アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

階層から検索する

検索条件 : 大本営陸軍部

絞り込み検索

辞書・表記ゆれを指定して検索

アジ歴グロッサリー内検索【 グロッサリー内検索について 】
アジ歴グロッサリーでサイト内検索を行います。
アジ歴グロッサリーとは
アジ歴で資料を検索する際のテーマ別歴史資料検索ナビです。テーマ別にキーワード一覧、地図、組織変遷表、年表等から、お探しの資料や関連資料にスムーズにアクセスすることができます。
< 現在公開中のテーマ >
・公文書に見る終戦 -復員・引揚の記録-
・公文書に見る戦時と戦後 -統治機構の変転-
・公文書に見る外地と内地 -旧植民地・占領地をめぐる人的還流-
・公文書にみる明治日本のアジア関与 -対外インフラと外政ネットワーク-

項目とキーワードを指定

作成年月日

元号西暦対照表

検索する資料

所蔵機関

種別

言語

文書の機密レベル

資料群を指定

該当件数:2,399件( 1-20 件目を表示 )

サムネイル表示

CSVダウンロード

表示件数

表示順

閲覧ボタンにマークがある場合は、外部サイトにリンクします。

No.
レファレンスコード
概要

No.

[レファレンスコード]A03032243200

閲覧

[規模]28

  • [所蔵館における請求番号]返赤60003000(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]軍事極秘 用済焼却 米英「ソ」三頭会談、英国選挙及「ソ」対日作戦準備進捗等ニ伴フ情勢観察 昭和二○、八、三 目次 第一 米英「ソ」三頭会議 第二 米英重慶対日共同声明 第三 英国全選挙 第四 「ソ」重慶会談 第五 米英「ソ」支関係 第六 「ソ」ノ対日作戦準備進捗状況 第七 結論 第一 米英「ソ」三頭会談 米英「ソ」三頭会談ハ七月十七日ヨリ「ポツダム」ニ於テ開催セラレ八月二日終了セリ 一、本会談ニ於ケル主要議題ガ欧州捕虜問題就中独逸処理、傘下諸団トノ講和条約起草ヲ目的トスル五外相会ノ創設賠償問題並
  • 作成者
  • 組織歴大本営

No.

[レファレンスコード]A03032259300

[所蔵館における請求番号]返赤64012000(所蔵館:国立公文書館)

  • [言語]日本語
  • 作成年月日昭和19年2月1日
  • 作成者

No.

[レファレンスコード]A03032259400

閲覧

[規模]29

  • [所蔵館における請求番号]返赤64012000(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]極秘 最近ニ於ケル奉國事情 昭和19年02月01日 大本營陸軍部 世界情勢ノ推移ニ伴フ敵側ノ宣傳謀略ハ奉國政界ヲ不安定ナラシメ戰局ノ將來ニ對シ疑惧ノ念ヲ懐カセシメアリ(イ)奉國陸軍總兵力ハ約八萬、空軍兵力ハ約一二〇(内第一線機約六〇)ニシテ海軍ハ二海軍區ニ変成セラレ兵力(砲艦六隻、驅逐艦三隻、水艦艇一一隻、潜水艦四隻)約五千ヲ有ス 陸軍ノ配置、外征軍ノ概況竝ニ飛行場配置状況ハ附@第一、第二、第三ノ如シ(國防軍ノ戰時編成及陸軍部隊ノ不戰兩時ニ於ケル編成裝備ニ關シテハ附表第一、第二參照)(ロ)奉國政治機構竝ニ
  • 作成年月日昭和19年2月1日
  • 作成者

No.

[レファレンスコード]A03032259700

[所蔵館における請求番号]返赤64014000(所蔵館:国立公文書館)

  • [言語]日本語
  • 作成年月日昭和19年3月31日
  • 作成者

No.

