凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード検索
五十音検索
キーワード詳細検索
レファレンスコード検索
他機関との横断検索
地名・人名・出来事事典から検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Language

資料群階層表示

  詳細情報

前の画面へ戻る項目説明印刷用ページ

閲 覧

件名標題(日本語)
分割3
階層
  • 外務省外交史料館
  • 戦前期外務省記録
  • 5門 軍事
  • 3類 暴動及内乱
  • 2項 外国
  • 尼港ニ於ケル帝国官民虐殺事件/支那砲艦砲撃事件 第四巻
レファレンスコード
B08090313000
所蔵館における請求番号
5-3-2-0-153_3_004(所蔵館:外務省外交史料館)
言語
日本語
作成者名称(日本語)
堀内海軍省軍務局長//外務大臣//陸軍大臣
資料作成年月日
大正9年7月27日~大正10年5月10日(1920/07/27 - 1921/05/10)
画像数
111
組織歴/履歴(日本語)
外務省
内容
@@@第六〇@号 米欧第一課長 大正九年十二月九日 堀内海軍省軍務局 松平外務省欧米局長殿 尼港砲撃事件処罰程度ニ関スル件 本件ニ関スル二二月三日附小幡公使発外務大臣宛第一二七六号ノ趣了承知処罰程度ニ関スル海軍側ノ意見ハ大要左と記ノ通ニ有之候 (記) 先任艦長及射艦艦長ハ罷免ス其ノ他関係艦員ノ処罰ハ支那官憲ノ所信ニ委ス 右ハ海軍省ニ於テ日支国交ノ現状及将来ニ鑑シ最モ譲歩セル所ニ有之之レ以上ハ到底譲歩ノ余ハ無之候而シテ右ハ折衝ノ資料トシテ御参考迄ニ申進スル次第ニ有之実行上ノ問題トシテハ支那ノ体面保持ノ念熾烈ナルヨ秋旨ヘ日本側ヨリ進テ前記処庫是程度ヲ提出スルコトヲ避ケ先ツ先方申出ノ「艦長及関係者ノ

情報の間違いや不具合をセンターに知らせる

    https://www.jacar.archives.go.jp/das/meta/B08090313000