凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

資料群階層表示

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
政略篇
階層
  • 防衛省防衛研究所
  • 陸軍一般史料
  • 中央
  • 軍事行政
  • その他
  • 陸軍省パンフレット(14冊) 昭和9年
レファレンスコード
C15120496300
所蔵館における請求番号
中央-軍事行政その他-571(所蔵館:防衛省防衛研究所)
言語
日本語
作成者名称(日本語)
陸軍省軍事調査部
記述単位の年代域
昭和9年(1934 - 1934)
資料作成年月日
昭和9年5月10日(1934/05/10)
画像数
11
組織歴/履歴(日本語)
陸軍
内容
其一外交政略帝国主義的世界制覇は、ピーター大帝以来の伝統的国是であつたが、共産露国の国是は其形をこそ変へたれ、依然として武力を背景とする赤化による世界征服に在ることは毫も変りないのである。世界大戦の戦禍に懲り、澎湃として全世界を席捲した平和及自由主義思想の波に乗つ主伝播された共産主義は一時世界を風靡したが、欧洲諸国に於ては反動的に抬頭した国家て義と仏波及小協商沿バルチク諸邦を連鎖する赤化防衛壁の為め現在に於ては表面的には圧倒された形である。之に反し東亜に於ては着々として(特に一九二三年―二七年の間)進展しレーニンの揚言した「世界革命は極東に於て決す」の遺訓は漸次実現せられつつある。試に東亜の地図を広げて見るがよい。(巻末附図参照)

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C15120496300