[レファレンスコード]A03032259800

閲覧

[規模]44

[種別]図,表

  • [所蔵館における請求番号]返赤64014000(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]極秘 最近ニ於ケル比島事情 昭和十九年三月三十一日 目次 第一 概説 図表第一 日比島地勢概要図 同第二 対比島敵動向要図 同第三 比島共和国政治機構並ニ首脳者一覧表 同第四 比島人種概況表 比島行政区画及宗教分布要図 第二 米国ノ対比島宣伝放送 第三 敵潜水艦ノ活動状況 図表第五 比島附近敵潜水艦発見月別表 比島附近海域別敵潜水艦出没状況表 比島附近敵潜水艦発見状況要図 第四 敵性無線並ニ謀略活動 図表第六 敵性電波標定交会要図 第五 最近ニ於ケル兵匪ノ活動 図表第七 比島兵匪情報連絡系統
  • 作成年月日昭和19年3月31日
  • 作成者

No.

[レファレンスコード]A04010090600

閲覧

[規模]6

  • [所蔵館における請求番号]纂00939100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]@@@送達 満発第九四二三号 明治三十八年十一月二十八日 陸軍次官石本新六 内閣書記官長柴田家門殿 満洲軍総司令部凱旋次第概況別紙之通ニ有之候間及通牒候也 満洲軍総司令部凱旋次第概況 一 総司令官以下十二月四日午前七時十分広島発ノ列車ニテ東京ニ直行シ六日午前十時三十九分新橋ニ著シ直ニ参内ス 二 停車場ニ於ケル出迎者ノ位置ヲ別表ノ如ク規定ス 三 総司令官宮中ニ参内シ作戦ノ経過ヲ奉告ス次第ハ別ニ規定ス 四 宮中ノ式終テ総司令官以下宮中ヲ退出シニ参集シ然ル後解散ス 五 新橋停車場ヨリ宮中へ及宮中ヨリ 大本営ヘノ道筋左ノ如シ 一、新橋停車場ヨリ双葉町通右へ新幸町幸橋ヲ入リ左ヘ内幸町通右へ外務省前へ通リ桜田門ヲ入リ正門御車寄
  • 作成年月日明治38年11月28日
  • 作成者陸軍次官 石本新六
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A06031031200

閲覧

[規模]21

  • [所蔵館における請求番号]ヨ310-0109(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]第一五〇号 昭和十一年十月一日第三種郵便物認可 昭和十四年八月三十日発行 (毎週一回水曜日発行) 五銭 内閣情報部編集 週報 八月三十日号 朝鮮の産業開発計画 時局と水産業 事変下の府県会議員選挙 独ソ関係の変遷 九月 興亜奉公日 週報 目次 (八月三十日 第一五〇号) 朝鮮産業の総合開発計画 朝鮮総督府 事変下の府県会議員選挙と粛正運動 内務省 時局と水産業 農林省 国際時事解説 独ソ関係の変遷 外務省情報部 最近公布の法令 内閣官房総務課 週間日誌 八月十九日(土) 七月中の北・中・南支に於ける戦果敵屍二万三千七百七十、俘虜千六百人に対し、わが方の尊き戦死八百九名と発表 海の荒鷲@定を初空襲
  • 作成年月日昭和14年8月30日
  • 作成者内閣情報部
  • 組織歴内閣//内閣情報部

No.

[レファレンスコード]A06031039900

閲覧

[規模]29

  • [所蔵館における請求番号]ヨ310-0109(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]第二三七号 昭和十一年十月一日 第三種郵便物認可 昭和十六年四月二十三日発行 (毎週一回水曜日発行) 五銭 情報局編集 週報 四月二十三日号 日ソ中立條約成立す 結核の特性と予防 乳幼児の体力増強 栄養と健康 時局下の健康増進運動 護国の英霊を思ひ奉公の誠を致さん 週報 第二三七号 四月二十三日 時局下の健康増進運動 厚生省 結核予防の二大重点 乳幼児の体力増強 栄養と健康 日ソ中立條約成る 相続税法の改正 大蔵省 改正された刑法 司法省刑事局 大洪山脈方面の戦況 支那方面海軍作戦の戦果 大本営海軍部 一億を突破した我が国人口 発表された昭和十五年国勢調査の結果 週間日誌 四月十二日(土) 天皇、皇后両陛下、葉山に
  • 作成年月日昭和16年4月23日
  • 作成者内閣情報部
  • 組織歴内閣//内閣情報部

No.

