アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

検索条件 : 威海衛占領軍

絞り込み検索

辞書・表記ゆれを指定して検索

アジ歴グロッサリー内検索【 グロッサリー内検索について 】
アジ歴グロッサリーでサイト内検索を行います。
アジ歴グロッサリーとは
アジ歴で資料を検索する際のテーマ別歴史資料検索ナビです。テーマ別にキーワード一覧、地図、組織変遷表、年表等から、お探しの資料や関連資料にスムーズにアクセスすることができます。
< 現在公開中のテーマ >
・公文書に見る終戦 -復員・引揚の記録-
・公文書に見る戦時と戦後 -統治機構の変転-
・公文書に見る外地と内地 -旧植民地・占領地をめぐる人的還流-
・公文書にみる明治日本のアジア関与 -対外インフラと外政ネットワーク-

項目とキーワードを指定

作成年月日

元号西暦対照表

検索する資料

所蔵機関

種別

言語

文書の機密レベル

資料群を指定

該当件数:741件( 1-20 件目を表示 )

サムネイル表示

CSVダウンロード

表示件数

表示順

閲覧ボタンにマークがある場合は、外部サイトにリンクします。

No.
レファレンスコード
概要

No.

[レファレンスコード]A01200796600

閲覧

[規模]1

  • [所蔵館における請求番号]類00720100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]11月30日 司令官ハ大本営存在中其令下ニ属ス 陸達第百十四号 司令官ハ同部条例第五条ニ依ラス大本営存在中ハ其令下ニ属セシムルコトニ定メラル 明治28年11月30日 陸軍大臣候爵 大山巖
  • 作成年月日明治28年11月30日
  • 作成者陸軍大臣候爵 大山巖

No.

[レファレンスコード]A04010030800

閲覧

[規模]3

  • [所蔵館における請求番号]纂00382100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]陸乙一〇 明治二十九年五月十四日 陸軍大臣報告第一師団ニ於テ諸団隊ヲ編成シ同地駐在ノ第六師団ノ諸団隊ト交代ノ件 右回覧ニ供ス 陸軍省送達送甲八七九号 今回第一師団ニ於テ左ノ通諸団隊ヲ編成シ清国山東省威海衛ニ至リ第六師団ノ諸団隊ト交代セシメラレ候条及報告候也 明治二十九年五月十二日 陸軍大臣侯爵大山巌 内閣総理大臣侯爵伊藤博文殿 追テ朝鮮国ヘ派遣セラレタル歩兵一大隊ハ此団隊中ヨリ派遣セラレタルモノニ有之候同右申添候也 一 歩兵一旅団 二 騎兵一中隊 三 野戦砲兵一中隊(野砲) 四 工兵隊一隊 陸軍大臣上奏特赦ノ件 有期流刑囚 清水金次郎 小田切功 右謹テ裁可ヲ仰ク 明治二十九年五月十九日
  • 作成年月日明治29年5月14日
  • 作成者陸軍大臣侯爵 大山巌
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A04010045300

閲覧

[規模]3

  • [所蔵館における請求番号]纂00453100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]明治三十一年五月十日 陸軍大臣報告撤回ト共ニ同軍司令官ヲシテ並ニ諸建築物ヲ清国政府ノ委員ニ引渡ノ件 右高覧ニ供ス 陸軍省送達 送甲第一一七一号 今般撤回ヲ被命候付其ノ撤回ト共ニ同軍司令官ヲシテ土地并ニ諸建築物ヲ清国政府ノ委員ニ引渡サシムヘキ旨相命候間此段及報告候也 明治三十一年五月九日 陸軍大臣子爵桂太郎 内閣総理大臣侯爵伊藤博文殿
  • 作成年月日明治31年5月10日
  • 作成者陸軍大臣子爵 桂太郎
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A04010045400

