アジア歴史資料センター

文字サイズ

標準

拡大

Language

English

階層から検索する

件名標題(日本語)
件名変装薬量を用ふる三八式銃実包に関する件
階層
レファレンスコード
C02030743400
所蔵館における請求番号
陸軍省-大日記甲輯-T4-4-16(防衛省防衛研究所)
言語
日本語
作成者名称
東京工廠
資料作成年月日
大正4年8月~
規模
20
組織歴/履歴(日本語)
主務局長
内容
伍第三六○号 第五四号 変装薬量ヲ用フル三八式銃実包ニ関スル件 指令申請ノ通 八月三十日 陸普通牒 副官ヨリ兵器本廠長、技術審査部長、大阪砲兵廠提理、三八式銃実包製造ニ際シ所属無煙小銃薬ニシテ理化学的性能総テ規格ニ合スルトキハ(兵器本廠)検査官ト協議ノ上当分装薬量ヲ二瓦一○及至二瓦二○ノ範囲内ニ於テ規定弾道諸元ニ合スル如ク実包ヲ完成シ差支ナキコトニ被定候条通知相成度候也 陸軍者送達 陸普第二三四四号 八月三十日 兵器本廠ニハ()内「貴廠」ニ作ル 陸軍省受領参第三六○号 八月十六日 東京砲兵工廠発甲第二二九号 第五一○八号 申請 大正四年八月十四日 東京砲兵工廠提理 宮田太郎 陸軍大臣岡市之助 三八式銃実包製造ニ際シ所用無煙小銃薬ニシテ理化学的性能総テ規格ニ合スルトキハ兵器本廠検査官ト協議ノ上当分ノ内装薬量ヲ二瓦一○乃至二瓦二○ノ範囲ニ於テ規定ノ
論文などへの引用例

「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C02030743400、変装薬量を用ふる三八式銃実包に関する件(防衛省防衛研究所)」


PAGE TOP