]情00042100(所蔵館:国立公文書館)
                        • [言語]日本語
                        • [内容]内閣情報部九・四 情報第三号 ダベントリー英語放送(八月三十一日) (東京都市逓信局聴取) 一、 (ロンドン) 英政府は明日より約一週間に亘つてロンドン及び其他の都市に居住する四十万の学童、二万二千人の教師及び多数の不具者を所々の安全地帯へ避難せしめるが、之れにつき英政府の申分は、戦争を意味するのでなく、まさかの場合の対策に過ぎないと云つている。 一、 独ソ関係は、によつて最近非常に緊密化して来たが、此の度の独波紛争についてソ連も非常な関心を持つている。独逸から右に関し一々内密の情報を得ている。 一、 (パリー) フランス当局は現下の情勢に鑑み凡て地図の国外流出を絶対禁止する旨発令した。

                          No.

                          [レファレンスコード]A03024511500

                          閲覧

                          [規模]2

                          • [所蔵館における請求番号]情00042100(所蔵館:国立公文書館)
                          • [言語]日本語
                          • [内容]内閣情報部九・一一 情報第四号 日本の自重要望 同盟来電 不発表 ワシントン八日加藤特派員発 米国の全関心は欧州戦争に奪はれ日本の英仏軍支那撤退要請問題に付いては当時僅かに米紙がこれを報じたのみであつたが昨今ボツボツこれに関する記事が表はれ、米国政界も日本の意図に疑惑を持ち始めた。 右に付識者の観るところでは、日本が欧州の戦局よりして支那事変の解決を有利に図らんとすることは米国としても汎米会議等に依りドイツ勢力を南米より排除せんとする下心がある所より観て首肯し得なくはないが、日本が一挙に之を実現せんとして過激な方法を択ぶに於ては、其他其の後の日本当局の態度により著しく好転しつつある米国の対日態度も全く逆転する可能性の

                            No.

                            [レファレンスコード]A03024514200

                            閲覧

                            [規模]2

                            • [所蔵館における請求番号]情00042100(所蔵館:国立公文書館)
                            • [言語]日本語
                            • [内容]内閣情報部九・一五 情報第六号 日独ソ関係と米国 同盟内報(秘) 二ユーヨーク十三日発ニユーヨーク・タイムズ紙東京特派員は梅津新任関東軍司令官が新京に於て東日記者に与へたといふ談話を報道し梅津中将の抜擢はによつて生じた新たな事態に備へるため満ソ国境の守りを固くするためと解されていたところ梅津中将が満ソ国境問題調節のための日ソ交渉を右談話中に暗示したことは日本のソ連に対する新たなる動きとも解されるとなし異常な注目を惹いている、即ち右は予ねてより伝へられつつあるドイツが仲介に立ち日ソ間に何らかの了解をつけ独ソ陣営に日本を抱き込まんとしている噂と関連あるものと一部から見られ且日本軍当局は日独軍事同盟を提唱しこれがドイツの

                              No.

                              [レファレンスコード]A03024527200

                              閲覧

                              [規模]2

                              • [所蔵館における請求番号]情00043100(所蔵館:国立公文書館)
                              • [言語]日本語
                              • [内容]内閣情報部一〇・一〇 情報第一号 雲南日本語放送(九日) (東京都市逓信局聴取) (この講演は朝鮮人らしく発音正確を欠き不明の点多し) 一、 日本は欧州動乱の勃発とに依つて独伊枢軸の防共協定加盟を台無しにして終つたが国内的には軍部フアシオ官僚の陰謀政治のみが行はれ軍部は対支戦の失敗を陰蔽せんがために政治的陰謀によつて国民を瞞着しているのであるが現実は却つて彼等の陰謀を否定し国際的に日本の外交は益々困難となり日本孤立の状態に陥つて終ひ英仏は一時東洋より引退したがアメリカは強硬な態度を示して日本の火事泥的な中国侵略は容易にその機会を与へないのである。中国派遣軍総司令部を新たに設けて西尾板垣を任命し

                                No.

                                [レファレンスコード]A03025166300

                                閲覧

                                [規模]2

                                • [所蔵館における請求番号]情00059100(所蔵館:国立公文書館)
                                • [言語]日本語
                                • [内容]◎ソ聯ハ米英ソ会談ヲ歓迎シアリト(桑港KPO・八月二十二日十九時) ‥今日ノ大キナニユースハ先ズ駐米ソ聯大使リトヴィノフノ更迭デアルガ、同大使ノ外交的手腕ハ各方面デ買ハレテイタ、又民主主義ノ味方デモアツタ、尚ハ同氏ガ人民外交委員長当時結バレタモノデアル、因ニモスコー情報ニヨレバソ聯ハケベック会談終了後米、英、ソ会談ヲ歓迎シテイルヤウデアル‥

                                  No.