[レファレンスコード]A06031040000

閲覧

[規模]21

  • [所蔵館における請求番号]ヨ310-0109(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]第二三八号 昭和十一年十月一日 第三種郵便物認可 昭和十六年四月三十日発行 (毎週一回水曜日発行) 本号に限り十銭 週報 四月三十日号 太平洋問題特集 世界情勢と太平洋 太平洋における英米の権益 通商破壊戦と船舶保護 附録 大東亜共栄圏及太平洋要図 四月二十八日から五月七日迄 健康増進運動 撲滅せよ結核 増強せよ乳幼児の体力 栄養化せよ食内容 週報 第二三八号 四月三十日 欧州より帰りて 外務大臣 松岡洋右 太平洋問題特集 世界情勢と太平洋 大本営海軍報道部 海軍大佐 平川英夫 太平洋における英米の権益 太平洋めぐり 通商破壊戦と船舶保護 海軍省 浙江@州作戦の概況 附録 大東亜共栄圏及び太平洋要図
  • 作成年月日昭和16年4月30日
  • 作成者内閣情報部
  • 組織歴内閣//内閣情報部

No.

[レファレンスコード]A06031040400

閲覧

[規模]29

  • [所蔵館における請求番号]ヨ310-0109(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]第二四二号 昭和十一年十月一日 第三種郵便物認可 昭和十六年五月二十八日発行 (毎週一回水曜日発行) 五銭 情報局編集 週報 五月二十八日号 商工奉仕委員制度の設置 正しい歩き方とは 国民映画と国民演劇 医薬品衛生材料の生産配給統制 イラクの情勢 中原の大殲滅戦 商道に映せ 日本の美しさ 新商道徳の樹立 週報 第二四二号 五月二十八日 商工奉仕委員制度の設置 商工省 中原の大殲滅戦 国民映画と国民演劇 医薬品と衛生材料の生産配給統制 厚生省衛生局 強化された外国為替管理(下) 大蔵省為替局 正しい歩き方とは 厚生省 イラクの情勢 週間日誌 五月十六日(金) 海軍航空隊重慶を猛爆 東地中海全部を危険水域に指定の旨英当局公表
  • 作成年月日昭和16年5月28日
  • 作成者内閣情報部
  • 組織歴内閣//内閣情報部

No.

[レファレンスコード]A06050507800

閲覧

[規模]10

  • [所蔵館における請求番号]枢00091100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]至急 満発第九四二三号 明治三十八年十一月二十八日 陸軍次官 石本新六 枢密院書記官長 都筑馨六殿 満洲軍総司令部凱旋次第概況別紙之通ニ有之候間及通牒候也 満洲軍総司令部凱旋次第概況 総司令官以下十二月四日午前七時十分広島発ノ列車ニテ東京ニ直行シ六日午前十時三十九分新橋ニ著シ直ニ参内ス 停車場ニ於ケル出迎者ノ一ヲ別表ノ如ク限定ス 総司令官宮中ニ参内シ作戦ノ経過ヲ報告ス次第ハ別ニ規程ス 宮中ノ式終テ総司令官以下宮中ヲ退出シニ参集シ然ル後解散ス 新橋停車場ヨリ宮中ヘ及宮中ヨリ大本営ヘノ道筋左ノ如シ 新橋停車場ヨリ二葉町通右ヘ新幸町幸橋ヲ入リ左ヘ幸町通右ヘ外務省前へ通リ桜田門ヲ入リ正門御車寄 正門ヨリ桜田門ヲ出テ
  • 作成年月日明治38年11月28日
  • 作成者陸軍次官 石本新六
  • 組織歴枢密院//陸軍

No.