閲覧

[規模]3

  • [所蔵館における請求番号]纂00453100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]明治三十一年五月二十日 陸軍大臣報告参謀本部御用掛陸軍歩兵大尉田中新助清国芝@ヘ滞在ノ件 右高覧ニ供ス @送第一四一号 参謀本部御用掛陸軍歩兵大尉田中新助 御用有之清国芝@滞在被仰付 前書之通御裁可ヲ経テ本日相達候條及報告候也 明治三十一年五月十九日 陸軍大臣子爵桂太郎 内閣総理大臣侯爵伊藤博文殿 追テ本人儀ハ是迄清国ニ属シ居候者ニ有之候條此段申添候也 陸軍大臣提出軍機保護法案 右謹テ上奏シ恭シク 聖裁ヲ仰キ併セテ帝国議会ノ議ニ付セラレムコトヲ請フ 明治三十一年五月二十六日 内閣総理大臣侯爵伊藤博文
  • 作成年月日明治31年5月20日
  • 作成者陸軍大臣子爵 桂太郎//総理大臣侯爵 伊藤博文
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A10110973600

閲覧

[規模]8

  • [所蔵館における請求番号]歳A00063100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容](戊)明治二十九年度歳入歳出総予算追加 明治二十九年度歳入歳出総予算追加説明 明治二十九年度歳入歳出総予算追加トシテ計上スル所ノ金額ハ歳入歳出各三千八百四十一万三千五百七円八十四銭二厘ニシテ其歳出追加ヲ要スルハノ経費台湾軍務局、守備隊、憲兵隊等ノ経費台湾民政ニ係ル経費台湾民政ニ属スル臨時事業費及明治二十七八年役ニ係ル臨時軍事費ノ残務ニ属スル諸般ノ経費ヲ要スルニ由ル 前記歳出額ハ台湾歳入六百六十八万二千二百三十六円六十銭三厘臨時軍事費特別会計ニ属スル剰余金ノ内千三百六十万七千九百八十四円一銭九厘明治二十八年勅令第百三十七号ニ拠リ一時賜金充用ノ為メ発行スル軍事公債五百九十五万二千五百円及明治
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A15112998800

閲覧

[規模]1

  • [所蔵館における請求番号]類00737100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]十一月二十九日送乙第四四九五号本年送乙第三四〇六号人馬物品管理区分表中臨時澎湖島堡塁団守備要塞砲兵隊ノ次ニ左ノ通追加ス明治二十八年十一月二十九日陸軍大臣侯爵大山巌臨時台北兵器修理所第一師団司令部台湾建築部同司令部第六師団司令部
  • 作成年月日明治28年11月29日
  • 作成者陸軍大臣侯爵大山巖
  • 組織歴内閣//陸軍省

No.

[レファレンスコード]B07090726400

閲覧

件名分割2

[規模]44

  • [所蔵館における請求番号]5-2-6-0-3(所蔵館:外務省外交史料館)
  • [言語]日本語
  • [内容]機密送第一九一号 日清通商航海条約締結ニ際シ在日本清国人待遇方@日本人@輪入税並ニ撤回@ニ関シ彼我全権委員ノ@ヘ別紙之通@照会徃復致候旨林特命全権公使ヨリ報告@之候@此段及御報告候也 明治二十九年八月十八日 西園@外務大臣 伊藤内閣総理大臣殿 陸軍省送達 送@第二八〇二号 第一〇二一〇号 清国威海衛占領地ニ於テ馬関条約規定経界線内ニ清国軍隊ノ駐在シアル件ニ付本年一月九日送甲第八号ヲ以テ及御照会同月十日親展表第一号及五月二十五日送第一二二号ヲ以テ御回答有之其後七月二十八日送甲第二四二三号ヲ以テ更レ及御照会此処未タ何等之御回答@之右ハ如何相成度@哉至急何@之処置相成ル様致度重テ及照会候
  • 作成年月日明治29年8月18日~明治30年4月15日
  • 作成者西園寺外務大臣//陸軍子爵高島靹之助//特命全権大使男爵林董
  • 組織歴外務省

No.

[レファレンスコード]B09072642800

閲覧

件名目次

[規模]1

  • [所蔵館における請求番号]5-2-17-0-1_001(所蔵館:外務省外交史料館)
  • [言語]日本語
  • [内容]一軍費賠償金領収手続取極之件 二費領収手続取極之件 三軍費賠償金利子取立方之件 四清国政府ヨリ領収スヘキ軍費賠償金中其換算上英貨一片以下ニ属スル端数取捨ニ関スル件 五第一回軍費賠償金領収ノ件 六第二回軍費賠償金並ニ利子及威海衛守備兵一半ヲ英国ニテ一半ヲ独逸ニテ領収ノ件 七軍費賠償金未払額一億両ニ対スル利子領収ノ件 附償金払込期日ノ前具期日ヲ在清公使リ経テ清国政府ヘ通知候ノ件 八第三回軍費賠償金並ニ利子及威海衛守備兵費領収ノ件 九第四回軍費賠償金及利子並威海衛守備兵費授受始末 十第五回軍費賠償金及利子並威海衛守備兵費残全額授受始末
  • 組織歴外務省

No.

