凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge
キーワード簡易検索
五十音検索
キーワード詳細検索
レファレンスコード検索
横断検索
凡例
資料画像の利用について
検索ガイド
閲覧ガイド
Langauge

 2.「キーワード検索」の使い方

検索キーワードを指定して、資料を検索できます。以下にキーワード検索の利用方法を示します。

■歴史的な出来事、人名等に関連する資料を探す場合に便利です。
 資料閲覧画面で「キーワード検索」ボタンをクリックするとキーワード検索画面が表示されます。

キーワード検索

 (1)この画面でキーワード欄に検索したい任意の文字列を入力して下さい。
 (2)キーワード欄に入力が終わったら「検索」ボタンをクリックして下さい。

■表示件数
 一画面に表示できる検索結果の件数をプルダウンメニューから「20」「50」「100」「200」を指定できます。

キーワード入力について

■検索キーワードを指定して、資料を検索できます。以下に検索条件として入力できる項目について説明します。

 検索キーワードの入力方法について
 検索キーワードを複数使用する場合には、検索ボックス内に複数のキーワードを入力できます。

  • キーワードを半角または全角スペースで区切ることで すべてのキーワードに一致するものを検索します(AND条件)
    例) 日本 憲法・・・「日本」と「憲法」を含むものを対象
  • キーワードを「 | 」(半角の縦棒) で区切ることで いずれかのキーワードに一致するものを検索します(OR条件)
    例) 日本|憲法・・・「日本」または、「憲法」を含むものを対象
  • キーワードを「 ! 」(半角の感嘆符) で区切ると、「!」に続くキーワードを含まないものを検索します(NOT条件)
    例) 日本!憲法・・・「日本」を含み、かつ「憲法」を含まないものを対象
  • キーワードを「 " 」(ダブルクォーテーション)で囲むと、そのキーワードに完全一致するもののみを検索します。
    例) "日本 憲法"・・・「日本 憲法」を含むものを対象

※検索キーワードは全角文字85文字(半角英数字256バイト)まで入力できます。
 これを超えると、警告メッセージが表示されて検索できません。

ページトップへ