凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
大正14年2月(3)
階層
レファレンスコード
C12070296600
所蔵館における請求番号
0法令-海軍(二復)公報-33(所蔵館:防衛省防衛研究所)
言語
日本語
作成者名称(日本語)
海軍大臣官房//海軍省経理局長 深水貞吉//海軍省軍需局長 平塚保
記述単位の年代域
大正14年(1925 - 1925)
資料作成年月日
大正14年2月25日~大正14年2月28日(1925/02/25 - 1925/02/28)
画像数
14
組織歴/履歴(日本語)
海軍省
内容
海軍公報 第三千六百九十二号 大正十四年二月二十五日(水) 海軍大臣官房 ○雑款 ○電話架設 水路部長 青山六九〇一番 植村 信男 赤坂区青山南町 六丁目一三五 後備役海軍軍医大佐正五位勲三等根来祐春本月二十一日卒去 ○艦船所在 ▲印「ハホ」ノ指定ヲ要セス ○二月十五日午前十時調 【横須賀】加賀、千早、築摩、榛名▲、満洲、北上、磐手▲、日進、長門、阿蘇、金剛▲、矢風、沖風、沢風、峯風、汐風、灘風、島風、夕風、浦風、三日月、白露、駆一五、潜波一、潜波二、潜波九、潜波一〇、潜呂一三、潜呂一一、潜呂一二、潜呂二五、神風▲、夕立、夕暮、初霜、如月、響、洲埼、朝日、武蔵、尻矢、鳴戸、高崎【浦賀】阿武隈、驅一一

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C12070296600