[レファレンスコード]B09072643100

閲覧

[規模]9

  • [所蔵館における請求番号]5-2-17-0-1_001(所蔵館:外務省外交史料館)
  • [言語]日本語
  • [内容]費領収手続取極之件 Pet. Der. 13 1895 2pm Rec'd 〃 〃 〃 7pm Saionzi Tokio 62 from 野村 to 大蔵大臣 Chinese Government agreed to pay expenses for Wei-hai-wee also with pound sterling in London all being settled l shall leave here 十月十四日 Hayashi.在英国加藤公使ヘ電報 清国政府ヨリ払込ム威海衛ニ係ル諸費モ倫敦ニ於テポントヲ以テ受取ル事ニ約条セリ委細ハ郵便 Ka18, London 6
  • 作成年月日明治28年10月17日~明治28年11月2日
  • 作成者特命全権大使林董//西園寺外務大臣代理
  • 組織歴外務省

No.

[レファレンスコード]B18010136500

閲覧

件名目次

[規模]3

  • [所蔵館における請求番号]6.2.1.2-19_001(所蔵館:外務省外交史料館)
  • [言語]日本語
  • [内容]目次 ○清国皇帝陛下ヨリ佐藤軍医総監他六名ヘ勲章賜与之件 明治二十八年 ○清国皇帝陛下ヨリ陸軍歩兵大尉宮﨑憲之外七名ヘ勲章贈与之件 明治三十一年三月 ○清国皇帝陛下ヨリ司令部参謀長岡﨑歩兵大佐ヘ勲章贈与之件 明治三十一年九月 ○清国皇帝陛下ヨリ伊藤侯爵外五名ヘ勲章贈与之件 明治三十一年十月 ○清國皇帝陛下ヨリ宮内省調度課長長﨑省吾外二名ヘ勲章贈与之件 明治三十二年四月 ○清國皇帝陛下ヨリ前外務次官小村壽太郎外七名ヘ勲章贈与之件 明治三十二年九月 ○清國皇帝陛下ヨリ小田切総領事ヘ勲章贈与之件 仝年六月 ○清國皇帝陛下ヨリ川上陸軍中将外三十五名ヘ勲章贈与之件 明治三十一年五月 ○清國皇帝陛下ヨリ矢野公使ヘ勲章贈与之件 ○清國皇帝陛下ヨリ速水書記生ニ勲章勲記送付ノ件
  • 組織歴外務省

No.

[レファレンスコード]B18010136800

閲覧

[規模]17

  • [所蔵館における請求番号]6.2.1.2-19_001(所蔵館:外務省外交史料館)
  • [言語]日本語
  • [内容]明治三十一年九月 清国皇帝陛下ヨリ司令部参謀長岡﨑歩兵大佐ヘ勲章贈与之件 公信第六三號 受第一二六六五號 一紙包箱壱箇 清國三等三勲章壱箇入 右ハ清國皇帝ヨリ曩キ司令部參謀長岡崎歩兵大佐ヘ贈与御残申越ヲ以テ海関通ヨリ傳送方依頼有之候ニ付本日当港出帆ノ玄海丸便ニ托シ神戸ヨリ小包郵便ヲ以テ遞送岐シ御称@ヒ置キ@旨可然御取斗相成御如申進候敬具 明治三十一年九月廿七日 在天津一等領事 鄭永昌 外務次官 小村壽太郎殿 明治丗一年十月十三日起草 同 年〃月廿七日發遣 送第一四六號 外務大臣伯爵 大隈重信 陸軍大臣子爵 桂太郎殿 墨大佐ヘ贈與ノ清國勲章傳逹方ノテスク 法國皇帝ヨリ元威海衛占領司令部參謀長岡崎歩兵大佐ヘ贈與ノ法國
  • 作成年月日明治31年9月27日~明治32年11月15日
  • 作成者在天津一等領事 鄭永昌//外務大臣伯爵 大隈重信//陸軍省人事課長 中岡默//外務大臣官房庶務課長 加藤恒忠//一等領事 鄭永昌
  • 組織歴外務省//陸軍省//駐天津日本領事館

No.

