凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
2、何故戦はねばならぬか、又如何に戦ふべきか
階層
  • 防衛省防衛研究所
  • 陸軍一般史料
  • 南西
  • マレー・ジャワ
  • これだけ読めば戦は勝てる
レファレンスコード
C14110549500
所蔵館における請求番号
南西-マレー・ジャワ-11(所蔵館:防衛省防衛研究所)
言語
日本語
画像数
12
組織歴/履歴(日本語)
陸軍省
内容
二、何故戦はねばならぬか、又如何に戦ふべきか 1、東洋平和の大御心を体して 明治維新は廃藩置県で日本を天皇陛下御親政の昔に還し浦賀や長崎に来た黒船があはよくば日本を併合しようとした危い困難を切り抜けたのであつたが昭和維新は東洋平和の大御心を体し、亜細亜を白人の侵略から救ひ亜細亜人の亜細亜に還し先づ亜細亜の平和を次いで世界の平和を確立せねばならぬ。 蒋介石を助けて日本と戦はせて来た黒幕は英、米である。彼等は日本の興隆を目の上の瘤として所有手段で日本の発道を妨害し重慶政権や仏印、蘭印等を嗾かして日本に敵対させようとして居る。彼等の希望する所は亜細亜民族の相剋消耗であり、彼等の恐れる所は亜細亜民族が日本の力で独立を図ることである。

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C14110549500