[レファレンスコード]A10113464900

閲覧

[規模]7

  • [所蔵館における請求番号]勲00975100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]青木峯蔵叙勲取消ノ件 右謹テ裁可ヲ仰ク 昭和十八年五月二十六日 内閣総理大臣東条英機 昭和十八年五月二十二日 青木峯蔵ハ飛行機事故ニ依リ危篤ニ陥リタル際左記頭書ノ通叙勲セラレ候処今回ノ事変ニ於テ昭和十五年四月二十九日以後ノ功績勲六等瑞宝章擬叙ノコトト相成候趣ヲ以テ該叙勲取消方所管長官ヨリ上奏有之調査ヲ遂クルニ今更不都合ノ次第ニハ候ヘ共事実不得止儀ト被認候条申立ノ通取消相成候様致度此段上申ス 昭和十五年十二月二十八日叙勲八等授瑞宝章 青木峯蔵 昭和十五年十二月二十八日叙勲八等授瑞宝章 航空局嘱託青木峯蔵 右ノ者頭書ノ通叙勲セラレタル処本人ハ当時嘱託(無給)トシテ支那事変(第二次)ニ関与シ其ノ功績
  • 作成年月日昭和18年5月15日~昭和18年5月26日
  • 作成者内閣総理大臣東条英機//逓信大臣寺島健//逓信次官手島栄
  • 組織歴内閣

No.

[レファレンスコード]A17110027600

閲覧

[規模]8

  • [所蔵館における請求番号]昭47厚生00005100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]決判 十二月六日 施行 十二月六日 起案 昭和十二年十二月四日 案 年月日 庶務課 庶務課 各部宛 関係文書及電報ノ発受信ニ関スル件 標記ノ件ニ関シ今般大本営陸軍参謀部総務部長ヨリ別紙ノ通通牒ノ趣ヲ以テ文書課ヨリ移牒有之候条御了知相成度 文第六二六号 昭和十二年十二月二日 文書課 社会局御中 関係文書及電報ノ発受信ニ関スル件 標記ノ件ニ関シ今般参謀本部ヨリ別紙ノ通牒有之候条御了知相成度 参密第五五号第一 関係文書及電報ノ発受信ニ関スル件通牒 昭和十二年十一月二十六日 大本営陸軍参謀部総務部長 首題ノ件左記ノ通規定セラレタルニ付依命通牒ス 左記 防諜及事務ノ関係上
  • 作成年月日昭和12年11月26日~昭和12年12月6日
  • 作成者庶務課//文書課//大本營陸軍參謀部總務部長
  • 組織歴厚生省//社會局//内務省

No.

[レファレンスコード]A18110303500

閲覧

[規模]5

  • [所蔵館における請求番号]平22財務02194100(所蔵館:国立公文書館)
  • [言語]日本語
  • [内容]12 臨時軍事費第八十六議会成立予算額支出勅裁状況調(二〇、) 区分 陸軍 海軍 軍需 大蔵 予備費 計 第八十六議会成立予算額 本費 予備費 計 右支出勅裁額 第八十九回勅裁(二〇、二、二) 第九十回勅裁(二〇、二、二) 第九十一回勅裁(二〇、二、一三) 第九十二回勅裁(二〇、二、二三) 第九十三回勅裁(二〇、二、二七) 第九十四回勅裁(二〇、五、二五) 第九十六回勅裁(二〇、六、一六) 第九十七回勅裁(二〇、七、三) 第九十八回勅裁(二〇、七、三) 第九十九回勅裁(二〇、九、四) 第百回勅裁(二〇、九、四) 第百一回勅裁(二〇、九、四) 計 差引 予算残額 本費 予備費 陸軍方面別階級別人員表 昭和二十年八月三十一日 地区別 総兵員 内訳 将校 下士官 兵 備考 満洲 支那 朝鮮
  • 作成年月日昭和20年8月31日
  • 作成者
  • 組織歴大日本帝国政府//大蔵省

No.