[レファレンスコード]C03011427300

閲覧

[規模]7

  • [所蔵館における請求番号]陸軍省-大日記乙輯-T10-1-19(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]第一号 肆第二〇四六号 田中權之助復権ノ件 @第一三三号 大臣ヨリ内閣總理大臣ヘ通牒案 別紙田中權之助恩赦ノ件上奏書及進達候也 陸普第五四二一号 田中權之助助恩赦ノ件上奏案 田中權之助ニ対シ別紙ノ通恩赦申立有之審査候処本人ハ明治三十年五月十二日軍法会議ニ於テ@盗罪ニ依リ重禁錮五月ニ処セラレ其ノ刑ノ執行ヲ終リ既ニ二十三年六月@ヲ経過シ其ノ間行状善良改悛ノ情顕著ニシテ将来再@ノ@ナキモノト認候条恩赦令第十条第一項ニ依リ特典ヲ以テ復権セラレ候様致度関係書類相添上奏候也 肆第二〇四六号其二 @第一一号
  • 作成年月日大正10年
  • 作成者第一師団//大臣
  • 組織歴陸軍省//内閣

No.

[レファレンスコード]C03023059400

閲覧

[規模]5

  • [所蔵館における請求番号]陸軍省-密大日記-M29-1-2(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]軍四第五三号 密受第七四号 司令部 機密費支出之件 御指令按 伺之通 天発第三三号 別紙天発第二五号之通大本營ヘ申請候処別紙臨発第三一一五号之通指令相成候就テハ四月以後ノ分モ御詮議相成候様致度此段及申請候也 明治二十九年四月一日 陸軍大臣候爵 大山巖 天発第二五号 当軍ノ任務ヲ果サン為メニハ自然清国軍隊ノ位置編成動静並ニ民情等ヲ詳知セサルヘカラス従テ間諜ヲ使用スルノ必要有之既ニ現今清国人三名ヲ使用シ時々諸方向ニ派遣シ之レカ為メ得タル緊要ノ情報モ尠シトセス尚ホ今後絶ヘズ之レヲ使用スルノ必要ヲ相認メ候何トナレバ当清国ニ於テ其@密ノ状勢ヲ偵知スルハ之ヲ以テ最良手段トスルノミナラズ我占領地域外ノ情况ニ至テハ之レヲ措イテ他ニ良手段モ無之加フルニ今回朝
  • 作成年月日明治29年
  • 作成者司令官 伊瀬知好成
  • 組織歴陸軍省//参謀本部

No.

[レファレンスコード]C03023065600

閲覧

[規模]17

  • [所蔵館における請求番号]陸軍省-密大日記-M29-2-3(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]@ 清国人王子彦以下八名ノ者共貴無シ@@威海@占領事軍司令官分@@ニ対シ@ニ命ニ依リ@@認@@右ハ中@@ニ通御欠@代@ノトヒ@@在@貴無シ@@ハ臨時軍事@協害費ヨリ支@相成度候也 明治@年八月十七日 陸軍省別@山内@人 右御@載ノ上ハ左ノ通御指令相@度@ 威天@別第六号清国人王子彦以下ハ@貴無ノ件 申請之通 密受第一四九号 威天発別第六号 目下当軍ニ傭役シアル所ノ清国人王子彦巳下八名ノ者共ハ遼東半島撤兵之際占領事地総督部或ハ其他ヨリ保護ノ依頼ニ拠リ爾来傭役シ来リ候者ニ有之候処当軍威海衛占領ニ際シテハ彼我ノ間ニ奔@@力シ当軍ノ為メ功労不尠尚其後ニ於テモ動労有之モノニ付別紙乙号ノ通リ日給支給保護致来リ候処占領作@般之行務モ略ホ整@致候今日ニ在テハ最早使役スルノ要用モ無之而己ナラス経常費定額令達相成候ニ付テハ一層経費節減ラモ要シ候次第ニ付此際従来ノ功労ニ対
  • 作成年月日明治29年
  • 作成者司令官男爵 西寛二郎//茨木陸軍少将
  • 組織歴陸軍省

No.

