凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
キーワード詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

資料群階層表示

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
日本海々戦(極秘)(1)
階層
  • 防衛省防衛研究所
  • 海軍省公文備考
  • ⑪戦役等
  • 日露
  • 日露戦役参加者 史談会記録(1) 明治37~38
レファレンスコード
C09050718500
所蔵館における請求番号
海軍省-日露-M37-436(所蔵館:防衛省防衛研究所)
言語
日本語
画像数
46
組織歴/履歴(日本語)
海軍省
内容
四、日本海々戦(極秘) 項目 日本海々戦(極秘) 細目 進@記録北転戦と現状維持説 財部大将 次に移ります。飯田中将願ひもす 飯田中将 この問題に就いて方々で種々話がありましたので、又我々も方で聞がれましたので、それに就@まして当時の雑誌、新聞などを見ます@も、「三笠艦上に軍談を開く」と云ふことが出て居ります。所が会談を関くと云ふことは我々は何とも思はをいけれども、@国の人は千頃何ても物を@すると云ふ頭から見まして、やはヲ其処でワイワイ云つて@@決で何か決めるだらうと云ふやうに思ふのでして、私など講演の時は三笠艦上に軍@を開くと云ふこもは「指揮官、艦長来れ」と云ふことで長官の下に集められて種々

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C09050718500