凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
キーワード詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

資料群階層表示

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
大正7年7月(1)
階層
レファレンスコード
C12070261300
所蔵館における請求番号
0法令-海軍(二復)公報-15(所蔵館:防衛省防衛研究所)
言語
日本語
作成者名称(日本語)
海軍大臣官房//第一艦隊副官//海軍大臣 加藤友三郎
記述単位の年代域
大正7年(1918 - 1918)
資料作成年月日
大正7年7月1日~大正7年7月22日(1918/07/01 - 1918/07/22)
画像数
52
組織歴/履歴(日本語)
海軍省
内容
海軍公報 第千七百四十四号 大正七年七月一日(月) 海軍大臣官房 ○通牒 大正七年七月一日 第一艦隊副官 第一艦隊戦技委員視察及見学者御中 当隊佐伯湾碇泊中ハ午前十一時及午後六時ノ二回通信艇発信ノ便アリ尚此ノ外各艦ノ定期アルモ時間不確定ニ付便船必要ノ際ハ桟橋近クニアル当隊仮設無線電信所ヲ経テ通知相成度 右通知ス 追テ視察見学ノ諸官ハ可成早ク御通知相成度 ○艦船所在 ▲印ハ「ハホ」ノ指定ナ要セス ○七月一日午前十時調 【横須賀】霧島、榛名、生駒、周防、千歳、橋立、天龍、千早、白露、夕暮、夕立、三日月、夕霧、叢雲、陽炎、朧、曙、江風、山風、海風、浦風、不知火、薄雲、潜一三、潜一、潜二、鴎、雉、鴻、白鷹、関東

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C12070261300