[レファレンスコード]C03023066100

閲覧

[規模]6

  • [所蔵館における請求番号]陸軍省-密大日記-M29-2-3(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]@三十九年度ニ於ケル予算請求額左ノ如シ 機密費 既ニ予算ニ@ @請求書 但八月以後ノ本年度ノ月額ハ八ケ月ニ付@@千六百円ニテ@ 接待費 但経費ハ本無度ニ二千三百七十四円七十五銭アリ@@ノ節ニ接待費六百円@ 側量費 本額ハ既ニ@本金額ヲ要ス@限リノモノトス 合計御請求額三千八百円也 右ノ@@セテ金三千八百円@機密費ヨリ@大臣ノ御@裁ヲ仰キ七月三十一日@受領ノ上直ニ岡崎参謀長ヘ交付@受領@軍事課ニ於ケ機密費ハ六千八百円@接待費@@ノ場合ニ迎テハ臨時@@@増額@ 明治三十九年八月三十一日 受領証 右正ニ受領候也 明治二十九年七月三十一日 参謀長 岡崎生三 陸軍省副官 山内長人殿 別紙之通機密費決算及報告候也
  • 作成年月日明治29年7月31日~明治29年11月1日
  • 作成者参謀長 岡﨑生三//司令官男爵 西寛二郎
  • 組織歴陸軍省//司令部

No.

[レファレンスコード]C03023067600

閲覧

[規模]8

  • [所蔵館における請求番号]陸軍省-密大日記-M29-2-3(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]密受第一五八号 天発第五四号 報告 近頃ロ当方面ニ於ケル清国軍隊ノ動静ニ就キ得タル情報及其他ノ情况左ノ通リ及報告候也 陸軍大臣候爵 大山巖 六月下旬頃ニ於ケル清軍ノ位置 東字副軍 約領王某 左營 營官張某 右營 營官宿廷慶 酒舘集ニ駐屯ス 前營 營官周某 中營 統領王某 上庄ニ駐屯ス 後營 營官呉某長泊崖ニ駐屯ス(金山寨ノ南方) 東字正軍 統領孫万林 前營 營官載守礼架山ニ駐屯ス 後營 營官李鴻春 左營 營官@清雲 文登県ニ駐屯ス 右營 營官呉某 中營 統領孫万林 申格庄駐屯ス(草@ノ南方) 東字定軍 統領李定明 左營 營官@華忠 右營 營官李某 宋村ニ駐屯ス 中營 營官嚴某 前營 營官超某 後營 營官子某 島裡集附近ニ駐屯ス 右之外嵩武軍四營ハ芝@
  • 作成年月日明治29年08月24日
  • 作成者司令官男爵 西寛二郎
  • 組織歴陸軍省

No.

[レファレンスコード]C03023072200

閲覧

[規模]14

  • [所蔵館における請求番号]陸軍省-密大日記-M29-2-3(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]密受第二五二号 第一三号 別紙@@@府知府ヨリ栄@戦@@ヘノ連書@牒ヨリ受領@ニ付訳文相@@此@及報告候也 陸軍大臣子爵 高嶋@之助 撫提部院營務処 特授登州府正堂端 札栄城県知悉案蒙 本道札開光緒二十二年九月二十六日奉 撫提部院李 札開照得本部院恭奉電 旨以 日本未能撤隊彼佑威海四十里外再空四十里不駐兵隊等因欽此除欽遵転@各営依限@理並分行外合行恭録電 旨並将 総署厚電@本部院両次電 奏一併照抄飭知札到該道即便欽遵査照此札等因到道行府蒙此合行札飭札到該県即便欽遵査照母@此札 計@@一紙 総署来電 九月十四日 威海防兵一節日本迭次照会謂中国有心違約詞甚激切並言若不允退即将新定商約作廃本署迭@弁@幾至决裂巳於十三日奏明奉 旨先准即於是日興該使互立文憑訂明
  • 作成年月日明治29年12月09日
  • 作成者司令官 @@@国
  • 組織歴陸軍省

No.