[レファレンスコード]B02030509700

閲覧

[規模]40

  • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-30_001(所蔵館:外務省外交史料館)
  • [言語]日本語
  • [内容](1)支那事変重要記録写 支那事変関係重要記録 (第一部) 帝国政府声明 (昭和十二年七月十一日夕刻発表) 帝国政府声明 (昭和十二年八月十五日午前一時十分発表) 支那事変対処要綱 (昭和十二年十月一日総理外陸海大臣決定) 事変対処要綱(甲)(昭和十二年十二月十二月二十四日閣議決定) 支那事変処理根本方針(御前会議議題)ニ関スル件 (昭和十三年一月十日東亜一) 支那事変解決処理方針案(別紙第一号)(昭和十二年十二月一日軍務局) 第一号 支那事変処理根本方針(御前会議議題)(別紙第二号) 支那事変処理根本方針(御前会議議題)(別紙第三号) 支那事変処理根本方針(御前会議議題)(別紙第四号) 支那事変処理根本方針 【キーワード】中華民国臨時政府治安維持会/蒋介石/近衛/上海停戦協定/塘沽停戦協定//平沼枢府議長/冀東政権/興中公司
  • 作成年月日昭和12年7月~昭和15年3月

No.

[レファレンスコード]B02030524200

閲覧

[規模]21

  • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-30_004(所蔵館:外務省外交史料館)
  • [言語]日本語
  • [内容]?ヲ相手トスル事変解決ニ期待ラ掛ケス新与支那政権ノ成立ヲ助長シコレト両国国交ノ調整ヲ協定シ更生新支那ノ建設ニ協力ス支那現中央政府ニ対シテハ帝国ハ之カ潰減ヲ図リ又ハ新与中央政権ノ傘下ニ収容セラルル如ク施策ス (三) 事変ニ対処シ国済情勢ノ変ニ傭前記方針ノ貫徹ヲ期スル為国家総力就中国防力ノ急速ナル培養整暢ヲ促進シ第三国トノ友好関係ノ保持改善ヲ計ルモノトス (四) 第三国ノ権益ハ之ヲ尊重シ専ラ自由競争ニヨリ対支経済発展ニ優位ヲ獲得スルコトヲ期ス (五) 国民ノ間ニ事変処理根本方針ノ趣旨ヲ徹底セシムル様国論ヲ指導ス対外啓発ニツキテモ亦同シ 別紙甲 日本媾和交渉条件細目 一、支那ハ満洲国ヲ正式承認スルコ 【キーワード】防共自治政府//御前会議/文化提携/駐兵権/大本営陸軍幕僚部/軍令部総長/参謀総長/平沼枢密院議長/堀内次官

    No.

    [レファレンスコード]B02030532500

    閲覧

    [規模]39

    • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-30_009(所蔵館:外務省外交史料館)
    • [言語]日本語
    • [内容]支情経特号 昭和十五年八月 蒋政権ノ経済的抗戦力ノ動向 目次 第一 要旨 第二 戦時経済政策並機構 第三 財政状態 第四 戦費調達法 第五 法幤価値維持策 第六 戦時貿易統制 第七 奥地経済建設 第一要旨 一、蒋政権抗戦三個年ノ財政状態ハ概ネ国内外ノ資力ヲ消尽シタルモノ、如ク今後依然抗戦ヲ継続センカタメニハ国家財政ノ破局的条件ヲ強行克服スルノ外策ナカルヘシ 二、既往ノ援蒋列強ノ凋落ハ必然的ニ「ソ」米依存政策ニ転換セシメタルモ我沿岸並ニ西南補給遮断ノ強化ハ唯一ノ活路ヲ西北ニ求メツ、抗戦原動力ノ主体ヲ奥地経済建設ニ置クニ至レリ抗戦ノ能否ハ一ニ懸ツテ建設ノ成否ニ在リト謂フヘシ 三、蒋政 【キーワード】西南経済建設委員会/バーター貿易/僑務委員会
    • 作成年月日昭和15年8月
    • 作成者

    No.

