凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
キーワード詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

資料群階層表示

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
第12編 台湾総督府海軍幕僚の施設/第2章 敵情監視
階層
レファレンスコード
C05110129300
所蔵館における請求番号
⑨その他-千代田-515(所蔵館:防衛省防衛研究所)
言語
日本語
画像数
3
組織歴/履歴(日本語)
海軍
内容
第二章 敵情監視 三十八年四月十一日、山本台湾総督府海軍参謀長ハ、伊東海軍軍令部長ヨリ左ノ電訓ニ接ス、一、婆羅的艦隊カ台湾海峡ニ現レタル場合ニ確実ニ其ノ艦種艦数並ニ其ノ動静等ヲ電報セシムルノ目的ヲ以テ見張人要スレハ変装ノ我カ海軍下士卒ヲ台湾沿岸ノ要点汕頭南澎島チヤペル島烏坵列島回船島ニ配置シ置キ度ニ付貴官ハ速ニ此ノ目的ヲ達スルニ必要ノ手段ヲ施サルヘシ 二、右ニ対スル海軍人員ハ馬公要港部司令官ニ請求スヘシ 依テ山本参謀長ハ、馬公要港部司令官海軍中将松永雄樹ニ請求スルニ、下士卒五名ヲ選抜シテ送ラレシコトヲ以テス、又此ノ日山本参謀長ハ、齋藤軍事総監ヨリ、敵情監視ニ関シ、基隆若クハ淡水ニ出入スル船舶ニ報酬ヲ与ヘ、

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/C05110129300