                                  [レファレンスコード]A06030093400

                                  閲覧

                                  [規模]46

                                  • [所蔵館における請求番号]返青34001000(所蔵館:国立公文書館)
                                  • [言語]日本語
                                  • [内容]コミンテルン二十五年史 禁転載 秘 外事警察資料第二十九号 コミンテルン二十五年史 主要目次 緒言 第一章 コミンテルンの創立から第三回大会前迄 第二章 第三回大会から第六回大会迄 第三章 第六回大会から第七回大会前迄 第四章 第七回大会から締結前迄 第五章 締結から独ソ戦勃発前迄 第六章 独ソ戦勃発からコミンテルン解散迄 第七章 コミンテルン二十五年の一考察 警保局外事課 昭和十八年十二月 はしがき 本資料は去る五月十五日の国際共産党解散表明を機会に、その創立以来今次解散表明に至る四半世紀を回顧し、その間の主要動向を取纏めたものであり、哈爾浜駐在松下内務事務官の労作である。
                                  • 作成者警保局外事課
                                  • 組織歴内務省//警保局外事課

                                  No.

                                  [レファレンスコード]A08071291900

                                  閲覧

                                  [規模]394

                                  • [所蔵館における請求番号]平11法務02130100(所蔵館:国立公文書館)
                                  • [言語]日本語,英語
                                  • [内容]弁護書類第一七四四号 冒頭陳述三国同盟 太平洋段階第五部第一節 オウエン。カニンガム 一九四○年九月二十七日、日、独、伊間に三国同盟が締結されました。検察側では、これか一九三八年及三九年に右の三ケ国間に試みられた所謂「防共協定の強化」のための交渋の延長或は復活であり、この盟約はその本質において世界分割と所謂「新秩序」の建設をめさす侵略国の計書の最後的発展を包含していると主張しました。若し許されるならば我々は、以下の事実を証明したいと思ひます。第一に日本政府は「防共協定強化」の交渉を完全に打切つた事。第二に、が一九三九年八月二十三日締結され、てれが日本において大きな衝撃となり、ため
                                  • 作成年月日昭和13年7月20日~昭和23年1月28日
                                  • 作成者オウエン・カニンガム//岩畔豪雄//林馨
                                  • 組織歴法務省

                                  No.

                                  [レファレンスコード]B02031426400

                                  閲覧

                                  [規模]22

                                  • [所蔵館における請求番号]A-5-2-0-1_4_1_002(所蔵館:外務省外交史料館)
                                  • [言語]日本語
                                  • [内容]六、対独外交 ○日独外交関係(三月二十二日 衆予算委員会 五五八頁) (質)政 稲田直道 独「ソ」ガ締結サレテ以来日独関係ハ白紙ニ還元シタト発表サレタノミデ、今日ニ至ルマデ日独防共協定ニ関シテハ国民ヲ納得セシムルニ足ル妥当ナル解釈又ハ措置ガ無イ、今日如何ナル程度ニコノ協定ハ存在シテ居ルノデアルカ。 (答)有田外相 独「ソ」締結以来欧州ニ関シテハ日本ハ介入セヌ方針ナルコトハ当時闡明サレタ如ク政府ノ重大ナル政策デアル、日独防共協定ハ防共協定トシテ厳存スルノデアツテ、「コミンテルン」ノ破壊工作ニ適時必要ナル処置ヲ執ル姿勢ニアルノデアル。 (質)政 稲田直道 此ノ際独逸ニ対シ何等ノ関心ヲ持タヌノデアルカ、何等カ親善方法ヲ考慮シテ交渉サレテ居ルカ。
                                  • 作成年月日昭和15年9月
                                  • 作成者外務省調査部第二課
                                  • 組織歴外務省

                                  No.

                                  [レファレンスコード]B04013491000

                                  閲覧

                                  [規模]100

                                  • [所蔵館における請求番号]B-1-0-0-J/X3_003(所蔵館:外務省外交史料館)
                                  • [言語]日本語
                                  • [内容]極秘 三国条約ト日「ソ」中立条約トノ関係 一、独「ソ」、三国条約及日「ソ」中立条約ハ何レモ日独「ソ」間ノ親善関係ヲ根本的前提トシテ締結セラレタルモノナルヲ以テ独「ソ」開戦ニ依リ前提カ破壊セラレタル以上此ノ戦争ニ関スル限リ三国条約及日「ソ」中立条約ハ適用無シトノ論モ立チ得可キモ(一)些カ精神的解釈ニ過キ条約文少クトモ日「ソ」中立条約ノ条文ノ解釈トシテハ無理アリ(二)日独「ソ」ノ親善関係ナル前提ノ破壊ニ依リ独「ソ」不可侵、三国条約、日「ソ」中立ノ条約体系カ全然無効トナレリト云フナラハ未タシモ今戦争ニ限リ適用無シト云フ如キハ矛盾ナリ 二、穏当ナル解釈トシテハ (イ)三国条約及中立条約共並立ニ有効ニ存在ス
                                  • 組織歴外務省


                                  PAGE TOP