    [レファレンスコード]B02030532600

    閲覧

    [規模]22

    • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-30_009(所蔵館:外務省外交史料館)
    • [言語]日本語
    • [内容]第五 法幣ノ価値維持策ト奥地物価 蒋政権ノ財政経済的抗戦力ノ基礎カ法幣ニ在ルコトハ疑フヘカラサルトコロニシテ今日慢性的崩落ノ運命ヲ辿リ乍ラ尚敵性通貨トシテ余喘ヲ保チアルハ主トシテ左ノ特色ヲ具備シアルニ依ル 一、幣制改革以来近代的統一通貨トシテノ国家性 二、国民的通貨トシテノ絶対的信頼性 三、外貨転換性 四、英国ノ法幣援助並実質的管理 五、在外為替資金ノ充実性 六、法幣資金逃避防止策 七、支那経済機構ノ特質 八、支那領土ノ広大性 九、外国租界ノ存在並援蒋的性格 十、法幣ニ代ルヘキ通貨ナキコト 事変ノ進展、欧洲戦ノ勃発並我カ海港封鎖ニ依ル補給路遮断ハ諸種ノ悪材料累加ノ原因トナリ漸次后ノ特質ヲ喪失ス 【キーワード】対日経済封鎖政策/物価評定委員会/西南経済建設委員会
    • 作成年月日昭和15年8月
    • 作成者

    No.

    [レファレンスコード]B02030532700

    閲覧

    [規模]34

    • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-30_009(所蔵館:外務省外交史料館)
    • [言語]日本語
    • [内容]第一図 支那奥地鉄道建設状況 第二図 支那奥地主要公路建設状況 第三図 支那奥地航空路ノ概況 二、金融綱ノ構成 武漢戦以後ノ所謂抗戦第二期段階ニ入リ、奥地建設ノ本格化ニツレテ其ノ金融力ノ奥地動員ハ緊要ナル問題ニシテ蒋政権カ民族資本ノ誘致、華僑ノ奥地投資並沿岸遊資ノ吸引ニ懸命ノ努力ヲ払ヒアリシモ如何セシ資金逃避ト法幤ノ対外価値ノ崩落トハ依然其ノ禍根ヲ絶ツニ至ラス益々国内金融力ノ把握ハ緊急ノ案件トナルニ至レリ 民国二十八年九月八日国府令ヲ以テ戦時健全中央金融機構弁法綱要ヲ発布シ先ツ金融力ノ集権制ヲ実施ス即チ其ノ特質タル純戦時性(戦時経済政策施行ノ中権機関)、軍事適合性(国家最高統帥ニ基ク経済動員機 【キーワード】工鉱調整委員会/廠鉱遷移監督委員会/上海工廠遷移監督要員会/西南工鉱業建設運動
    • 作成年月日昭和15年8月
    • 作成者

    No.

    [レファレンスコード]B02030547700

    閲覧

    [規模]21

    • [所蔵館における請求番号]A-1-1-0-30_018(所蔵館:外務省外交史料館)
    • [言語]日本語
    • [内容]参拾部ノ内二参号 昭和十三年十一月十八日 及省部決定 十三年秋季以降 戦争指導方針 目次 一、十三年秋季以降 戦争指導ニ関スル一般方針 二、抗日政権ノ屈伏乃至潰減要領 三、停戦許容条件 四、日支新関係調整ニ関スル原則 五、蒋及国民政府ノ処理ニ関スル準拠 十三年秋季以降ノタメ 戦争指導ニ関スル一般方針 第一方針 当面ノ支那事変ヲ処理シツヘ国家総力就中軍備ヲ拡充シテ対「ソ」支ニ国戦争ヲ準備シ以テ次期国際転機ニ備フ此ノ間日満支ノ関係ヲ自主的ニ調整建設スルコトニ努ム 第二要領 一、支那事変ノ処理ハ差当リ獲得セル総戦果就中今秋季作戦ノ成果ヲ利導シ各般ノ措置ヲ尽シテ之カ早期解決ニ努力ス 右早期 【キーワード】戦争指導/国防圏/総動員/高宗武/西南独立工作/抗日容共政策/土肥原中将/呉佩孚工作


      PAGE TOP