[レファレンスコード]C03023079100

閲覧

[規模]3

  • [所蔵館における請求番号]陸軍省-密大日記-M30-1-3(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]密受第七四号 秘石第八号 別紙ハ間牒報告御参考迄ニ及報告候也 陸軍次官男爵 児玉源太郎 間諜ノ報告 露国ハ清国ヨリ膠州湾ヲ向ハ三十ケ年間借受ヶ軍艦ノ碇泊所ト為スノ約整ヒ不日該地ニ棧橋及将校ノ官舎等ノ建築ニ着手スト 右ニ付ラノ用向ナルキ否ヤハ不明ナレモ芝罘道台ハ山東巡撫ノ命ニヨリ我二月二十七日頃芝罘ヲ出発シ膠@ヘ出張スル由 清露両国間ニ於テ「シベリヤ」鉄道ヲ寧古塔ヲ経テ大連湾及旅順口@延長スルノ条約ハ巳二成立シ其詳細スル条約ハ来ル清暦三月@ニ締結セラルベク而メ右締結セハ直ニ布設ニ着手スル由又此鉄道ハ向フ十五ヶ年間ハ露国政府ノ所有ニ属スト 旅順口及大連湾ニハ通計十八営ノ守兵アリシガ内八営ハ解散スルアトナリ目下解散中ナリ而シテ宗慶ハ前両地ノ総統領トシテ旅順ニ
  • 作成年月日明治30年02月24日
  • 作成者威海@占領軍参謀長 関渡生三
  • 組織歴陸軍省

No.

[レファレンスコード]C03023092100

閲覧

[規模]56

  • [所蔵館における請求番号]陸軍省-密大日記-M30-2-4(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]別冊地理実査報告附図相添ヘ此段及進達候也 @@別紙陸図ハ@@測図ニテ情@テヨリ@議ヲ@@ス@@@@@注意シ調製ラ@@モノニ付此段為念申添@候也 陸軍次官男爵 児玉源太郎 @@@ 清国山東省文登県及栄城県附近地理実査報告 文登栄城県附近地理実査報告 初村ヨリ文登県ニ至ル 里程約六十五清里 道路ノ景況不良ニシテ恰モ旅順半島ノ道路ニ於ケル如ク道路ト云ハハ道路畑ト云ハハ畑ニシテ决シテ判然タル道路ト云ヒ難シ而シテ初村ヨリ四甲ニ至ル建ハ約七清里此間ハ平垣ニシテ東西山ヲ以テ覆ヒ四甲ヨリ以南次第ニ緩傾斜ヲ以テ高地トナリ標高約百五十米突ニ至ル而シテ是ヨリ以南大概同標高ニシテ只連綿タル小丘阜ニテ七里水頭ニ至ル各丘阜皆緩傾斜ニシテ急竣ノ坂路ナシ歩兵ハ一列行進ヲ以テ行進スヘク
  • 作成年月日明治30年05月27日
  • 作成者@@@@@領事参謀長 岡崎生三
  • 組織歴陸軍省

No.

[レファレンスコード]C03023093400

閲覧

[規模]3

  • [所蔵館における請求番号]陸軍省-密大日記-M30-2-4(所蔵館:防衛省防衛研究所)
  • [言語]日本語
  • [内容]別紙間諜報告及進達候也 陸軍大臣子爵 高嶋@之助 間諜報告 東字定軍中営ハ@暦七月中解散セリ 東字定軍前営同右営(営官宿某)ハ過般上庄西方@@@旧東字副軍左営及同前営ノ駐剳セレ兵営内ニ移転@リ西シテ前記ノ二営@東字副軍中営ハ夏耕亭来@統領職ニ就@@ 嵩武軍右営@官@洪ハ過日辞職シ東字副軍ノ旧統領タリレ王宝華ハ次席統領トシテ来ノ@欠ヲ補エリ又巴某ハ過日嵩武軍中営ノ営官ニ任セラル 嵩武軍中営同右営同後営ハ不日改称スル筈@@トノ風説アリ(案スルニ去ル七月中ノ上諭ニ依レハ嵩武軍三営@解散スル筈ナリ@ニ實際ハ東字軍三営@解散セリ依@@分本文@三営ヲ改弥シ上諭ニ応スル如クスルナラン)又嵩武軍後営々官徐海山ハ辞職シ@某其后任トナレリ 葛家集附近ノ二兵営ハ土人ニ払下@
  • 作成年月日明治30年09月10日
  • 作成者威海衛@領軍司令官 三好成行
  • 組織歴陸軍省


PAGE TOP