凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

資料群階層表示

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
浅間、日進座礁査問付査定書(2)
階層
  • 防衛省防衛研究所
  • 海軍省公文備考
  • ⑩公文備考等
  • 公文備考
  • 大正
  • 大正4年
  • 大正4年 公文備考 巻51 艦船11
レファレンスコード
C08020614900
所蔵館における請求番号
海軍省-公文備考-T4-53-1800(所蔵館:防衛省防衛研究所)
言語
日本語
作成者名称(日本語)
横須賀鎮守府司令長官藤井較一//軍艦浅間坐礁事件査問委員会委員長呉海軍中将江口鱗六//軍艦浅間坐礁事件査問委員会委員海軍大佐原静吾
資料作成年月日
大正5年2月10日~大正5年3月20日(1916/02/10 - 1916/03/20)
画像数
49
組織歴/履歴(日本語)
海軍省
内容
軍艦日進坐礁事件査問ニ関スル尋問書 委員長岩村俊武ヨリ海軍大尉村島曻ニ対シ大正三年十月四日サンダカン港外ニ於ケル軍艦日進坐礁事件ニ関シ尋問スル旨ヲ告知ス 問、当時ノ所属官職氏名ハ 答、日進分隊長海軍大尉村島曻 問、日進坐礁当時当直将校トンテ立チンハ何時ヨリ何時迄ナリシヤ 答、午前八時ヨリ正午時ノ間ニシテ交代セシハ七時四十五分頃ナリ 問、何処テ交代センヤ 答、(図ニ就キ説明セリ) 問、当時ノ天候展望ノ模様如何 答、当時濛気アリタレトモ全ク見エサル程濃厚ニハアラサリキ附近ノ山頂島影等モ見エ居タリ 問、当直中艦位ノ測定ヲ行ヒシ事アリヤ 答、八時ノ位置ハ副官将校入レタリ八時半ニ艦位ヲ確メント自分カベーヤリングヲ取リツヽアリシ時ニ坐礁セリ

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C08020614900